FC2ブログ














社内仕置き隊①

 俺は磐井宣秀、しがない派遣社員。大手企業のカスタマーサポートセンターがオープンする。俺はスタッフのひとりとして派遣された。研修所に行くと多くの人達でごった返している。そんな中知ってる奴等を見付けた。
「おまえらも此処で働くのか」
「そうっす」
紘一の明るい声。心地好く響いてきた。
「宣兄ぃと一緒なら心強いっす」
清貴が声にした。清貴と紘一はゲイSNSのマイフレ。コミュのオフ会で初めて会った。俺達3人は歳も近く共通点が多い。33歳の俺、清貴は32歳紘一は30歳。共に空手をやっている。3人とも筋肉バカだ。体型は3人ともガッちびで髭、短髪。
髭 (6)
仕事よりもカラダ鍛えるのが好きな俺達だ。盛り上がる筋肉談義。自然に仲良くなった。このセンター社内食堂も充実しているし屋上が解放されている。良く一緒に飯を食い屋上で寛いだ。遠くに見える山々傍らを流れる河が癒してくれる。俺が配属されたのはAチーム、清貴はFチーム紘一はJチームに配属された。各チームは10名で結成され2人のSVがスタッフの質疑に応える。カスタマーセンターが稼働始めた。慌しい中1箇月の時が流れる。事件が起きた。
「磐井さん、私言ったよね」
「いえ聞いてません」
「言いました」
SV仁藤の尖った声。うざく俺の耳に届いた。
「何時仰いましたか?」
「昨日です。聞いてなかったですか」
俺のデスクの脇に立ち声を荒げる仁藤。50過ぎの大女。明らかに胸よりも腹が出ているメス狸だ。
「昨日ですか俺休みですよ」
明らかに仁藤の勘違い。だがこの時から俺へのパワハラが始まった。力付けてくれる清貴と紘一。俺は元気を貰い何とか頑張れた。2箇月に渡る俺と仁藤の死闘。幕が降ろされた。俺は派遣会社を通じて管理にクレームを入れる。結局仁藤には注意もなく俺は今いるKチームに転属した。次に犠牲となったのは清貴。Aチームに配属された。
「清貴、俺と仲良くしてるとあいつに苛められるぜ」
「関係ねぇよ」
「そうかぁじゃぁ頑張れよ」
「うん」
結局清貴も同じ目に合った。結局清貴も転属。次に仁藤の餌食になったのが紘一。同じように苛められる。管理室は何度クレームが入っても仁藤に注意することは無かったみたいだ。今俺達3人は同じKチームで穏やかな日々を送っている。俺達はまた”パワハラ”と言う共通点が生まれた。今でも不思議に思っている。何故あの女、俺達を苛めたのかと……。3人とも有能ではない。だけど普通には出来ているはずだ。何が気に食わなかったのか?今でも判らない。もしあるとしたら生理的な嫌悪感だと思った。俺達は何となく外見雰囲気が似ているから……あれから1年。ちょっと変わった事がある。清貴と紘一が付き合い始めた。
一緒に遊びに行くと”兄貴ぃ””何だ紘一”ちょびっと羨ましい。俺もそろそろ独りは飽きたなって時々思惟する。そんな中事件が起きた。西野 力(にしの りき)身長155㌢体重70㌔の27歳。子狸のような体形をしている。目がクリッとしていて顔だけ見てるとそれなりに可愛い。西野は半年前社員からCチームのSV補佐に昇格した。その子狸が悪さをし始めたのは1ヶ月前。Cチームの杉村SVが入院した頃からだ。3人のスタッフを苛め罵る。結局3人は会社を辞めた。この時も派遣会社を通じクレームが入ったらしい。それでも管理は動かなかった。子狸西野、能力はさほどない。なぜ昇格出来たのか?仁藤美子にカラダを売ったという噂を聞いたことがある。類まれなる性欲の持ち主仁藤美子。せせら笑うと目の奥から残虐性を覗かせる。苛められてた頃を思い出すと虫唾が走った。そんな或る日3人一緒にランチを摂る。屋上に上がった。傍らで女の子が泣いている。仲間が慰めていた。
「なぁ最近かなり過激になってきたみたいだな」
俺がぽつりと声にした。
「あの子だろ。西野に苛められてるの」
紘一の声が怒りに満ちている。
「AチームのSV候補で入ってきた奴も辞めたしな」
清貴がぼそっと口にした。
「凄かったよな」
紘一が声を上げた。
「もう見てられねぇよな。動くか」
俺の声に2人の首が縦に振られた。視線がぶつかる。眩いばかりの光を感じた。夜6時半、定時。俺達はオフィスを出る。向ったのは堪り場になっている居酒屋。中に入るとリーマン、カップルで賑わっていた。一番奥のテーブルに陣取る。大ジョッキが運ばれてきた。
「乾杯……」
俺が低い声で吠える。紘一と清貴が頷いた。触れ合う3つのジョッキ。被害者達の苦悩が伝ってきそうな錆びた音に聞こえた。
「ターゲットは仁藤、西野の他に派遣会社からの苦情を揉み消した龍野だ」
俺が言い切った。
「判った」
紘一と清貴の声が重なった。3人の視線が眩しく光る。俺達の正義感に火が点いた。
「あいつら、ぶっつぶすぞ」
俺が尖り声を上げる。強い憤りを感じた。
「許せねぇ」
紘一が唸った。
「目に物見せてやる」
清貴の声に怒気が含まれている。こうして社内仕置き隊が結成された。色んな有力情報が集まってくる。この前入院するため辞めた女性スタッフ。実は仁藤とAチームSV補佐の阪田が苛め抜いたらしい。そのストレスの為に入院したと聞いた。阪田美香47歳の女狐のような女。西野以上に能力は無い。こいつも仁藤の推薦でsv補佐になった。またひとり西野の餌食になっている。辞めた3人の代わりに入ってきたスタッフのひとりだ。西野の怒声が響いている。嫌悪感を感じた。

灼熱立ち

猛牛

猛牛


涙の雫 (S)

涙の雫 (S)


淫乱鳶職人

淫乱鳶職人


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2015/10/18 08:20 ] 社内仕置き隊 | TB(-) | CM(0)

社内仕置き隊②

 或る晩仕事を終えると3人で居酒屋に入った。ご飯しながら情報交換している。そんな処へAチームの仁藤と阪田が店に入ってきた。俺達には気付いていない。飲む程に会社の愚痴をこぼし始めている。俺は耳を澄ました。
「私、あいつを絶対許さない」
「大丈夫よ。私が苛めて辞めさせてやるから……」
「判った。私もやるわ」
阪田の問いに仁藤が答えている。俺達は録音に成功した。
「仁藤さん、いらしてたんですか?」
俺は皮肉っぽく声を掛けた。
「あっどうも……」
仁藤と阪田と視線が交差する。顔が引きつっていた。俺達は色々準備する。機会を待った。入院していたCチームの杉村SVが復帰。元気な姿を見せてくれた。Cチームの西野と話をしている。声が響いてきた。
「西野、あいつらどうしたんだ」
「辞めました」
「何でだよ」
杉村が西野に詰め寄った。
「言え。西野」
「ちょっときつく言っただけっすよ」
「スタッフは大切にしろと言ったよな。何でしねぇ。あいつら俺が手塩に掛けて育ててきたんだぞ。何て事だ」
その時ノッシノッシと仁藤が杉村に近寄っていった。
「西野君は悪くないわ」
「おめぇに関係ねぇだろ。Cチームの事だぜ」
「いえ関係あるわ。だって西野君は……」
仁藤が口を噤んだ。
「西野君は……彼氏だとでも言うのか……」
仁藤の表情が明らかに変わる。脇にいる阪田の顔が曇った。
「いっいえこの1か月間私が指導してきましたから…」
「関係ねぇ…黙れ」
「黙らないわ」
仁藤は杉村の胸ぐらを掴んだ。杉村の股間に膝蹴りが入る。杉村の表情が歪んだ。
「んぐっ…てめぇ」
仁藤を睨み付けている。管理の龍野が駆けつけてきた。
「龍野さん警察呼んでくれ。こいつを告訴する」
「まぁまぁ、落ち着いて…ねっ」
「男の大事な所を蹴られたんだぞ。障害だろ。有る意味セクハラでもあるんだからな。なんであんたはこいつの肩持つんだ。謝罪させろ」
杉村の言葉に怒気が含まれている。
「まぁ事を荒立てなくても……もう営業はじまりますから、ねっ」
龍野が力無く応えた。
「ふん」
仁藤の不貞腐れた態度。踵を返して自席に戻った。何事も無かったように営業が始まる。電話が鳴り始めた。管理の龍野さん……理由は判らないが何故か仁藤を擁護する。仁藤にクレームが入っても揉消しているのは事実だ。この日のランチタイム。社内食堂で暗い表情を浮かべている杉村が居た。
「杉村さんお帰りなさい」
俺が明るい声を上げた。
「あぁ久しぶりだな」
俺達3人は杉村を囲んだ。
「実はね……」
俺はあいつらの悪事を色々話した。
「今証拠集めの最中で集まったら本部に訴えようと思っているんすよ」
紘一が言葉を付け足した。
「俺もそれに参加させてくれねぇか」
「勿論いいっすよ」
俺が明るく声にする。社内仕置き隊に力強いメンバーが加わった。清貴と紘一が新たな情報を得る。阪田と管理室の山本が付き合っている事が判った。もうひとつの情報では仁藤と阪田が特別の関係だと言う。西野と仁藤、山本と阪田、仁藤と阪田、複雑な相関関係だ。もし事実であれば仁藤と阪田はそれぞれ2股掛けている訳だ。それにバイセクシャルと言うことになる。阪田昇格の裏には山本が居たのかも知れない。線が繋がってきた。様々な癒着が色濃く見える。色んな裏が見えてきた。パワハラを報告書に纏める。派遣会社からまたクレームが入ったと聞いた。
「チャンス到来だな」俺がぼそっと声にする。紘一、清貴そして杉村の首が縦に振られた。
「ミッションを始動する」
俺の声が低く唸った。集めた資料を本部の管理部長宛てに送る。事態を重く見た本部。俺達4人に電話が入った。色々と聞かれる。内部調査に入るらしい。1週間後本部長が2人の部下を引き連れてセンターを訪れた。管理の龍野、山本、藪下…それに仁藤、阪田、西野のパソコン、デスクをチェックしている。程なくして会議室に入った。30分ほど経過する。俺達4人も呼ばれた。6人は頭を項垂れている。緊張が走った。
「みなさん勇気を持って良く報告してくれました」
「とんでもないです」
管理部長の声に杉村が応えた。
「この人達に何か言うことないですか」
俺達は目を合わせた。
「龍野さん…何でいつもこいつらの肩を持ちクレームを握りつぶしたんですか」
「そっ、それは……」
管理部長が鋭い目で龍野を見る。龍野の表情が強張った。
「いっ一度仁藤さんと呑んだ時……」
龍野は言葉を詰まらせた。
「男と女の関係になって……」
「成程…仁藤さんの言いなりになってしまった……と言うことなんですね」
杉村の低い声が会議室に響いた。
「そんな……」
仁藤が悲痛な声を上げた。
「もういいです」
管理部長の冷たい声を上げる。電話で何やら話していた。
「結果をお伝えします。仁藤SVは次の契約更新は無しとする。阪田SV補佐、西野SV補佐はスタッフに降格。龍野さん山本さん藪下さんは職級剥奪の上渋川倉庫に転勤。賞与は3年間据え置く。以上」
本部長は即断を下した。悪の根源は追放される。静かに会議室を出ていく6人。其々バラバラに自席に戻った。
「みなさんちょっとご相談があります」
「ハイなんでしょうか」
杉村が応えた。
「今後の管理室なんですがみなさんでやって頂けないでしょうか」
管理部長からの突然の提案に俺達は驚きの表情を浮かべた。
「勿論弊社の社員になって貰います」
俺達は目を見合わせた。杉村さん、紘一そして清貴。3人の瞳の奥から眩いばかりの光が輝いている。俺達は引き受けた。
「あのここのセンターが出来て2年過ぎました。有能なスタッフも多数います。希望者が居れば社員になれるでしょうか」
杉村が声にする。
「そのことですか?実は社内で検討中です。暫くお時間頂けますか」
「ハイ……」
俺達の声が重なった。4人一緒に会議室を出る。執務室に戻った。ヘッドセットを装着する。何事も無かったように何時もの時が流れ始めた。俺達の仕置きはこれで終わった訳でない。近日中にミッション第二弾が始動する。休憩時間、俺達3人はリラクゼーションルームに向った。テーブルを挟み向かい合って座る。俺は前に座る紘一と清貴に視線をぶつけた。
「ミッション第二弾だな」
俺の言葉に紘一と清貴の首が縦に振られる。力強い目を返してきた。俺達の考えたミッションは西野を回す事。考えると鼓動が高鳴った。
「杉村さんも誘おうぜ。今回頑張ってくれたしな」
俺がポツリと声にする。
「でもノンケだろ」
清貴が応えた。
「いや違う……こいつ似てるだろ。毎日のように足跡付いてんだ」
俺は言い切った。スマホを取出しSNSにアクセスする。そいつのマイページを開いた。
「ちょっと見てみろ」
ハンドルネームKen。身長165㌢体重68㌔37歳ポジションバリタチ。コメントはやんちゃな弟を犯して哭かせたい。画像は小さいので判りにくいけど面影はかなり似ている。日記には入院した事、退院して出社すると大変なことになっていた事が書かれていた。郵便番号も杉村さんの居住地と一致する。間違いない。俺は確信していた。
「あっ……ホントだ。似ている」
紘一が声を張り上げた。
「あっそう言えば……」
清貴が握り拳で手の平を叩いた。
「えっそう言えば何だよ」
「杉村さん宣秀兄ぃのこと好きかもっす」
「えっ俺の事……」
「うん宣秀兄ぃを見る目普通じゃないような気がするんだ」
清貴の声が弾んでいる。
「この前宣秀兄ぃの事見て頬赤らめてた気がする」
清貴がが声を続けた。。
「宣秀兄ぃ、タイプっすよよね」
紘一が俺に声を送ってきた。
「ま、まぁな」
杉村健太郎タイプど真ん中だ。どうする俺。自問自答する。俺は決断した。帰宅するとパソコンの前に座る。俺は動いた。あのSNSにアクセスする。Kenさんのページを開いた。
”足跡付けて頂きありがとうございました。かなり気になってます。良かったらマイフレになって貰えませんか”
直ぐ様返信がきた。
”俺の方こそ宜しくお願いします”俺と杉村さんはSNSで繋がった。翌日のランチタイム。3人で社内食堂に行った。
「じゃぁな」
「頑張れよ」
紘一の明るい声。清貴が隣でにやけていた。杉村さんが独りで食事している。俺は奴の傍らに立った。
「あっ、ここいっすか」
「あっどうぞ」
向かい側に座る。清貴の言う通り眩い視線を送ってきた。俺は大胆な行動に出る。スマホを取り出した。
”昨日はマイフレになって頂きありがとうございました。俺Kenさんの事凄くタイプなんです。いつかリアルしたいな”目の前にいる杉村さんのスマホがブルブルと震える。杉村さん=Ken間違いない。早速返信が返ってきた。”機会を見付けて是非リアルしましょう”
俺は勝負に出る。画像添付のメールを送った。”嬉しいっす。プロフにも書いてるけど身長166㌢68㌔が好きな33歳。こんな奴っす。画像添付しました。もしNGならマイフレの解除お願いします”
杉村のスマホが鳴った。メールを見ている。表情が変わった。
「宜しくっす」
俺はポツリと声にする。杉村の首が縦に振られた。
「屋上行きませんか」
俺が声を掛ける。
「あぁ、判った」ちっちゃい声が返ってくる。緊張した面持ち。目の奥から優しく光る輝きが見えた。
屋上に行くと何人かの社員が寛いでいる。
「ビックリしたぞ」
杉村の声が弾んでる。顔が綻んでいた。
「俺もっすよ」
「さっきのメールマジにとっていいのか?あ、あのリアルしたいってやつ……」
杉村さんがボソッと声にした。
「いっすよ。俺杉村さんタイプっすから……」
「でもいきなり今日なんて無理だよな」
「いっすよ。今日でも……」
杉村さんが無茶苦茶明るい表情を送ってくる。時間は12時55分。気付けば社員達は一人も居なかった。
「さぁ戻るか」
「そうっすね」
視線が絡み合う。淫猥な気持ちが湧き立ってくる。
「杉村さん」
「ん、何だよ」
「こっち来て下さい」
俺は杉村さんの腕を掴むと塔屋の脇に連れていった。壁に押しつける。唇を奪った。舌を挿れると杉村さんから絡めてくる。暖かな何かに包み込まれた。僅かに5秒程の短いキッス。ふっと唇が離れた。
「またビックリさせられたぜ」
「へへ気持ち良かった」
「やべぇ少し勃ってきた」
「俺もっす」
「夜が楽しみだな」
「ハイ……」
夜7時。待ち合わせ場所の喫茶店。杉村はもう来ている。心臓がバクバクしてきた。
「お待たせしました」
「俺も今来た所だよ」
杉村ががニッと笑みを浮かべる。運ばれてきたナポリタンを頬張りながら軽い会話を交わした。緊張してるのかその会話が噛合わない。時間がゆっくりと過ぎていく。杉村さんが真っ直ぐに俺を見てきた。澄んだ目をしている。思わず吸い込まれそうになった。
「磐井…」
「えっ…」
「済まん。何でもない」
視線が交差する。隠微な光を放っていた。
「出るか」
「うん」
喫茶店を後にすると駅裏の方へ歩いていった。杉村が一棟のビルの前で脚を止める。卑猥なネオンが放たれていた。
「ここで良いか」
「うん」
フロントで鍵を受け取るとエレベーターに乗り込んだ。ドックンドックン。鼓動が早鐘のように高鳴った。
杉村がドアを開ける。丸くて白いベッドが目に飛び込んできた。脇にあるスタンドの灯りが淫猥に照らしている。濡れてきた。
「宣……」
「えっ……」
「嫌かそう呼ばれるの」
俺は首を横に振る。
「け、健……」
俺も名前の一字で呼んでみた。
「あぁ…宣可愛いぜ」
壁に押し付けられると顔が近づいてきた。小刻みに唇が震えている。唇が触れ合った。舌が挿いってくる。舌が俺の口の中を撫でてきた。その舌に俺の舌を絡める。健太郎の背中に腕を回した。ギュッと抱きしめられる。火照った股間同士がぶつかり合った。
「宣、風呂入るか」
「うん、俺湯入れてくるな」浴室に入ると蛇口を捻る。勢いよくお湯が流れ出した。健太郎はベッドの傍らにあるソファーに座っている。その隣に俺は座った。缶ビールを渡される。プシュッとプルトップが空いた。
「取りあえず乾杯だ」
「うん」
冷たいビールが喉越しいい。健太郎の脚が触れてくる。また鼓動が激しくなった。腕が肩に回ってくる。股間に手が這ってきた。
「宣、硬くなってるぜ」
「当たり前だろ。健に弄られてんだから……」
「俺のも触ってくれよ」
「うん」
健太郎の股間は既に息づいていた。健太郎の股間に手を這わせる。俺達は股間を弄りあった。
「後は風呂入ってからだな」
「うん」
俺達は着ているものををバサバサ脱いでいく。俺は六尺一丁になった。
褌 (15)
なんだな」
「うん…今日は何か起こる予感してたからにしてみたんだ」
健太郎は俺の足元に跪くと前袋に鼻を付けた。
「あぁいい匂いするぜ」
前袋を軽く握られた。
「解いてやるからな」
健太郎は立ち上がると俺のを解き始める。ハラリと床にが落ちた。弾けるように飛び出した俺のちんぽ。そいつは天を仰いでいた。
「我慢できねぇ」
健太郎は跪くと俺のちんぽに舌を這わせてくる。金玉が握られた。
「美味ぇ……」
俺を見上げる。歳上だけど凄く可愛く見えた。直向きで澄んだ瞳。一気に昇りつめそうになる。ジュルッジュルッと舐め上げられた。今度は根元まで咥えられる。舌が執拗にちんぽに絡んできた。
「あっ…いぃ…いぃ」
俺は健太郎の頭を押さえ、腰を前後に動かした。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッと尺八音がいやらしい音を立てる。健太郎を見ると俺のをしゃぶりながら自分で扱いていた。
「あぁぁ健、堪んねぇ。気持ちいい」
腰をガシガシ突き込んだ。喉壁がぎゅうっとちんぽを締め付けてくる。金玉の奥が熱くなった。
「健、やべえ…射きそうだ。口離せ」
健太郎の顔が横に振られる。俺のケツをガッチリと抑え込むと顔を激しく抽動させた。
「あぁぁぁぁぁ…射っちゃう。んぉ、射くぅぅ射ぐ…んぁぁ射く」
俺は健太郎の喉奥に雄汁をぶつけた。ちんぽが放たれる。健太郎の喉がゴクンと鳴った。
「呑んだのか」
「うん、美味ぇ。宣の汁堪んねぇ」
「俺にも呑ませろ」
今度は健太郎の足許に跪いた。感極まった健太郎のちんぽに舌を這わせる。ジュルジュル舐め上げた。我慢汁が口の中に広がる。唇で亀頭を挟んだ。ゆっくりと呑み込み始める。舌を健太郎のちんぽに絡めた。
「あぁぁぁ…いぃ…宣、んぁぁぁぁぁ」
俺の顔が前後に抽動する。健太郎の腰がガシガシ動いた。
「あぁぁぁぁぁ…堪らん…宣ぅ…宣ぅ」
健太郎のちんぽがプクンと膨らんだ。
「あぁぁぁぁぁぁ、んぉぉぉぉぉぉ、あっあっ…射ぐ、射くんぁぁぁぁぁ射くぅ」
喉奥に生暖かい汁を感じた。健太郎が腰を引く。ちんぽが口から外れた。見上げると視線が交差する。にっこりほほ笑むと俺はゴクンと喉を鳴らせた。男臭い健太郎の汁。喉を通り体内へと流れて行った。立ちあがるとギュッと抱きしめてくれる。自然に唇が交わされた。唇が静かに離れる。健太郎が俺に目を呉れた。
「風呂入るぞ」
「うん」
カラダを洗いあった。健太郎のガタイ。想像以上に逞しかった。筋肉が層のように積み上げられてる。ぶっとい二の腕に首。盛り上がった肩と胸。腹筋は少し脂肪が乗ってるが、割れているのが判る。鬱蒼とした剛毛群の中から男の証が太々しくぶらさがっていた。浴槽に並んで浸かっている。毛深い脚が触れてきた。
「なぁ不思議だな。昨日までだだの同僚なのにこうしているんだからな」
「うん、でもさ運命だったのかもな……健」
健太郎が俺を抱き寄せる。甘えるように抱きついた。
「やべぇ勃ちそうになったぜ」
「俺もっす」
俺達は風呂を上がった。ベッドに潜り込むと顔が近づいてくる。唇が触れ合った。健太郎の舌が挿いってくる。舌を絡ませた。
グイッグイッグイッと俺のちんぽは勃ち上がる。血液が集まってくるのが判った。キスされながら乳首に指が這ってくる。指の甲で掻き上げられた。
「あっあぁぁ…ん」
「乳首感じるんだな。これならどうだ」
乳首に舌先が当てられる。舌が円を描くように乳輪に這ってきた。
「へへ、乳首勃ってきたぜ」
「あぁぁ…ん、んぁ…んくっ」
手が下に伸びてくる。ちんぽに軽く触れた。
「凄ぇ…ビンビンに勃ってるぜ」
ちんぽを軽く扱かれる。亀頭が指腹でなぞられた。カラダがガクガク震える。ちんぽを捩じるように半回転させながら上下に擦られた。
「あぁぁ、そんな、あぅ…いっいぃ」
健太郎の腕が更に伸びた。蟻の門渡りから雄穴に這ってくる。俺のカラダが微動した。
「宣、ここ大丈夫か」
「うん」
両脚を抱え上げられる。穴から蟻の門渡りに舌が這ってきた。ジュルッジュルッと舐め上げられる。カラダが震えた。
「あぁぁあっ…あぁぁ」
「気持ちいいのか」
「うん、いっす」
ローションを塗られる。指がゆっくり入ってきた。
「痛ぇか……」
「大丈夫っす」
指が2本に増やされる。同時にちんぽを握られた。グシュグシュ指が抽動する。握られたちんぽがビクビク震えた。
「もう1本増やすぜ」
「うん」
3本の指がゆっくりと挿いってくる。内壁が掻き上げられた。
「あぁっぁ、いっ…いぃ」
「へへ、宣の感じる所見つけたぞ」
執拗にそこを擦られる。同時にちんぽをしゃぶられた。
「あぁ、あぁぁ…けっ健、そんな、あぁぁ」
涌き起こる快感。俺のカラダが左右にに捩れる。ジュグジュグ音を立てながら抽動する健太郎の指。俺のカラダ反応し続けた。
「健、奥の方が疼くんだ」
「判った。今挿れてやるからな」
健太郎が自分のちんぽにローションを塗っている。俺のまんこにも塗り足された。視線がぶつかる。欲情しているのが判った。血管が浮き出たちんぽ。先っぽは溢れ出た我慢汁で濡れている。まるで餓えた猛獣の涎のように見えた。こいつに犯られる。ゾクゾク感が襲ってきた。両脚を抱え上げられる。ちんぽが穴口に当てられた。ズリズリと穴を撫で擦る。先っぽが少し挿いってきた。
「あぁ…」
直ぐに抜かれる。僅かに入ってきた。また抜かれる。同じことを何度も繰り返された。焦燥感が襲ってくる。俺は視線をぶつけた。
「健……」
「おら挿れるぜ」
健太郎の腰に力が入った。
「ちんぽ挿いってくる。やべぇ、堪んねぇ」
「凄ぇ内壁キュッキュ絡んでくるぞ。堪んねぇ」
根元迄埋め込むと腰をズゴズゴ動かし始めた。突き込みながら乳首をなぞられる。カラダがビグビグ震えた。
「凄ぇ、締まるぜ」
健太郎の顔が近づいてくる。キスされた。突動する健太郎の腰、絡む舌。切なさと嬉しさがごちゃ混ぜになった感覚が沸き起こってくる。内壁が擦られた。
「あぁぁいぃ……」
「俺もいいぜ」
健太郎の腰がグイッグイッと俺を突いてくる。その勇猛な動きに合わせるように俺は腰を振った。
「んくぅ、堪んねぇ。あぁぁ、凄ぇ締まるぜ」
「あっ、あぅぅ、いぃ…健、いっ、ぃい」
ジュグジュグと昂ぶった音がこだまする。官能の渦の中に引き込まれそうになった。
「宣鏡見てみろ。いやらしいぜ」
壁面の鏡の中には健に貫かれた俺がいる。感じ捲りいやらしい表情を浮かべていた。
「あっ…俺…卑猥だ」
その時奥の壁がゴリッと擦られる。健太郎の突き込みが激しくなった。掘り込みながら俺のちんぽを握る。ゴシゴシゴシと扱かれた。
「あぁぁ…そんな…俺」
「いいぜ。射けよ」
パンパンパン…パンパンパン…パンパンパン健太郎のカラダが激しくぶつかってくる。扱かれてる俺のちんぽからはトクトク汁が溢れていた。
「あぁぁぁ射きそうっす」
「俺もやべぇぜ」
結合部からはジュグッジュグッジュグッと隠微な音が奏でられる。卑猥な音に俺は一気に昇りつめた。
「あぁぁぁぁぁぁ射く…射ぐ…んぉぉ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺の放った白濁汁が宙を舞った。
「んくぅ…締まる。あぁぁぁぁぁ射く、あぁぁ射ぐ…射く」
まんこの奥で健太郎の汁を感じた。健太郎が俺からちんぽを引き抜くと横にゴロンとなる。優しく肩を抱き寄せられた。
「お前のまんこ良過ぎるから俺ヘトヘトだぜ」
「俺も凄ぇよかった」
火照ったカラダをベッドに沈めながら健太郎のカラダに抱きついた。軽くちんぽを握る。健太郎も俺のちんぽを握ってきた。
「なぁ宣…俺に挿れてくれよ」
「えっだってお前バリタチだろ」
「うん、お前リバだろ。だったら俺だけ挿れるの不公平だろ。それにお前になら挿れられてぇと思ってんだ」
俺は挿れられるのも好きだけど挿れるのも同じ位好きなんだ。特に健太郎みたいにゴツクて雄臭ぇ奴を犯るのはやっぱ堪らない。俺のオスの本能が芽吹きだした。
「本当にいいのか」
「うんいぃ…だた初めてだから優しくしてくれよ」
「うん、判った。優しくしてやるからな」
心臓が抉れてくる。顔を赤らめて俺を見る健太郎。年上だけど無茶苦茶可愛い。こうなったら俺の持ってる全ての術を出し切って哭かせてやるからな。俺は心の中で叫んだ。健太郎の頭を軽く押さえてチュッと軽く健太郎の瞼にキスをする。次に唇に軽くキスをした。
「んっ…」
上唇を舌先で擽ってやる。
「あっ…」
健太郎の唇が薄く開いた。
「んあっ…」
頭を傾けると舌を深く差し込んだ。舌を絡めると健太郎が絡み返してくる。そっと唇を放した。
「くふっ……」健太郎が切なげな声を上げる。
抱き寄せ唇を寄せていく。健太郎が武者ぶり付いてきた。ネットリと舌が絡んでくる。俺も健太郎の舌を舐った。そのまま俺は上になる。舌を絡ませながら健太郎の乳首に指を這わせた。健太郎カラダが微動する。今度は乳首に舌を這わせた。俺の舌が乳首を舐め上げる。今度は円を描くように転がした。
「ん、んぁぁ…あっ」
乳首を指で攻めながら首筋を舐め上げる。耳裏に舌を這わせた。
「あっ、あぁぁ…よ、よせ」
「止めていいのか」手を伸ばしちんぽを握る。尖端をグリグリ弄った。
「あっ駄目…そんな…あぅぅ」
そのまま手を伸ばしまんこ口を指がなぞる。健太郎のカラダがビグビグビグ震えた。
両脚をを抱え上げる。ケツ毛を掻き分けると薄桃色の穴が現れた。
「へへ、綺麗な穴だぜ」
「や、止めろ。恥ずかしい」
「その恥ずかしさこれから忘れるくれぇ感じさせたるからな」
穴にふぅと息を吹き掛けた。穴口から蟻の門渡りに舌を這わせる。今度は穴を舐め上げた。
「あっあぁ…んぁ」
「気持ちいいのか」
健太郎の首が縦に振られる。舌先を尖らせて穴に挿れ込んだ。少し緩んだ所で指をゆっくり挿れる。前後に軽く抽動させた。
「痛ぇか」
首が横に振られた。ローションを指で掬うと穴に塗り込める。また指をゆっくりと挿れた。ジュグジュグ中を掻き撫でる。唾液とローションでシッポリと濡れそぼった健太郎の穴。中指と人差し指をその中へ押し込みながら優しくに弄ってやった。
「あっ、んんっ、ん、あ、宣……」
健太郎のカラダが微動する。もどかしげにカラダを捩じらせた。更に指を増やす。人差し指を薬指で穴を広げ中指で壁を擦った。
「あぁぁんぉぉ。いっ…いぃ」
「おらここだろ」
ゴリゴリゴリとそこを掻き上げた。
「んぁぁ…いっ…いい」
「健、欲しくなってきたか」
「判らねぇ…でも奥の方が切ねぇんだ」
「判った」
ローションを健太郎の穴口と内壁にたっぷり塗り込める。俺のちんぽにもまぶした。健太郎の両脚を抱え上げる。ちんぽを穴口に宛がった。
「挿れるぞ」
「あぁ来てくれ」
腰をクイッと突き出した。尖端が呑み込まれる。健太郎の顔が歪んだ。
「んがっ…いっ痛ぇ…痛ぇ」
健太郎の苦痛が滲み出ている。冷や汗が流れていた。
「あっゴメン」
以外に柔かい健太郎の穴。つい腰に力が入ってしまった。
「抜こうか…」
「いいそのまま来てくれ」
俺は少し引き少し挿れる。俺のちんぽは確実に埋没していった。
「半分挿いったぜ」
「うん」
カラダを折り曲げキスをする。舌を絡めながら指で乳首を弄ってやった。健太郎の内壁が僅かに蠢動する。クイッと腰を突くと俺のちんぽは根元迄呑み込まれた。
「全部挿いったぞ」
「うん、凄ぇ……」
健太郎が鏡の中の自分を観ている。結合部に指を這わせていた。
「痛くねぇか」
「ちょっとだけだ。動かしてくれ」
グイッグイッグィッと俺の腰が動き始める。ぎゅうぎゅう内壁が纏わりついてきた。
「いい具合に絡まってくるぜ」
俺の腰がガシッガシッガシッ動き続ける。健太郎に異変が起きた。
「あっ…何かやべぇ…んくぅ湧き上がってくるぜ」
健太郎の表情が変わった。明らかに苦痛とは違う何かを感じている。俺の腰が突動した。
「あぁぁ…中が擦れて気持ちいぃ」
萎えていた健太郎のちんぽがグイッグイッグイッ角度を上げてきた。掘り込みながらそのちんぽに手を触れる。ビクビク震わせながら汁が洩れていた。
「あぁ…宣……」
健太郎が恍惚とした表情を浮かべた。突き込みながらキスをする。ネットリ舌を絡ませながら腰を突いた。男臭い顔が快感で歪んでいる。腰の動きが加速した。
「あぁぁぁぁぁ…宣…んぁぁぁぁぁ」
張り詰めた健太郎のちんぽ。俺は手を添え扱いてやる。ジュグッジュグッジュグッとまんことちんぽの粘膜同士が戦ぎあった。
「宣ぅ…や、やべぇ、いっ射きそうだ」
「俺もだ。一緒に射かすぜ」
健太郎の首がコクコク動いた。
「あぁぁぁぁぁ、んぉぉ、うぅぅ、あぁぁぁぁぁ射ぐ、射く…射くぅ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ
健太郎は白濁色の男の汁を放った。
「んぉぉぉぉぉぉ、うわぁぁぁぁ射く、射ぐ、んぁぁ射く」
同時に俺は健太郎の雄膣目掛けて汁を打ち付けた。カラダが脱力する。ちんぽを静かに引き抜いた。視線が交わる。ドサッと健太郎の上に倒れ込んだ。ドックンドックンと心臓音が伝ってくる。軽く唇を合わせた。
「気持ち良かったぜ」
耳元でそっと囁いた。
「俺も…まんこにちんぽ挿れられるとこんなに気持ち良かったなんて知らなかったぜ」
健太郎をギュッと抱きしめる。健太郎の腕が俺の背中に回った。
「俺さ、多分最初に宣見たときから気になってたんだ。こいつとやりたいってさ……」
「多分俺もそうだと思うよ。でもノンケだと思ってたからな」
視線がぶつかる。瞳の奥から安堵のような光が放たれていた。
「哭いてる健、可愛かったぜ」
「ば、バカやろ…年上に可愛いなんて言うな」
健太郎の髭を指でそっと撫でた。
激しい男同士の交尾の後の余韻を共有している。ほのかなベッド脇の灯りに俺達は包み込まれていた。ゆらり揺らぐ光。静寂としたこの気怠い時空間を癒してくれているように感じた。
「なぁ健…あのさ俺と、俺とつき……」
いきなり口を唇で塞がれ言葉を遮られた。
「俺に言わせろ」
健太郎が真っ直ぐに俺を見る。
「俺と付き合ってくれ。恋人としてだぞ」
「うん」
健太郎の唇が寄ってくる。柔らかな唇が触れ合った。舌が深く挿いってくる。そいつに俺は舌を絡ませた。唾液が融合させる。きつく抱きしめられた。ちょっぴり切ないキッス。そっと唇が放された。今ソファーに並んで座っている。プシュッとビールのプルトップが開けられた。
「乾杯……」
「うん、乾杯」
ガシャッと触れ合う2本のビール缶。何気に心地よく聞こえた。
「健……」
「ん、何だ」
俺は健太郎を真っ直ぐに見る。視線が眩しくぶつかった。
「あのさ…実はさ」
俺は仕置き第二弾の話を持ち掛けた。
「へー面白そうだな。それに……」
「えっ?それに……」
「大好きなお前に言われたら断れねぇだろ」
「健……」
健太郎に抱きついた。
「なぁ宣、もう1回いいか?俺こうなんだ」
健太郎が俺の手を取ると自分の股間に導いた。そこは既に芽吹き始めている。硬くなっていた。
「判ったぜ。俺も足らんかったからな」
結局この晩俺達は1発づつ種を仕込み合った。

俺と健太郎は付き合い始める。毎日のようにカラダを重ねた。仕事が終わると何処かでご飯を済ませる。その後まぐわった。俺んち、健太郎んち、時にはラブホ。やるごとに健太郎の大きな存在が圧し掛かってきた。容貌、性格全て最高の奴。何時しか健太郎に俺は心と身体を支配されてる。俺も健太郎の心とカラダを抑えた。

理想のちんぽに成ればウケは悦ぶ

カリでか君 男性用クリーム

カリでか君 男性用クリーム


クロームトリプル (M)

クロームトリプル (M)


マラ喰い肉体労働者 5

マラ喰い肉体労働者 5


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村









[ 2015/10/18 08:14 ] 社内仕置き隊 | TB(-) | CM(0)

社内仕置き隊③

 時が微かに動いた。1週間後、全体終礼が行われた。
「弊社管理それに一部のSV、SV補佐が皆様にご迷惑をお掛けしました。本日謝罪させたいと思っています」管理部長が声を上げる。普段は行われない全体終礼。事の大きさに管理部長が決断した。6人の悪魔が登場する。表情は強張っていた。
「まず管理室代表して龍野さんお願いします」
「ご迷惑おかけしました」
龍野を真ん中に右に山本左に藪下。3人は深々と頭を下げた。
「次に仁藤さんお願いします」ふてぶてしい面構えの仁藤、阪田そして西野。仁藤が管理部長を睨み付けていた。
「どうも済みませんでした」
ぼそっとした仁藤の声。頭を下げることは無かった。
「ちゃんと謝れ」
「バカやろ」
「最低……」
スタッフ達の怒声が飛んだ。
「お静かに……」
管理部長が声を張り上げる。オフィスに静寂が戻った。
「仁藤さん、あなた達はきちんと謝罪も出来ないんですね。残念です。もういいですから席に戻りなさい」
6人はスゴスゴと席に戻った。
「新しい管理室スタッフを紹介します」
俺達の他に2人の女性が選ばれた。
「これからは明るく楽しくハラスメントのない職場にしましょう」
杉村が声を張り上げる。歓声が湧き起こった。
「もうひとつ弊社からの提案がございます。2年以上継続勤務している方で希望者は社員になれることになりました」
ざわつくオフィス。スタッフ達の目が輝いていた。終礼が終わり其々会社を後にする。俺達4人も外に出た。これから仕置き第二弾が始まる。心が昂ぶってきた。
「じゃぁ後でな」
「うん」
俺の声に紘一が応えた。今夜西野を仕置きする。場所は西野の帰り道にある廃工場だ。俺と健太郎と清貴。3人で仕置きの仕込みをする。心が昂揚を覚えた。準備が整え終わる。俺達は時を待った。
「杉村さんドキドキするっすね」
清貴の声が隠微に響いた。
「あぁ心臓バクバクしてきたぜ」
心がが熱くなってくる。その時スマホが鳴った。
「あぁ判った。西野すぐそこまで来ているらしいぜ」
「あっ来たぜ」
清貴がちっちゃい声で言った。先頭に立ったのは健太郎。俺達は三角形になって西野に向かって行った。
「西野、残念だったな」
健太郎の低い声。少し尖って聞こえた。
「なんすか」
西野の目が威圧してくる。清貴が後ろから羽交い絞めにした。紘一が両脚を抑え付け廃工場内に入る。西野はカラダを捩って抵抗した。
「や、止めろ」
西野が怒鳴り声を上げる。その声は黙殺された。西野は床に転がされる。奴は這いつくばり逃げ出そうとした。西野の脇腹に健太郎の蹴りが入る。西野は腹を抱え蹲った。
「これからお前を仕置きする。罪状はお前らのパワハラだ」
健太郎が低い声で言った。
「それはもう済んだことだだろ」
西野が吼えた。
「確かにお前らは処分された。でもそれじゃぁ被害者の無念は晴れねぇんだよ」
健太郎の声には明らかに怒気が含まれている。目がきつくなっていた。
「なんで俺だけなんだよ」
「仁藤も阪田は女だからな。女に手は上げねぇんだよ」
俺の尖った声に西野は戦いていた。
「それにお前は杉村さんが築き上げたCチームをガタガタにしたんだぜ。自分の感情のままにな」
紘一が吼えた。西野の顔から血の気が引き、青ざめている。夜目にもそれが判った。
西野を壁に背を付け座らせる。健太郎が上着を脱ぎズボンのジッパーを降ろすとちんぽを引っ張りだした。
「しゃぶれ」
西野は顔を背けた。
「判んねぇみたいだな」
俺は西野の前にしゃがんだ。ベルトを外しジッパーを引き下げる。手を突っ込み金玉を握った。
「や、止めろ」
「止めねぇよ。おらよ」
金玉を握った手に力を入るた。西野は歯を食いしばり耐えていた。
「お前の玉つぶれるぜ。悪いが俺は空手2段だからな」
俺は更に力を入れる。西野が顔を歪ませながら俺を睨み付けてきた。
「しぶてぇ野郎だな。あれ持ってこいよ」
紘一と清貴が持ってきたのは用意していた卓上コンロだ。置かれた鍋で湯が煮えたぎっている。西野のズボンがトランクスごと引き抜かれた。紘一と清貴に両側から抱き抱えられる。西野の金玉が鍋の湯に近づいていった。
「おめぇの金玉ゆで卵になっちまうぜ」
俺は西野に向かって声にした。湯気が立ち込めている。西野の金玉に纏わり付いていた。
「わっ判りました。しゃぶります」
「しゃぶらせて貰いますだろ。このボケ」
紘一の蛮声が飛んだ。
「しゃ、しゃぶらせて貰います」
西野の目が涙で潤んでいる。健太郎の足元に跪いた。手でちんぽを握るとオズオズと舌を這わせている。その顔付は悲壮感溢れていた。
「なにちんたらしてんだ。ちゃんとしゃぶれ」
俺の怒声が飛んだ。意を決した西野。健太郎のちんぽを頬張っていた。。
「おら西野舌使えよ。玉も舐めるんだぞ」
健太郎が叫んだ。西野は健太郎のちんぽ、金玉に舌を這わせた。
尺八 (18)
ジュルッジュルッジュボッジュボッジュボッ淫猥な音が奏でられる。健太郎は西野の頭を押さえ腰をガシガシ突き込んだ。
「紘一、ちゃんと写真撮っとけよ」
俺が声にする。紘一はパシャッパシャッとデジカメのシャッターを切り始めた。
「おら、もっと舌絡めろよ」
温厚な健太郎の口から卑猥な攻め言葉が吐かれる。更にガシガシ腰を抽動させた。ジュブッとちんぽが引き抜かれる。今度は俺が西野の喉まんこを犯した。
「しゃぶるだけじゃ駄目だぜ。金玉優しく揉めよ」
俺の言葉に従う西野。ちんぽをしゃぶりながら金玉を揉んでくる。ちんぽを引き抜いた。透かさず紘一がしゃぶらせる。腰をガシガシ前後に動かしていた。
「おら西野、もっと舌使えよ」
「俺のもしゃぶれよ」
清貴が脇からちんぽを挿し込んだ。西野は2本のちんぽを咥えされる。ジュボッジュボッジュボッ…ジュルッジュルッ湿った尺八音が響いた。次から次へと俺達のちんぽが襲い掛かる。西野はしゃぶり続けた。
「お遊びは終わりだぜ」
西野が口からダラダラ唾液を垂らしている。俺の言葉に狼狽した表情を浮かべた。
「これから本番だからな」
清貴と紘一が西野の上着、ネクタイ、ワイシャツをむしり取る。晒された子狸のカラダ。俺達の着ているものを脱いだ。六尺を解くと宙に放る。4本の六尺が絡み合いながら落ちてきた。欲情した4本のちんぽ。天を衝いていた。
「これからお前を回す。いいな」
俺が唸った。西野はカラダがブルブル震えている。怯えているのが手に取るように判った。
「西野返事しろ」
清貴が吠えた。
「はっハイ……」
目に涙を溜めながら振り絞るように声にする。俺は西野の胸に跨り両脚を抱える。雄穴が露わになった。こんもりと生い茂った陰毛。その中には子供のようなちんぽが潜んでいた。
「ちっちぇな……」
俺がぼそっと声にする。
「……」
西野は押し黙った。
「こんなんで仁藤を満足させれたのかよ」
「あっ、あの人とは……」
西野が明らかに狼狽えている。
「能無しのお前がSVになれたのはあいつにカラダを売ったからだろ」
「……」
僅かな時間の沈黙。窓から差し込む夜光が隠微に西野を照らした。穴を健太郎と清貴が両側からグイッと広げる。紘一がローションを穴に塗り込めた。西野のカラダが微動する。紘一の指が前後に抽動した。ジュグジュグと卑猥な音が鳴り渡る。紘一の指が激しく動いた。
「杉村さん、大分柔らかくなってきたっすよ」
紘一が穴から指を抜いた。健太郎ちんぽにローションを塗り込めている。西野の穴口に宛がった。
「西野、ここをまんこに仕上げてやるからな」
「……」
健太郎の声を西野は黙殺する。
「杉村さんがまんこに仕立ててやるって言ってんだぞ。お願いしますだろ。口の聞き方知らねぇガキだな」紘一が言い捨てる。
「……」
尚も押し黙る西野。紘一がペンチで西野の金玉を挟んだ。手に力が入る。西野の金玉が歪んだ。西野に目を遣る。額から脂汗が滲んでいた。
「す、杉村さん、まっまんこに仕立ててください。お願いします」
振り絞るような声を西野が吐いた。
「頼まれたら仕方ねぇな」
健太郎の腰がグイッと動いた。ちんぽがめり込んでいる。西野に苦痛が及んでいるのが判った。
「んがっ痛ぇ、痛ぇよぉ」
「煩ぇ。黙れ。お前に苦しめられてた奴らの痛みに比べたら屁でもねえだろ」
健太郎が吠える。更に腰を沈めていった。
「んぐっ…こ、壊れる」
「バカやろ…お前に壊された奴が何人いると思ってんだ」
ズニュッと根元迄健太郎のちんぽが埋没した。
「挿いったぜ」
腰がガシガシ突動し始めた。俺は西野の脇ににじり寄る。ちんぽを口元に差し出した。
「しゃぶれ」
西野は逆らうことなく俺のちんぽを頬張ると舌を絡めてきた。
「堪らんぜ。こいつのまんこ。んくぅ気持ちいぃ」
健太郎の腰が激しく西野を突き込んだ。
「俺のもしゃぶれよ」
逆側から清貴がちんぽを差し出した。西野は両手にちんぽを握る。交互にしゃぶり込んだ。
「あっ……」
紘一の声。西野が異変を起こしている。ちんぽが頭をもたげていた。目の表情も穏やかになっている。
「こいつ感じ始めてるぜ」
紘一が卑猥に声にする。
「んぁぁ…締まるぅ…んぉぉぉぉぉぉぉ射ぐ…射く…射く」
健太郎が西野の中で戦いた。
「可愛がってやるからな。四つん這いになれよ」
紘一が後ろからちんぽを嵌める。腰を激しく動かし始めた。
「あぁあっあっ…いっいぃ」
西野が声を洩らし始める。
「西野ぇ気持ちいいのかよ」
「いぃ…あぁ…気持ちいい」
「何処がいいんだ」
「ケツが……」
「ケツじゃねぇって言ってるだろ。何処いいんだ。言わねぇと止めるぞ」
西野のカラダがガクガク震える。太鼓腹が揺れていた。
「まっまんこっす」
「おら突いてやるからな」
パンパンパンパンパンパン…パンパンパンパンパンパン紘一のカラダが西野を叩いた。
「あぁぁぁ…あっ…あぅぅ」
紘一の腰が猛動する。グイッグイッグイッと西野を攻めていた。
「あぁぁぁぁぁぁ…んぁぁぁぁぁぁ…いぃ…んくぅ」
紘一が静かにちんぽを引き抜いた。
「くふっ」
西野が不満げな声を上げる。紘一が仰向けになった。
「おら、跨ってこいよ」
西野は紘一に跨ると後手でちんぽを掴んだ。まんこ口に宛がいカラダを沈める。紘一のちんぽが一気に呑み込まれた。
「あぁぁぁぁぁ堪んねぇ。いっいぃ」
カラダを上下に動かし始めた。
「紘一西野を抱き寄せろ」
清貴がぽつりと声にした。
「あぁ判った」
紘一が西野を抱き寄せる。露わになった西野のまんこ口に清貴の指が這った。
「まだまだ余裕だな」
清貴が指を1本挿れると僅かに抗ったが西野のまんこは呑み込んだ。清貴の指が2本に増える。
「大丈夫そうだな」
清貴は西野のまんこ口にちんぽを宛がった。
「むっ無理っす。やっ…やめ……
グイッと押し込むと亀頭がめり込んだ。クイックイッと腰を静かに突いている。腕を回し西野の乳首をクリクリ抓った。
「うがっ…無理…あぁぁぁぁ…んん、んぐっ」
清貴のちんぽは少しずつだけど確実に呑み込まれている。
「んくっ…堪んねぇ」
西野を宥めるように清貴のちんぽは静かに突き進んでる。クイッと清貴の腰が動いた。
「挿いったぜ」
その瞬間。西野のカラダがガクガク震える。カラダが仰け反った。
「あぁぁぁぁぁ…もっ洩れる」
ちんぽから白濁色の汁がドロドロと流れ出した。
「こいつトコロテンしやがったぜ」
紘一が声を上げた。
「まだまだからな」
紘一の腰を突動している。西野を突き上げていた。
「あっあぁぁ…あぅ…あっあっあっ」
清貴と紘一の動きが合っている。2人の腰が律動していた。
「あっ、堪んねぇ。紘一のちんぽ擦れて気持ちいい」
「俺も…あぁぁぁんぁ…堪んねぇ」
俺と健太郎。お互いのちんぽを弄りながら様子を眺めている。時折キスを交わした。
「あぁぁぁぁぁ射きそうっす」
「紘一一緒に射かすぜ」
紘一の首がコクコク縦に動いた。
「あぁぁぁぁぁ射く、射ぐ、あぅぅうぅぅ射ぐ」
「おっ俺も、あぁぁぁぁぁ射ぐ、んぁぁ射くっ」
清貴と紘一が同時に戦慄いた。2人のちんぽが引き抜かれる。まんこ穴からはダラダラと白濁色の汁が流れていた。
「今度は俺の番だぜ」
俺は西野の両脚を抱え上げる。ケツの窪みにちんぽを宛がった。クイッと腰を動かすと内壁が蠢動する。引き込まれるようにちんぽが埋没した。腰を突動させる。まんこが収縮を起こした。
「駄目だ。ガバガバになってるぜ」
俺は西野を抱き上げる。そのまま仰向けになった。
「健……」
健太郎の首が縦に振られる。健太郎が俺と西野の結合部指を這わせている。ちんぽを宛がった。ゆっくりと挿いってくる。健太郎の腕が回り西野の乳首をグリッと抓った。
「あぁぁ…んぁ…」
西野の口から声が洩れる。健太郎の腰がグイッと動いた。健太郎のちんぽが俺のに触れてくる。西野は2本のちんぽを完全に呑み込んだ。
「あぁぁぁぁ堪んねぇ…健のちんぽ…気持ちいぃ」
「おっ俺もいぃ…ちんぽ擦れて気持ちいぃ」
ガシッガシッガシッ俺が突き上げる。ズグッズグッズグッ健太郎が突き込んだ。
「おら…おめぇも腰使え」
健太郎が声を張り上げる。西野の腰が少しずつ動き出した。内壁に締められ健太郎の亀頭がゴリゴリ擦れてくる。堪らない快感が襲ってきた。西野が豹変する。目が虚ろになっていた。
「あっ、おっ俺…やっやべぇ」
ビシャービシャービシャー透明な液体を噴き上げた。
「今度は潮噴いたぜ。淫乱なちんぽだな」
俺が突き込みながら声にする。西野は腰を振ってきた。自ら乳首を弄っている。俺と紘一のちんぽが波動しながら西野を襲った。
「あぁぁぁ…また…もっ洩れる」
ビショッビショッビショッまた西野が潮を噴いている。傍らを見た。清貴と紘一が手を繋ぎながら俺達を見ている。ちんぽは腹に付く位勃起していた。俺達はひとつの肉塊になっている。その塊が烈動すした。
グショッグショッグショッ…ジュグッジュグッジュグッ…グシュッグシュッグシュッ…結合部からは卑猥な交尾音が轟いている。金玉の奥が熱くなってきた。
「宣、やべぇ…射きそうだ」
「俺もだ。一緒に射こうぜ」
突き込む速度が加速する。西野の内壁と健太郎の肉竿が纏わりついてきた。
「あぁぁぁぁぁ宣ぃ射ぐあぁぁ射く…んぉぉぉぉぉ射ぐ」
「俺もだ射ぐ健、射ぐあぁぁ射く、射くっっ」
俺と健太郎は同時に雄叫びを上げた。
「あぁぁ…あぁぁぁぁぁ…もっ、洩れる」
西野のちんぽからはドグドグと白濁汁が垂れ流れている。俺達は西野からちんぽを引き抜いた。静かに立ち上がる。健太郎と向かい合った。唇が寄ってくる。キスをした。ぎゅっと抱きしめる。まだ火照りの治まらないちんぽ同士が触れ合った。
「西野、まだまだだまらな」
俺が叫んだ。俺達は西野を壁際に座らせる。ちんぽを扱きながら取り囲んだ。ゴシゴシとちんぽを扱き捲くる。クチュックチュックチュッ…クチュックチュックチュッ。淫猥な音が響いた。
「西野、口開けろ」
健太郎が命じる。西野は素直に口を開けた。
「んぉぉぉぉ…あぁ射くぜ。呑めよ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺が射った。
「おぉぉぉぉ、俺も射くぜ。んぁぁぁぁぁ…んぉ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ清貴が白濁汁を放っている。
「あぁぁぁぁ、んぉっんぉっあぁぁぁぁぁぁぁ射ぐ。射くんぁぁぁぁ射くっ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ紘一が白濁色の飛沫を上げた。
「おっ、俺も、あぁぁぁぁぁぁぁぁ射ぐ、射くぅ、んぁぁ射くぅ」
ドビュッドビュッドビュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ健太郎が乳白色の男の粘液を噴いた。俺達の男汁が放物線を描いている。西野の顔と口に飛び込んでいった。
「呑めよ」
健太郎の低い声。西野はゴクンと喉を鳴らせた。
「俺達のちんぽ綺麗に舐めろよ」
西野は言われた通りに一人ひとりのちんぽをしゃぶる。残り汁を舐め取った。西野のちんぽが勃起している。目が火照っていた。
「何だ。お前ちんぽしゃぶりながら勃たせてたのか。何でだ」
「そっ、それは俺にも判らないっす」
「見てやるから自分で扱いて出せ」
西野が千擦りし始める。クチュックチュックチュッ…クチュックチュックチュッといやらしい音が奏でられる。紘一が動画撮影し始めた。西野の右手が抽動する。金玉が競り上がってきた。
「あぁぁぁぁぁぁ…んぉぉぉぉぉぉ…あっあぁぁぁ…射く…射ぐ…あぁぁぁぁぁ射く」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ
西野のちんぽから白濁汁が噴きあがった。
「さぁ…仕上げだぜ」
俺が吠えた。4人のちんぽからジョージョージョーと黄金水が噴きあがる。西野の顔、カラダに降りかかった。
「西野立て…儀式だ」
俺が静かに声にする。西野が立ち上がった。
「お前の陰毛をこれから剃る。いいな」
「ハイ、いっす」
西野の声に力が無かった。
「紘一やれよ」
「うっす」
紘一が西野の足元に跪いた。鬱蒼とした陰毛にシェービングフォームが塗られる。剃刀が宛てられた。ジョリッジョリッジョリッと陰毛が剃り落される。西野の目から一滴涙が零れていた。剃毛が終わる。西野は子供のようなちんぽになった。
「これで仕置きは終わりだぜ」
俺が静かに声にした。着衣を整える。西野を8つの瞳が見据えた。
「もう悪いことするんじゃねぇぞ」
健太郎が声にする。西野の顔付は険しさはなく穏やかな表情を浮かべていた。俺達は廃工場を後にする。西野を犯り捨てた。

[デキる男の硬い象徴]試して分かる。この凄さ。

巨根力 男性用クリーム

巨根力 男性用クリーム


レザーアンドスチールコックリング

レザーアンドスチールコックリング


BEAST GOLDEN DISC 023

BEAST GOLDEN DISC 023


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村








[ 2015/10/18 08:02 ] 社内仕置き隊 | TB(-) | CM(0)

社内仕置き隊④

 仕置き隊は解散する。3日後、解散旅行に俺達は旅立った。向かったのは海沿いの温泉。弁当とお茶を買い、電車に乗り込んだ。4人掛けの席に座る。俺の隣には健太郎、清貴の隣には紘一が座った。
「健楽しみだな」
俺が声を掛けた。
「うん……」
健太郎がにっこりとほほ笑んだ。
「杉村さん」
清貴が健太郎に声を掛ける。健太郎がにっこりと微笑んだ。
「えっ呼び捨てでいいぜ。俺達もう仲間なんだからな」
「じゃぁ健兄ぃって呼んでいっすか」
「あぁいいぜ」
弁当を食べながら色んな事を離した。今日行く温泉の事、SNSの事、俺達の事。俺達は語り合った。
「健兄ぃ。宣兄ぃともうやったんすか」
紘一が卑猥な声を上げる。
「この前廃工場でやったの見てただろ」
「そうじゃなくって……」
言葉を濁した健太郎。目が細くなった。
「う、うん、毎日やってる。処女の捧げた」
「健、余計なこと言うな」
「えっ健兄ぃバリタチっすよね」
俺の言葉を無いがの如く紘一が健太郎に話しかける。
「こいつにならってさ……俺から頼んで挿れて貰った」
健太郎が顔を赤らめてる。俺に目を呉れた。こんな所もやはり可愛い。そっと手を握る。健太郎の温もりを感じた。車中話が盛り上がる。紘一が清貴に視線をぶつけた。
「兄貴さぁ…ほらこの前…」
紘一が清貴に話し掛けた。
「うんうん、俺も見たぜ。面白かったな」
「兄貴か……」
健太郎がポツリと声にした。
「あ・に・き」
俺が健太郎にに声を掛けるとがはにかんでいた。電車がホームに入る。俺達は温泉の有る駅に到着した。爽やかな秋の風に包まれる。レンタカーを借りると少しドライブした。灯台、岬、自然が造った勇壮な岩。潮風を感じながら海辺を堪能した。木々が少し色付き始めている。夕刻俺達は宿に着いた。
「予約していた杉村ですが……」
「杉村様お待ちしておりました」
チェックインを済ませた。
「貸切露天行こうぜ」
「おっいっすね」
健太郎の声に俺が応えた。紘一と清貴は頷いている。其々部屋に入った。8畳の和室。広縁から望む山々の眺望が中々いい。窓からは雄大な海原が望めた。浴衣に着替える。露天風呂に向かった。湯煙が立ち込めている。眼下に海が広がっていた。俺と健太郎が並んで浸かる。清貴と紘一が向かい側に並んで浸かった。
「気持ちいいよな」
「あぁ…癒される」
健太郎の声に俺が応える。向かい側では紘一と清貴がイチャイチャしていた。
「止めろ。それ以上したら勃っちまうだろ」
「兄貴が先に手ぇ出してきたんだろ」
夕景 (2)
紘一と清貴の視線が交わっている。ほのぼのとしたものを感じた。空が黄昏てくる。
真っ赤な夕陽に包まれた。8つの瞳が夕焼けをぼーっと見ている。海面が朱に染まった。
「綺麗だな」
健太郎がポツリと声にする。俺、紘一、清貴の首が縦に振られた。茜色の空が星空に変わっている。俺達じは其々カラダを洗うと風呂を上がった。健太郎がを締め込んでいる。何度も見ている健太郎の姿。今日は一層逞しく見えた。前袋から食み出た剛毛。たまらなかった。
「カッコいいぜ。惚れ直しちまった」
俺は後ろから抱きしめる。健太郎のケツ穴にちんぽを擦り付けた。
「お前もカッコいいぜ」
健太郎がカラダを捩る。軽くキスをした。
「宣兄ぃ、健兄ぃあちいぜ。ほら飯行くぞ」
清貴の声。にんまり笑っていた。浴衣を羽織りる。露天風呂を後にした。向かったのは階上レストラン。個室に通される。俺達はテーブルを囲んだ。俺の隣には健太郎が紘一の横には清貴が座っている。ジョッキビールが運ばれてきた。
「仕置き隊は解散する。今後再結成することが無いように願いたい」
俺が声にする。カチンカチンカチンジョッキが触れ合った。海の幸満載の料理。俺達は堪能した。話が盛り上がる。時間がゆっくりと過ぎていった。
「そろそろお開きにしようか」
「そうだな」
俺の問い掛けに健太郎が応えた。レストランを出る。俺達は部屋へと向った。
「じゃぁな」
「あぁ明日な」
俺達は明朝の再会を約束して別れる。部屋の扉が開いた。襖を開くと2組の布団が敷かれてある。照明を落とし枕元の行燈を燈した。淫猥な光が布団を照らしている。俺は片方の布団に入ると健太郎が傾れ込んできた。
「なぁ挿れてくれよ」
健太郎の声。目が昂揚していた。浴衣の襟元が手を突っ込み乳首に指を這わせる。そこは既に勃起していた。健太郎の浴衣を脱がせる。逞しい健太郎のカラダが現れた。熱い胸板、太い二の腕、前袋はぷっくりと膨らんでいる。を解いてやると弾けるようにちんぽが飛び出した。俺も浴衣を脱ぎ去る。を解いた。晒された俺のちんぽ。そいつは既に息衝き天を仰いでいる。健太郎が俺のちんぽに武者ぶり付いてきた。ジュルッジュルッとしゃぶり込んでくる。金玉袋が握られた。健太郎のカラダが反転する。眼前の健太郎のちんぽ。俺は舌を這わせる。根本から裏筋目掛けて舌が這い上がった。唇で亀頭を挟むとゆっくり呑み込み始める。健太郎のちんぽに舌を絡めた。溢れ出てくる健太郎の我慢汁。俺の口の中で広がった。俺の手が伸びる。健太郎の穴口に指を這わせた。健太郎のカラダが震える。俺のちんぽが放たれた。
「兄貴、欲しくなったみてぇだな」
健太郎の目。明らかに欲情していた。両脚を抱え上げる。まんこ口をジュルジュル舐め上げた。
「あぁぁあぁ、あっあっいぃあっ気持ちいぃ」
野太い声喘ぎ声を上げる。俺の男の本性が覚醒した。ローションを穴と内壁に丹念に塗り込める。俺のちんぽにもしっかりとまぶした。ちんぽに手を添える。まんこ口にちんぽを宛がった。腰を軽く突いてみる。蠢く健太郎の内壁。俺はひと息に呑み込まれた。突動する俺の腰。健太郎も腰を使い始めた。
「あぁぁ、あっ…んぁ」
突き込むとヒクッヒクッと穴の中が震撼してきた。健太郎の厚い胸板がビクビク震る。健太郎のカラダを反転させた。後からガツガツ突き込んでやる。突き込みながら健太郎の耳裏を舐め上げた。
「あぁぁぁぁぁ凄ぇ…あうぅ…いっいぃあぁ、あぁ、あぁ」
また健太郎のカラダを反転させる。正常位に戻した。腰を突動させる。内壁を激しく擦ってやった。
「あぁぁぁんぁ。いい。気持ちいい」
健太郎の左脚と俺の右脚を交差させた。健太郎の右脚を肩に抱える。俺の腰がガシガシ動いた。
「んぁんぁんぁ。あぁぁぁぁぁいぃ。良すぎる」
健太郎のちんぽからトクトク我慢汁が洩れている。猛動する俺の腰。健太郎のカラダが異変を起こした。
「あぁぁ…うっ…あぁぁぁんぉあぁぁぁぁぁぁぁぁ」
健太郎が哭き叫んだ。
「あっ当たる…や、やべぇ」
「どうやべぇんだ」
「何か湧き上ってくるんだ…あぁぁぁぁぁ…そこ…あぁぁぁぁぁぁ」
俺の腰が波動する。結合部からはヌチャヌチャ卑猥な音が鳴り響いた。
「あぁぁぁ…駄目だぁ…もっ洩れる…あぅぅ、射く…射ぐっっ」
ドピュッドロッドロッドロッ。健太郎のちんぽから白濁汁が洩れている。表情が恍惚としていた。
「兄貴、凄ぇ、トコロテンしたぜ。堪んねぇ。上がるぜ」
俺の腰が激しく動いた。突き込みながら健太郎に乳首に指を這わせる。健太郎は自分でちんぽを扱き始めた。
「あぁぁぁぁぁ宣、堪んねぇ。もっと、もっと激しく突いてくれよ」
「判ったぜ」
正常位に戻した。健太郎の両足首を握る。俺の腰が烈動した。健太郎の内壁が弛緩と収縮を繰り返してくる。パンパンパン…パンパンパン…パンパンパン俺のカラダが健太郎を叩いた。
「あぁぁ堪んねぇ…締まるぜ。んくぅ射きそうだぜ」
「あぁぁぁぁ俺も、あぁぁあぁぁまたんぁんぁまた、射きそう」
「あぁぁぁぁぁぁ…射く、種注ぐからな」
健太郎の首が縦に動いた。
「あぁぁぁぁぁぁぁ…兄貴ぃ…射く、射ぐ…射くっっっ」
「おぉぉぉんぁぁ…射ぐ、射く、んぁぁぁぁ射くぅ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュッビュッビュッ…ビュッビュッビュッ健太郎ちんぽを扱きながら白濁汁噴き上げた。ちんぽを引き抜くと健太郎の隣に横になる。自然に唇が合った。
「宣、最高だったぜ」
「兄貴、トコロテンしやがってよ」
「へへ……」
頬をほんのり朱に染めている。無茶苦茶可愛く思った。
「俺も最高に気持ち良かったよ」
健太郎がギュッと抱きしめてくれる。唇が自然に合った。健太郎のオスの薫りに包まれる。背中に回った健太郎の腕に力が籠もった。健太郎のちんぽを静かに握る。精を放った健太郎のちんぽ。息を荒げ脱力しかけた面様とは裏腹に、萎えてはいなかった。健太郎にちんぽを握られる。萎えかけていた俺のちんぽが頭をもたげてきた。
「兄貴、今度は俺が挿れて貰う番だからな」
ローションを自分の穴口に塗り込んだ。健太郎の上に跨る。後手に健太郎のちんぽを掴むとまんこに宛がった。カラダを沈める。健太郎の本竿が俺の中に入ってきた。
「あぁぁぁぁぁ凄ぇ…硬ぇ…は、挿いってくる」
根元まで呑み込むと俺は腰を上下に振り始める。その動きに合わせて健太郎が突き上げてきた。健太郎の手が伸びる。俺の乳首に指が這ってきた。健太郎の腰が突きあがる。ちんぽが思いもよらぬところを擦ってきた。
「あぁぁぁぁぁぁぁ…あっあっいぃ」
健太郎を抱き起した。向かい合う体位になる。腰を振りながら唇を貪り合った。
「あぁぁいぃ…堪んねぇ」
「俺もいいぜ。おら突いてやるからな」
時折勃起した乳首同士が触れ合った。カラダがガクガクと震える。堪らない感覚が俺を襲ってきた。
「んぁぁぁぁぁいい。はぅ、あっあぁ、気持ちいい」
健太郎に押し倒される。俺の上に重なった。猛動する健太郎の腰。俺の未知の部分を擦ってきた。
「あぁぁぁぁぁ、奥の方まで入ってる。いい、んぁぁいい」
「宣、可愛いぜ。もっと哭かせてやるからな」
健太郎の腰が波動した。ちんぽがうねりながら内壁を擦ってくる。強い波が俺のおまんこに伝ってきた。
「あぁぁぁぁいぃ…あっ当たるぅ…んぁぁんぁ」
「ここだな。おらよ。突いてやるからな」
健太郎の腰が縦横無尽に俺の中で暴れる。見上げると額に汗を滲ませていた。
「あ、兄貴、堪んねぇ…凄ぇ気持ちいい」
「俺もいいぜ。お前のまんこ俺のちんぽに纏わりついてくるぜ」
健太郎の腰が加速度的に早くなる。俺の内壁が健太郎のちんぽに翻弄された。
パンパンパンパンパンパン…パンパンパンパンパンパン…パンパンパンパンパンパン…パンパンパンパンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。ちんぽを握る。自分で扱こうとした。
「駄目だぜ。俺が射かせてやる」
手が除けられた。ちんぽを握られる。突き込みながら俺のちんぽを激しく扱いてきた。
「あぁぁぁぁやべぇ。きっ気持ちいい」
「俺もそろそろやべぇぜ。くっそう締まるぜ」
健太郎の額の汗が一粒俺の顔に落ちてきた。俺を感じさせようとしている健太郎。その姿を見ると一気に何かが湧き上がってくる。金玉の奥で雄汁が射き場を探し始めた。
「んぁぁぁぁぁやべぇ。ヒダみてぇのが絡まってくる。んくぅ種付けるからな。俺のガキ孕めよ」
俺はコクンと頷いた。ジュグッジュグッジュグッと淫猥な交尾音が鳴り渡る。健太郎の腰が激しく動いた。
「んぉぉぉぉぉぉ、あぁぁぁぁぁぁぁ射く、うぁぁ射ぐ…うぅぅ射ぐ」
内壁の奥の方に健太郎の汁がぶち当たってくる。その感触に俺は一気に上り詰めた。
「んくっんくっんくっ、あぁぁぁぁぁんぁぁ射ぐ、あぁぁ射く…兄貴ぃ射ぐ」
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ健太郎に扱かれながら乳白色の男の粘液を噴上げた。視線が交差する。健太郎が荒い呼吸をしていた。クイックイックイッと健太郎のちんぽが俺の内壁を摩る。静かにちんぽが引き抜かれた。健太郎が俺のちんぽをしゃぶっている。健太郎のカラダが反転した。俺も健太郎のちんぽを頬張る。舌を絡めた。
「兄貴の汁美味ぇ」
「宣の汁も美味ぇぜ」
優しく抱きしめられる。静かに唇を合わせた。舌が絡まる。2人の残り汁が口の中で融合した。
「兄貴ぃ凄ぇ良かった」
「お前のまんこ良過ぎるから俺もうヘトヘトだぜ」
健太郎の左胸に手を当てる。ドックンドックンと激しい鼓動が伝ってきた。激しかった交わりの後の気怠い時間。互いの体温を感じ合っていた。どれ位の時間抱き合っていただろう。逞しい健太郎のカラダが俺を包んでくれた。
「中庭散歩しようか」
ぼそっと健太郎が声にする。
「うん、いっすね」
俺は応えた。ひんやりとした夜風が火照ったカラダを優しく包んでくれる。深夜の中庭。池の畔を歩いていくと黒い2つの影が目に入ってくる。清貴と紘一がキスしていた。俺達はその場を静かに立ち去る。池の逆側のベンチに座った。
「あいつら幸せそうだったな」
健太郎がぽつりと声にする。
「うん…俺も幸せだぜ」
「あぁ俺もだ」
健太郎の顔が近づいてきた。唇が寄ってくる。静かに唇が触れ合った。舌が深く入ってくる。自然に絡んだ。カラダが蕩けそうなキッス。ちょびっと切なくなった。
「宣……」
「ん、何……」
健太郎の一途な目。途轍もなく澄んでいる。俺はこの目が大好きなんだ。
「愛してる」
「俺も愛してる。あ・に・き」
甘えるように抱きついた。
「部屋戻ってもう1発やるか」
「うん」
結局この晩、其々1発種を付ける。汁も呑み合った。激しい交尾の残響音が頭の中を駆け巡る。何時しか健太郎の逞しい胸に抱かれながら微睡の中に落ちていた。

60代からでも精力アップ効果実績多数

シトルリンマグナム(シトルマグナム)

シトルリンマグナム(シトルマグナム)


シリコン製ティアドップコックリング (SM)

シリコン製ティアドップコックリング (SM)


交尾屋ガテン親父

交尾屋ガテン親父


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2015/10/18 07:51 ] 社内仕置き隊 | TB(-) | CM(0)

社内仕置き隊⑤

 朝の風が動き始め、明るさが訪れる。俺は目覚めた。健太郎ははまだ寝息を立てている。その面構えはやけに男臭い。股間のものはしっかりと朝勃ちさせていた。こんもりとした陰毛の中から天を衝いている。手で握るとそこは一回り大きく膨らんだ。舌先をチロチロ亀頭の割れ目に這わせる。次に付け根辺りから裏筋目掛けて舐め上げた。
「宣、俺のちんぽに何してんだ」
健太郎が目覚める。視線がぶつかり合った。
「兄貴、これ俺のもんだぜ」
「じゃぁこれは俺のもんだな」
健太郎の手が俺のちんぽに伸びてきた。
「俺にもしゃぶらせろ」
俺はカラダを反転させる。シックスナインの体位になった。俺のちんぽが生暖かい健太郎の口に含まれる。舌がネットリと絡んできた。金玉をヤワヤワと握られる。俺も健太郎のちんぽをしゃぶり込み金玉を握った。腰が自然に動き出す。健太郎の我慢汁が口の中に広がった。
「んん、ん、んん」
「ん、んん、ん」くぐもった喘ぎ声が2人の口から洩れた。しゃぶり込みながら健太郎のまんこ口に指を這わせる。健太郎も俺のまんこ口を指でなぞった。
「あぁぁ…疼くぜ」
「んぁぁ…俺もっす」
視線が交差する。淫猥な光を俺に浴びせてきた。
「うなぎしようぜ」
健太郎鞄から取り出した。それは双頭のディルド。2人のまんこにディルドが嵌められる。グイッグイッグイッと腰を動かした。
「あぁぁぁぁ堪んねぇ」
「俺もいい。気持ちいい」
健太郎の野太い喘ぎが耳に響いてくる。脚が交差した。抱き合いながらちんぽ同士を合わせる。健太郎が2本のちんぽを合わせ扱いた。
「あぁぁ堪んねぇ。兄貴のちんぽ暖っけぇ」
「俺もいいぜ。おら扱くぞ」
俺は4つの金玉を合わせ捏ね繰り回した。クチュックチュックチュッと隠微な音が鳴る。亀頭と亀頭竿と竿、そして金玉同士が戦いだ。その時スマホが着信を知らせる。清貴だった。
「出ろ」
健太郎の声。俺は渋々電話にでた。
「う、うん、あぁ、判った。じゃ、じゃぁ30分後」
上擦った俺の声。電話を切った。ディルドがまんこを刺激する。ちんぽ同士が激しく絡み合った。
「あぁぁぁぁぁ兄貴ぃ射く…射く」
「俺も…射く…射く…宣ぅ」
俺達は名前を呼びあいながら白濁汁を噴き上げた。
ドピュッドピュッドピュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ
ドピュッドピュッドピュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ
「はぁ朝からやっちまったな。気持ち良かったぜ」
「うん……」
健太郎の言葉に俺は応える。同時に寄り添った。抱き締められる。健太郎の熱を感じた。
「そろそろ行かねぇとな」
「うん」
健太郎の声が優しく耳に響いた。シャワーを浴びる。俺達はの褌を交換して締めた。
「やべぇ兄貴が締めたやつだと思うとまた勃ちそうになるぜ」
「ははは、俺もだ。こいつがお前のちんぽと金玉包んでたんだよな。あっやべぇ」
身繕いをした。軽く唇を合わせる。俺達は部屋を後にした。朝の澄んだ空気を感じる。待ち合わせ場所の階上レストランの前に行くと紘一達は既にきていた。朝の挨拶を交わして中に入る。店員が窓際の席に案内してくれた。
「宣兄ぃ、さっきしてたんでしょ。声上擦ってたし…」
清貴が隠微に声にする。俺と健太郎が視線を合わせた。
「あっやっぱり」
健太郎の頬が赤くなっている。
「へへまぁな」
ちょびっと照れる。俺ははにかみながら声にした。今日は海辺の遊歩道を散策する。片道3キロの散歩道。景勝地が数箇所あると聞いた。
「遊歩道からちょっと入った所に余り知られてない、パワースポット有るらしいよ」
紘一が目を輝かせながら声にした。
「じゃぁそこも行こうぜ」
健太郎が元気良く声にする。俺達はホテルを後にした。空を見上げる。遠くに真っ白な雲が浮かんでいた。
ぽっかり雲
海岸線に向って歩み始める。海辺の遊歩道に入った。朝日を受けて銀を流したように海が光っている。樹木の間から木漏れ日が差込んできた。暫らく歩いていくと白い砂浜とコバルトブルーの海が目に飛び込んでくる。俺達は砂浜に降りた。ズボンを捲り脚を海につける。秋の海水はちょびっと冷たかった。遊歩道に戻る。また歩み始めた。途中漁師飯の店に入る。俺達はぶっ掛け漁師飯を頼んだ。
「頬っぺたにご飯粒付いてるぜ」
「えっ何処にだよ」
「此処だぜ」
健太郎の頬っぺたに付いたご飯粒を取ってやる。隙を見て唇にチュッとした。
「バカやろ。いきなり何するんだ」
「へへ嬉しいくせによ」
迎えに座っている清貴と紘一。同じようにいちゃついていた。
「そろそろ行くぜ」兄貴の言葉に俺達は動き始める。少し小高くなった処に昇った。広い海原が眼下に広がっている。息を大きく吸うと爽やかな気持ちが湧き起こってきた。午後の柔らかな陽射しが照らしてくる。俺達はパワースポットに向った。
「あっこっちみたいだぜ」紘一の声。お地蔵さんが立ってる所を右に曲がる。道なりに歩いて行った。
「あっここみたいだぜ」
紘一が声を張り上げる。細い丸太をあしらった土の階段を清貴と紘一が手を繋ぎながら昇る。俺と健太郎も手を繋ぎながら後に続いた。
「あっあれだぜ」
清貴が紅い祠を指差した。風が騒ついてる。木々の葉っぱがぶつかり合い戦いだ。暗雲が立ち籠める。一瞬の気象の変化にたじろいだ。石で出来た手水鉢の水で手を清める。清貴と紘一の目が合った。
「行くぞ。紘一」
「うん」
最初に清貴と紘一が祈念する。俺と健太郎は傍らから見守った。
「俺達の番だぜ」
健太郎の言葉に俺は首を縦に振る。祠の前に兄貴と並んで立った。一緒に賽銭を投げる。勢い良く鈴を鳴らした。兄貴と視線が交差する。心を静めた。深く礼を2回する。胸の高さで手を合わせると2回叩いた。心を籠めて祈念する。もう1度深く礼をした。この時異変が起きる。立ち籠めていた暗雲がすうーと消えた。陽光が射し込んでくる。その色は金色に見えた。俺と健太郎、清貴と紘一。俺達は神前で永久の愛を誓った。仕置き隊解散旅行も終盤。駅に戻る。お土産を買うと帰りの電車に乗った。帰りは2人掛けの席。俺達の後ろの座席には清貴と紘一が座っている。2人の笑い声が耳に響いてきた。
「宣俺さ、お前と知り合えて良かったぜ」
「うん、俺も……」
健太郎がそっと手を握ってくる。俺は握り返した。健太郎の熱が伝ってくる。心の中がほっこりとしてきた。
「なぁ今晩どうする」
健太郎が声を掛けて来た。
「しようか」
「あんなにやったのに足らんのか」
「兄貴だってそうだろ」
「まぁな。今日は俺んちくるか」
「うん」
健太郎のちんぽを握る。そこは微かに息衝いていた。電車がホームに入る。時刻は6時を回っていた。俺達はホームに立っている。紘一と清貴目が昂ぶって見えた。
「じゃぁまたな」
健太郎が紘一と清貴に向って声を掛けた。
「うんまたな。兄ぃ達どうせ今晩やるんだろ。あんまり激しくやるなよ。明日は仕事なんだからな」
紘一が隠微に声にする。隣で清貴がニッと笑っていた。
「バカやろ。それはお前等のことだろ」
俺が言い放った。みんなの顔が綻んでいる。其々が家路へとついた。秋の夜風が優しく纏わりついてくる。金玉の奥の方が熱を持ってきた。健太郎と視線がぶつかる。瞳の奥から淫猥な光が見えた。
「帰るぞ」
「うん」
俺達を乗せた電車が動き始めた。

会社は何時ものように時を刻み始める。俺達は新管理室スタッフとして動き始めた。新たなマニュアル作る。SVの研修。スタッフ達のカウンセリング。忙しい毎日が始まった。健太郎を中心に動く新管理。今迄俺、清貴、紘一はこんなに仕事に夢中になったことは無い。仕事をするという新しい歓びを健太郎が教えてくれた。
「あっこの部分修正してくれ」
「ハイ」
「この企画あげてくれ」
「ハイ」
管理室は毎日元気な声が飛び交っている。3人の噂話は沈下することはなかった。黒い噂が次々と湧き出てくる。ネット上にも書き込まれた。晒された社内の痴態。会社は品位を大きく落とした。ざわつく社内。蔑む白い視線が3人に浴びせられる。気付くと3人の姿は社内で見掛けなくなっていた。健太郎が電話している。真剣な表情を浮けべていた。
「集まってくれ」
俺達管理室スタッフが健太郎の前に集まった。
「仁藤、阪田、西野が本部に辞意を伝えてきた」
健太郎がぽつりと声にする。その音は何気に哀感を感じた。3人が居なくなったオフィス。穏やかな時を刻み始めた。届いたひとつの噂話。それは西野の事。男に抱かれる快感、そしてMの歓びを西野は覚えた。SM系のハッテンバによく出没してるらしい。1通の差出人のない手紙が健太郎のデスクに置かれていた。
”在職中は大変お世話になりました。自分の浅はかさを反省しています。ホントに愚かでした。許されるなら何時か何処かで皆さんと一緒に仕事がしたいです。西野 力”
今会社の屋上に4人でいる。ゆっくりと陽が沈み始めた。
「あいつら元気で生きて行って欲しいな」
健太郎がぼっそっと声にする。俺達は首を縦に振った。
「でもさ、西野が居たから俺は兄貴とこうなれたんだからな」
清貴と紘一が手を繋いでいる。兄貴の手をそっと握った。優しい温もりが伝ってくる。
「兄貴、幸せになろうな」
「俺、今でも充分幸せだぜ」
「もっとだよ」
隣に清貴と紘一が居るにも拘らず俺は兄貴にキスをした。口髭が肌を擽る。隣では健之と清貴がキスをしていた。
夕陽が2つのキスを照らし大きな影を作っている。静かに太陽が西の空に沈んだ。
「さぁ、残りの仕事片づけて飲みに行こうぜ」
健太郎の声が優しく響いた。
「おぉ……」
野太い男達の声が轟いた。

漲る活力、男が勃つ

絶倫大魔王

絶倫大魔王


スクイーズボールポーチ (ノーマル)

スクイーズボールポーチ (ノーマル)


俺達の肉職交尾

俺達の肉職交尾


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)SGLRにほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村



[ 2015/10/18 07:16 ] 社内仕置き隊 | TB(-) | CM(0)