FC2ブログ














逮捕する①

 ガチムチ野郎専門のゲイSNSをやっている。入会したのは1年前。
春1 (4)
春が芽吹き出した頃だ。ここは俺と中々相性がいい。何人かのガチムチ野郎とH付きのリアルも出来た。
ニックネームは髭親父。年齢47歳、身長166㌢体重64㌔セックスポジションはリバ。マイフレは60人居る。今日メールが配信された。
髭親父さん初めましてガチ坊主と言います。かなり気になってます。もし良かったら仲良くしてやってください。ガチ坊主”時々足跡付いてる奴だ。俺も足跡踏み返してる。ちょっと気になる奴だけど俺からはアクション起こしていない。改めてガチ坊主のページを見た。身長168㌢体重65㌔33歳。セックスポジションは俺と同じでリバだ。画像は3枚添付してある。上半身の裸と六尺姿、後ろから撮った頭部だ。食指が動かされる体型をしている。ぶ厚い胸板、太い首、ゴツゴツした腕の筋肉。こんもりとした前袋もそそられる。郵便番号を見るとそんなに遠くない。休みは
シフト制。俺もそうだからもしリアル出来るなら都合がいい。早速メールした。
”メールありがとう。俺
の方こそ宜しくです”
直ぐさまマイフレ申請メールが配信されてきた。悩む事などない。俺はマイ
フレ承認のボタンを押した。直アドと電話番号を交換。たまにメールしたり電話している。日程は決めてないけど今度リアルす
る予定だ。その為に交換した顔画像。ハッキリ言って無茶苦茶タイプだ。浅黒い顔。面構えは凛々
しさと可愛さを兼ね備えている。俺のことも気に入ったらしい。あいつの名前は奏汰。俺は統だと
名乗った。飯を済ませてリビングで酒飲みながらテレビを見ている。時刻は10時を回った所だ。
”統さんの画像見てたらムラムラしちゃって……メッセンジャーで見せ合い、扱き合いなんて無理
っすか?”
”構わねぇよ”
俺はメッセンジャーのアドレスを送る。パソコンを起動した。メッセンジャーを立ち上げる。ちょ
っとドキドキしてきた。
「こんばんは」
「こんばんは早速どもです」
早る俺の心とちんぽ。もうすぐ映像上だけど奏汰と出会える。
「カメラいっすか」
「ああいいぜ」
カメラをセットしてビデオ通話を開始した。パーカーにGパンの奏汰が映ってる。色黒で坊主頭。貰
った画像よりも男らしく見えた。
「初めましてだな」
「そっすね。初めまして」
奏汰の声が弾んでる。顔がにんまりと綻んでいた。
「奏汰脱いで躰見せてくれよ。俺も脱ぐからさ」
「うん判った」
俺達は着ている物を脱ぐと六尺姿晒した。
「奏汰いいガタイしてんな。堪らんぜ。お前の前袋触りてぇ」
「統さんもカッコイイっすよ。とても47歳のガタイじゃぁないっすね。エロくって欲情しちゃいそ
うっす」
奏汰の前袋が膨らんでいる。何気に先っぽが濡れて見えた。
「勃ってきたみたいだな」
「統さんの姿みたら……」
も解けよ」
「うん」
プルンと半勃ちのちんぽが現れた。そいつは鬱然と生い茂った剛毛の中で存在感を示している。ど
っしりとぶら下がった2つの金玉。精力の強さが想像できた。
前袋を揉んで挑発する。奏汰のちんこがピクンと反応した。
「統さんのちんぽ見てぇ」
「判った」
俺はを解いた。晒された俺のちんぽ。手で握りながら軽く扱いた。奏汰のちんぽが加速度的に勃
ち上る。そいつは一気に天を衝いた。その卑猥な光景に脳天を刺激される。刺激派はちんぽに伝っ
た。
「凄ぇ、美味そうまっす」
奏汰の口が薄く開いた。舌舐めずりしている。奏汰が自分のちんぽを扱き始める。釣られるように
俺もちんぽを扱いた。
「あぅ汁が出てきた」
「俺もだぜ。ほら」
ちんぽの先から我慢汁がトクトク溢れてくる。ちんぽをアップにして奏汰に見せつけた。
「す、凄ぇ」
クチュクチュクチュと淫猥な音が鳴り渡る。
「俺のも見てくれよ」
画面の中の奏汰のちんぽが迫ってくる。
「あぅ堪らんぜ」
「俺も統さんに見られてると思うとやけに興奮するよ」
ゴシゴシゴシ…ゴシゴシゴシ…ゴシゴシゴシと扱いた。奏汰は左手で乳首を摘まみながら扱いてい
る。俺は金玉をグニュッと握りながら扱いた。
「統さんエロいっす」
「お前もエロいぜ。あぅ凄ぇ興奮してきたよ…奏汰扱けよ」
「う、うん、あぅぅ…気持ちいい」
ゴシゴシゴシと扱き捲くった。
「射きそうになってきた」
「一緒に射かそうぜ」
「うん」
ガシゴシガシゴシ…ガシガシガシ
「あぅぅぅ統さん…射くぅ射く…射くぅ」
「俺も射かすぜ…うぉぉぉぉぉぉぉぉ射く、射ぐ…射く」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ
ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ…ドビュッドビュツドビュッ
2本のちんぽからまるで交差するように白濁汁が宙を舞った。俺と奏汰はハァハァハァと肩で荒い息をしている。奏汰のちんぽはまだいきり勃っていた。先っぽからは残り汁が垂れている。
「凄ぇ、気持ち良かったぜ」
「俺もっす」
「逢ってやりてぇな」約束はしてたけどまだ俺達のリアルは実現していない。本音をぶつけてみた。
「統さん来週の火曜日休みなんすけど都合どうっすか?」
「あっ大丈夫だ。俺も休みだからさ……」
「うん良かったら俺んち来てくださいよ」
「判った。楽しみだな」
「俺もっす」
奏汰の明るい声が耳に響いてきた。
「じゃぁそろそろ落ちるな」
「うん」
「じゃぁまたな」
「チョッと待って…キスしよ」
2人の顔を近づいてくる。画面越しにキスをした。
「おやすみ」
「おやすみなさい」
ベッドに入る。前袋を握った。奏汰ともう直ぐやれる。心が浮き立った。目を瞑る。やってる光景が脳裏に浮かぶ。ちんぽがしっぽり濡れてきた。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/03/01 17:24 ] 逮捕する | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する