FC2ブログ














筋肉野郎の恋③

 堀越さんが俺に覆い被さってくる。勃起魔羅同士をくっ付け合った。男の熱が伝ってくる。濡れた亀頭同士が擦れ合った。堀越さんが2本のちんぽを合わせてる。ゴシゴシ扱く。クチュクチュ淫らな音が耳に届いた。
「気持ちいいか兜合わせだぜ」
「堪んねぇっす。気持ちいっす」
堀越さんの言葉に俺は応えた。堀越さんが自分のケツ穴にローションを塗り込めている。俺の上に跨った。後手で俺のちんぽが捕まれる。堀越さんの穴口に俺のちんぽを宛がった。堀越さんが腰を沈める。俺のちんぽが呑み込まれ始めた。
「んくぅ硬てぇのが入ってくるぜ。うぁぁんぉ堪らんぜ」
堀越さんが声を上げる。俺のちんぽは根元迄呑み込まれた。堀越さんの腰が上下に動く。ちんぽが内壁に締め付けられた。
「どうだ。俺のまんこ、堪んねぇか」
「うん凄ぇっす。あぁぁ堀越まんこ堪んねぇ」
俺は腰を突き上げる。堀越さんのカラダが上下に抽動した。俺は抱き起こされる。向かい合う体位になった。唇が寄ってくる。俺の方から合わせにいった。唇が触れ合うと舌を挿れる。俺達は合体しながら、舌を絡め合った。唇が離れる。俺は堀越さんを押し倒した。俺が上になる。男の本能が覚醒した。俺の腰が突動する。ちんぽが堀越さんのまんこの中を疾駆した。
「あぁぁあぁ気持ちいい。もっと激しく突いてくれ」
堀越さんが野太い声を上げる。俺は堀越さんを突き捲くった。抱き寄せられる。堀越さんの乳首に俺の口が誘導された。堀越さんの乳首に舌を這わせる。乳首をジュルジュル舐め上げた。堀越さんのまんこが弛緩と収縮を繰り返してくる。俺のちんぽがぎゅうぎゅう締め付けられた。
「あぁぁあぁ締まるぅ。おまんこ締まって気持ちいい」
「俺もいい。んぁんぁんぁ堪んねぇ」
ヌチャッヌチャッヌチャッ…グショッグショッグショッ結合部からは昂揚した音が鳴り渡る。鏡の中の俺と堀越さん。筋肉の塊になって律動している。俺のちんぽが堀越さんのまんこを攻め立てた。血管が浮き出た堀越さんのちんぽから我慢汁が溢れ出ている。堀越さんが自分のちんぽを扱き始めた。
「あぁぁあぁ気持ちいい。んぁぁんぉやべぇ。射きそうだ」
「射ってください」
堀越さんの喘ぎに俺は言葉を返した。
「もっと突いてくれ」
堀越さんが声を上げた。パンパンパン…パンパンパン…パンパンパン俺は堀越さんを叩き捲くる。堀越さんが自分のちんぽを扱き立てた。
「あぁぁぁあぁ射ぐ。あぁんぉあぁ射く。うぉぉあぁ射ぐっ」
ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ堀越さんは白濁汁を吹き上げた。その途端堀越さんの内壁が激しく収縮する。俺のちんぽにおまんこ壁が纏わり付いてきた。
「あぁぁんぁやべぇ。んぉぉあぁやっべぇ」
俺の腰が猛動する。ちんぽが堀越さんの中を爆進した。
「あぁぁんぉ射ぐ。あぁぁあぁ射く。うぁぁうぉ射ぐっ」
俺は堀越さんの中で雄叫びを上げた。堀越さんの内壁にちんぽを擦り付ける。静かにちんぽを引き抜いた。
「跨ってこいよ」
堀越さんが声を上げる。自分の胸を軽く叩いていた。俺は堀越さんの胸倉に跨る。ケツで堀越さんの鍛え抜かれた大胸筋を感じた。堀越さんにちんぽを握られ、ちんぽを咥えられる。舌がちんぽに絡んできた。ちんぽが放たれる。堀越さんが視線をぶつけてきた。
「美味ぇぜ。お前の汁」
堀越さんが声にする。顔付きが至福色に輝いていた。
「お前もしゃぶってみるか」
「うん」
俺のカラダが下にずれる。まだ衰えぬ堀越さんのちんぽを握るとを近付けた。ちょびっと躊躇いがある。だが俺は堀越さんのちんぽを咥えていた。舌をちんぽに絡める。静かにちんぽを解き放った。
「美味ぇか」
「わっ判らないっす。でも美味ぇ気がする」
堀越さんの言葉に俺は応える。堀越さんの隣に横になった。抱き寄せられる。唇が寄ってきた。軽く触れ合うと舌が入ってくる。俺達は舌を絡め合った。ブルーの照明が俺達を妖しく照らしている。俺達は暫らくの間舌を絡めながら抱き合っていた。この日を境に俺達は付き合い始める。筋トレした後ご飯して交尾した。映画にドライブそしてショッピング。休みの日にはデートした。堀越さんと出会って2度目の春を迎える。
春の芽吹き (31)
俺は隣町のスポーツクラブにインストラクターとして就職した。時間のずれが生じた堀越さんと俺。何時しか疎遠になっていた。忘れた頃に堀越さんから連絡が入る。勿論その時は激しくまぐわった。スポーツクラブに就職してもう直ぐ4年を迎える。堀越さんはやはり俺の人生に影響を及ぼす人だった。初夏に堀越さんがオーナーのプロレス塾”将”がオープンすると言う。俺が塾長になることが決まった。俺はスポーツクラブを退社する。プロレス塾”将”の準備に取り掛かった。残念ながら今はもう堀越さんとの交尾は無い。堀越さんには新しい彼氏が出来たと言う。俺のガタイ。この4年間で念願だったプロレス体型も俺は手に入れた。体重も82㌔に増え、大きな筋肉でガタイが包まれている。プロレスの蹴り技、手技を使ったエクササイズ。ライオンプッシュアップ、ヒンズースクワット等のプロレスならではのトレーニングも取り入れられた。実践コースもある。不安を抱えながらもプロレス塾”将”はオープンした。

絶倫の鬼

絶倫の鬼


スクイーズボールポーチ (ノーマル)

スクイーズボールポーチ (ノーマル)


肉便器アフター 制服アナル中毒

肉便器アフター 制服アナル中毒


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[ 2016/12/23 11:43 ] 筋肉野郎の恋 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する