FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

輝かしい春②

 腰にバスタオルを巻き、部屋に戻る。俺はベッドに仰向けになった。兄貴が圧し掛かってくる。唇が寄ってきた。静かに唇が触れると舌が入ってくる。俺達は舌を絡め合った。グイッグイッグイッとちんぽが勃ち上がる。兄貴のバスタオルも盛り上がっていた。唇が離れる。俺のバスタオルが剥ぎ取られた。外気に触れた俺のちんぽ。先端は我慢汁で濡れている。兄貴も自分のバスタオルを外した。晒された兄貴のちんぽは反り上がっている。血管が浮き出ていた。兄貴が覆い被さってくる。首筋を舐め上げられた。乳首が指腹で摩られる。空いてる逆側の乳首に舌が這ってきた。兄貴の腕が伸びる。俺のちんぽが握られ、軽く扱かれた。今度はオス穴を撫でられる。俺のカラダが微動した。俺のまんこは感極まっている。俺は視線を兄貴に飛ばした。俺の両脚が抱え上げられる。兄貴は判ってくれたみたいだ。俺は自ら膝裏を抑える。兄貴が覗き込んでいた。
「此処にずっと挿れて来たんだよな」
兄貴がぽつりと声にする。俺の穴口がジュルジュル舐め上げられた。
「あぁぁあぁいい。気持ちいい」
俺が喘ぐ。ケツ穴を広げられた。尖らせた舌が入ってくる。俺のカラダがガクガク震えた。内壁と穴の回りにローションを塗り込められる。指が大胆に入ってきた。中を掻き撫でられる。今度は前後に動かしてきた。俺の穴を解しながら俺のちんぽを握ってくる。亀頭の括れを指腹でなぞられた。
「あぁぁあぁ、んぉ、あぁぁ」
「今挿れてやるからな」
俺の喘ぎに兄貴が応える。ちんぽを穴口に宛がわれた。硬いちんぽが入ってくる。俺のカラダが仰け反った。
「あぁぁあぁ入ってくる。硬てぇ。んくぅ堪んねぇ」
俺が喘ぎ声を上げる。一気に根元迄俺は受け入れた。兄貴の腰が大きく引かれる。一気に突き入れられた。兄貴のちんぽが疾駆してくる。俺の奥壁を抉られえた。
「あぁぁ駄目ぇ。洩れる。んぁぁ洩れるぅ」
ドビュッ…ドロッドロッドロッ俺は白濁汁を洩らした。兄貴の腰が突動する。ちんぽが俺の中をまい進してきた。俺のやべぇ所を兄貴のちんぽが擦り捲くる。堪らない感覚に襲われた。俺の左脚と兄貴の右脚が交差する。右脚が兄貴の肩に担がれた。兄貴の腰がガシガシ動く。ちんぽが波動しながら奥壁を突いてきた。
「あぁぁんぁ洩れるぅ。また洩れる」
ドビュッ…ドロッドロッドロッ俺はまた白濁汁を洩らした。俺の脚が抱え直される。正常位になった。兄貴の腰が猛動する。ちんぽが俺の中を爆走してきた。俺を突き込みながら兄貴は俺のちんぽを扱き立ててくる。グショッグショッグショッ…ジュグッジュグッジュグッ結合部からは淫猥な音が鳴り響いた。
「キッキスして呉れよ」
「判った。舌出せ」
俺の声に兄貴が応える。俺は舌を出した。唇が寄ってくる。舌が触れ合うとそのまま押し込められた。舌が絡んでくる。俺も絡め返した。同時に俺の乳首が乳首に指が這ってきた。唇が離れる。兄貴が激しく突き込んできた。俺のちんぽが扱き捲くられる。強い射精感を覚えた。
「やべぇ。射っちゃう。んぁぁんぉ」
「射けよ。俺もやべぇぜ。んくぅおまんこ締まってくる」
兄貴の腰が烈動する。ちんぽが俺の中を爆進してきた。まんこを犯され、ちんぽを扱かれる。俺は一気に昇り詰めた。
「あぁぁあぁ射ぐ。うぉぉあぁ射ぐ。んぁんぁんぁ射く」
俺が激しく喘ぐ。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺は白濁汁を吹き上げた。パンパンパン…パンパンパン…パンパンパン俺のカラダが兄貴に叩かれる。奥壁に兄貴の亀頭が突き刺さってきた。
「あぁぁんぉ締まるぅ。んぁぁんぉ射ぐ。あぁぁんぁ射く。あぁぁんぉ射ぐっ」
兄貴の濃厚な汁がぶつかってくる。其の途端俺のカラダに異変が起きた。
「あぁぁんぉ洩れる。あぁぁあぁ出る」
ドビュッ…ドロッドロッドロッ俺は白濁汁を洩らしていた。内壁が兄貴のちんぽで摩られる。静かにちんぽを引き抜かれた。兄貴が俺の隣に横になる。俺はしがみ付いていた。激しかった男同士の雄交尾。其の余韻を感じるかのように、暫らくの間抱き合っていた。
「シャワー浴びるぞ」
「うん」
兄貴の声に俺は応える。一緒にシャワーを浴びた。を締め直しガウンを羽織る。俺達は浴室を後にした。今並んでソファーに座っている。缶ビールのプルトップをプシュッと開けた。冷たいビールが喉を通る。カラダに沁みた。明日俺は北の大地へと立つ。其れは自ずと兄貴との別れを意味している。涙が込上げてきた。兄貴の胸に顔を埋める。俺は嗚咽した。兄貴が俺の背中を摩ってくれる。今度は頭を優しく撫でられた。
「同じ日本に居るんだ。また逢えるさ」
兄貴が声を上げる。俺は頷いた。判っている。逢えるかも知れない。だが俺は物凄く切なかった。
「今、思いっきり泣けよ。でも明日は空港で泣くな。笑顔で行けよ」
俺は首を縦に振る。だが涙が止まらなかった。夜の黒が朝の白に覆われる。俺は目覚めた。時が微かに動く。兄貴が目を開けた。
「おはよう」
「ああ、おはよう」
俺の声に兄貴が言葉を返した。歯磨き、洗顔を済ませる。俺達は着衣を整えた。
「行くぞ」
「うん、あっチョッと待って……」
俺は壁に兄貴を押し付ける。すぐさま兄貴の足許に跪いた。
「しゅ、柊斗……」
兄貴が声を上げる。俺は兄貴のスラックスのベルトを外し、ジッパーを引き下ろした。兄貴の前袋に手を掛ける。中からちんぽと金玉を引っ張り出した。金玉に舌を這わせる。今度はちんぽを舐め上げた。グイッグイッグイッと兄貴のちんぽが勃ち上がる。亀頭の括れを舌先で擽った。今度は兄貴のちんぽを咥える。
尺八 (14)
俺は顔を前後に動かした。
「んくぅ気持ちいいぜ。もっと舌使ってこいよ」
兄貴が言葉を吐く。俺の頭が抑えられた。手前にグイグイ引かれる。喉奥にちんぽが突き刺さってきた。
「あぁぁあぁ気持ちいい」
兄貴が声を上げる。俺は顔を前後に動かした。濃い陰毛が肌に触れてくる。俺は兄貴のちんぽに舌を絡めた。
「んくぅ堪んねぇ。んぁぁんぉいい。あぁぁあぁ気持ちいい」
兄貴が喘ぎ声を上げる。ジュボッジュボッジュボッ…ジュルッジュルッジュルッ卑猥な尺八音が轟いた。兄貴の亀頭が俺の喉壁を激しく擦ってくる。俺は喉壁で兄貴のちんぽを締め付けた。
「あぁぁやべぇ。射かすぞ。んぉぉんぁ、あぁぁあぁ」
兄貴がガシガシ突いてくる。俺の顔が前後に抽動した。
「あぁぁんぉ射ぐ。あぁぁんぁ射く。んぉぉあぁ射ぐっ」
兄貴が俺の口の中で戦慄いた。濃厚な汁が喉奥にぶつかってくる。俺は兄貴のちんぽに舌を絡めた。静かにちんぽが引き抜かれる。兄貴を見上げた。俺の喉がゴクンと鳴る。兄貴の汁が喉を通り、体内へと流れ落ちていった。俺は立ち上がる。兄貴に抱き寄せられた。唇が寄ってくる。静かに触れ合った。舌が入ってくる。俺達は舌を絡め合った。口の中に兄貴の薫りが充満する。静かに唇が離れた。
兄貴が着衣を整える。視線が交差した。
「行くぞ」
「うん」
1階のレストランで朝食を済ませる。昂揚している俺。味が良く判らなかった。俺達はホテルを後にする。空港へと向った。秋の爽やかな風が頬を撫でてくる。空には霞雲が掛かっていた。空港の送迎ロビーに入る。遠くの方にDVD屋の仲間達場が見えた。
「ほら行けよ。俺は此処で見送るからな」
「うん」
兄貴の声に俺は応える。兄貴の目が赤くなっていた。

巨根力 男性用クリーム

巨根力 男性用クリーム


レザーアンドスチールコックリング

レザーアンドスチールコックリング


処理穴リーマン

処理穴リーマン


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
関連記事
あどけない淫乱坊主
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2017/03/20 20:36 ] 輝かしい春 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。