FC2ブログ














野球坊主達の詩②

 寝室に入る。ベッド脇のスタンドの灯りを燈した。ノスタルジックな淫空間が浮かんでくる。俺達は全裸を晒した。真ん中の男の証しが角度を付けている。俺達はにじり寄った。亀頭同士が触れ合う。俺はベッドに押し倒された。首筋に舌が這ってくる。今度は耳裏を舐められた。
「あぁぁんぉ」
俺の口から声が洩れる。唇を合わせた。舌が挿いってくる。俺達は舌を絡め合う。キスしながら乳首が擦られる。乳首に舌が這ってきた。ジュルジュル舐め上げられる。俺のカラダが左右に捩れた。
「あぁぁんぉ堪まんねぇ」
俺が声を上げる。斗真のカラダが下にズレた。金玉が舐められる。舌が転がってきた。ちんぽが咥えられる。斗真の顔が前後に動く。舌が纏わり付いてきた。
「あぁぁあぁ気持ちいい」
俺が声を上げる。斗真のカラダが反転した。眼前に現れた斗真のちんぽは筋くれ勃っている。俺は喰らい付く。同時に金玉を軽く握る。真ん中の縫い目を指で擦った。ジュルッジュルッジュルッ秘話な尺八音がなり響く。俺達は互いのちんぽを深く咥えた。喉壁でちんぽを締め付ける。ジュボッジュボッジュボッと火照った音が鳴り響く。おれのオス穴が擦られる。ちんぽが放たれた。斗真が俺の後ろから重なってきた。
「お前の処女欲しい」
「い、良いよ。覚悟してきたから」
斗真の声に俺は応える。俺は斗真にキスをした。もしかしたら俺は斗真に友情以上のものをかんじてたのかも知れない。あの青い日に……俺はうつ伏せになった。ケツタブを斗真の両親指で広げられる。ジュルジュル幾度となく舐め上げられた。ローションを塗り込められる。指が挿いってきた。
「柔らけぇ。良い穴だぜ。おまんこに仕立てたるからな」
斗真か声にする。おまんこ……
「俺は男だぜ?」
「ちんぽを挿れる穴だからなおまんこだろ」
俺の問いに斗真が応える。何となくだけど俺は納得していた。斗真の指が前後に動く。俺の内壁が優しく擦られる。指が増やされた。俺のカラダが微動する。ちんぽからはダラダラ我慢汁が溢れてた。
「俺の挿れるぞ。力抜けよ」
「うん」
斗真の声に俺が応える。穴口にちんぽが充てがわれた。斗真の優しい目が獰猛な野獣のようになっている。ちんぽは熱り勃っていた。俺はこいつに犯られる。何故か脱力した。斗真が腰を軽く突く。俺は斗真を受け入れ始めた。僅かな痛みを覚える。だが俺は斗真を受け入れた。
「挿いったぜ」
斗真が声にする。萎えかけてた俺のちんぽを斗真が扱く。俺なのちんぽは一気に芽吹いた。斗真の腰がガシガシ動く。ちんぽか俺の中をまい進してきた。
「あっ、あぁぁんぁ」
俺の口から声が洩れる。耳裏が舐められた。今度は首筋に舌が這ってくる。耳の中を舐めたてられた。首を捻られる。軽くキスされた。
「おまんこ、痛くねぇか」
「うん、大丈夫、もっと奥迄突いてくれよ」
斗真の声に俺が応える。斗真がにっと笑みを浮かべた。斗真の腰が突動する。ちんぽが俺の中を駛走した。
「あぁぁんぉ、あぁ」
俺が声を上げる。繋がったまま俺のカラダが反転された。正常位になる。唇が寄ってきた。唇同士が静かに触れ合う。舌が挿いってきた。キスしながら俺の髭を摩ってくる。唇が離れた。俺はちんぽを握りしめる。軽く扱いた。
「射きてぇのか」
「おまんこ疼いてきたんだ」
斗真の声に俺が応える。斗真の突き込みが深く重たくなった。俺のやべぇ所が擦られる。俺のカラダが仰け反った。
「あっあぁぁ、ん、んん」
俺が喘ぐ。斗真の腰が猛動する。ちんぽが俺の中をを疾駆してきた。
「射かせてやるからな」
斗真が声にする。斗真が俺のちんぽを奪う。手前に引かれる。離すと俺のが腹を叩いてきた。ちんぽが激しく扱かれる。金玉の奥でオス汁が蠢く。ヤバい感覚を覚えた。
「射っちゃうよ。斗真ぁ」
「ぶっ放せ」
俺の声に斗真が応える。俺のが斗真に扱き捲られた。
「あぁぁんぉ射く。あぁあぁあぁ射ぐ。んぉぉあぅ射くっ」
俺が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺は白濁汁を吹き上げた。その汁が宙を舞う。おれの褐色のガタイに落ちてきた。
「凄ぇいっぺぇだしたな」
斗真が言う。斗真の腰の動きに拍車が掛かる。内壁が激しく擦られた。
「やべぇぜ。おまんこ締まる。汁搾り取られそうだぜ」
斗真が声を上げる。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。
「あぁぁあぅ射ぐ。あぁあぁぁ射く。んぁぁんぁ射ぐっ」
斗真が射き声を上げる。斗真の汁が奥壁に打ち当たってきた。ちんぽが引き抜かれる。斗真が俺の隣に横たわった。抱き寄せられる。唇が寄ってきた。唇を合わせる。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。背中に回した腕に力を入れる。唇が離れた。
「明日ドライブ行こうぜ。軽だけど納車になったんだ。今日泊まってけよ」
「うん」
俺の声に斗真が応える。斗真がメールしている。柔和な笑顔を向けてきた。
「俺さ、家族にカミングアウトしてんだ。結婚するなら洸竜だってさ」
斗真が言う。俺は唖然とする。だが俺はあるかも知れんと思った。
「風呂入ろうぜ」
「うん」
俺の声に斗真が応える。部屋着を2組用意すると、浴室に向った。掛け湯をする。浴槽に並んで浸かった。
「良い筋肉してるな。内の野球チームに入らねぇか。何処守ってたんだ?」
「リリーフなんだ。スナップのせいなのか手元で微妙に変化するんだってさ」
斗真の問いに俺が答える。俺の右手が斗真に握られた。
「内のチームゲイが多いんだ。普通のメンバーも理解してるんだけどさ……」
斗真が声にする。その時はなんとも思わなかった。
ゲイが集まる六尺BARってのがあって締める奴多いよ。合宿の時は全員だけどな」
斗真が声にする。俺はふーんと思った。其々カラダを洗う。風呂を上がった。
締めて見るか?」
「うん」
斗真の声に俺が答える。俺はを締めて貰った。
「凄ぇ興奮する」
「またやりたくなった」
俺の声に斗真が応える。寝室に戻ると俺達は盛り始めた。斗真との初めての朝を迎える。カーテンを開けると、幼い緑の間から陽が溢れてた。
木漏れ日 (3)
髭面の斗真にキスをする。外された2本の。激しかった昨晩の行為が蘇る。俺のケツマンに突き刺さった斗真の棍棒。しっかりと朝勃ちしている。俺は斗真の上に重なった。勃起熱が伝ってくる。斗真が目覚めた。
「何、してんだ」
「煩せぇ。黙ってやらせとけ」
俺の声に斗真が応える。斗真がにんまり笑っていた。俺は2本のちんぽを重ねる。ゴシゴシ扱いた。亀頭同士が触れ合う。我慢汁が溢れてきた。クチュクチュ卑猥な音がする。乳首を弄り合った。斗真が4つの金玉を捏ね繰る。唇を寄せていく。唇同士が静かに触れ合う。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。俺は2本のちんぽを扱き捲る。金玉の奥でオス汁が射き場を探し始めた。
「出すぞ」
「うん」
俺の声に斗真が応える。本竿同士が擦れ合った。亀頭と亀頭がぶつかる。俺達は昇り詰めた。
「あっあぁ射く。んぉぉあぁ射ぐ。うぁぁんぉ射くっ」
「俺も射ぐ。あぁぁあっ射く。うぉぉあぁ射ぐっ」
俺達の射き声が重なる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ…ドビュッドビュッドビュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ2本の竿から白濁汁が吹き上がった。その汁が宙で絡みながら落ちてくる。静かに俺達のガタイを白く染めた。
「シャワー浴びるぞ」
「うん」
斗真の声に俺は応える。一緒にシャワーを浴びた。歯磨きをする。斗真の頬にある無駄な髭を剃ってやった。俺達はを交換して締め合う。着衣を整える。一緒にキッチンに立つ。斗真がTAROのご飯を作っている。俺は2人分のちょっとお洒落なモーニングプレートを作った。食事が終る。後片付けも済ませた。
「とりあえずTAROの散歩がてら公園に行こうか」
「うん」
俺の声に斗真が応える。インターホンが鳴った。モニターを確認する。大将と耕史だった。ドアを開ける。リビングに通した。
「おしゃれにしてんだな」
「ありがとうございます」
大将の声に俺が応える。食器を返した。今、俺達はテーブルを囲んでる。エスプレッソとクッキーを出した。
「美味ぇな手作りか?」
「ハイ、そうっす」
大将の問いに俺が答える。耕史が目を呉れた。
「洸竜、良い顔してんな。夕べ可愛がって貰ったのか」
耕史が言う。俺の頬は赤くなる。俺は頷いた。
「洸竜、リリーフ経験あるみたいっす。内のチームにどうっすか?」
斗真が問いかける。大将の目がキラリと光った。
「これから用事あるのか」
「こいつを散歩にそこの公園迄行こうと思ってるんすけど……」
大将の声に斗真が応える。視線が交差した。
「ちょっと投げてみるか」
大将が言う。俺は道具の準備する。2台の車は公園へと向かった。軽くストレッチ。大将とキャッチボールを始めた。
「一回り散歩してくるな」
斗真が声にする。TAROがキュンキュン可愛く哭く。戻ってくると、大将の表情が変わっていた。
「斗真、受けてみろよ」
「ハイ」
大将の声に斗真が応える。俺はキャッチャーミットをすると構えた。まだ7割と言う斗真の球。手前に来ると微妙な変化をする。カーブ、スライダー、フォーク。球速はいまひとつだったが素晴らしかった。
「練習は土日の6時からで場所は市営球場だ。来れる日だけでいいからな」
「ハイ、分かりました」
大将の声に俺が応える。俺は六舎会のメンバーになった。一緒に遊んだ神社、川、嫌な思い出のある高校。俺達を乗せた車が巡る。途中学校側の定食屋に寄った。食ったのは天めし凄く旨かった。西の空に日が傾き始める。街を見渡せる展望台に行った。人は誰も居ない。俺達の視線が交差した。
「好きになっても良いのか」
「俺はもうなってるよ」
俺の声に斗真応える。抱き寄せられた。唇が寄ってくる。俺達の唇が触れ合う。舌を挿れる。俺達の舌が絡み合う。静かに唇が離れた。傍らに居るTARO。キョトンとしていた。

絶倫の鬼

絶倫の鬼


レザーアンドスチールコックリング

レザーアンドスチールコックリング


乱交野郎館

乱交野郎館


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

[ 2019/08/18 19:55 ] 野球坊主達の詩 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する