FC2ブログ














アウティング①

 俺は龍真、大学4年で応援団長をしている。身長174㌢のガチムチ体型。口と顎に髭を蓄えている。性的指向はゲイ。女には困っていない。今でも言い寄ってくる。多分俺は男に興味が有ったと思う。大学1年の夏4年の豪治団長から男の洗礼を受けた。豪治団長が卒業。俺達は疎遠になった。その後行ったハッテン場そしてSNS。六尺とも出会った。時々締めている。締まっ感じが気持ちいい。今、気になる奴がいる。同級生でテコンドーをやってる雄啓。タッパは然程変わらない。だが半袖から覗く二の腕は逞しさを物語っている。雄啓とは何度か話した事がある程度の仲だ。一度雄啓のアパートで皆で飲んだ事はあるが……雄啓にドンドン惹かれていく。雄啓はこの前アウティングに合う。ゲイだと暴露された。やったのは志保と栄太、その彼女の由美。共に同級生だ。雄啓と志保のLINEのスクショをクラスメイトに公開。そこでは言葉巧みに雄啓がカミングアウトしてる。最後に栄太と由美が嘲笑ったメッセージが残されてた。雄啓の表情が強張ている。雄啓は教室を出て行った。3人の取った行為は絶対許さない。雄啓がゲイ。もしかした俺にもチャンスがあるかも知れない。LINEによると雄啓は栄太が好きなようだ。俺と栄太はタイプが違う。俺は厳つい。一方栄太はイケメンで爽やか系だ。だが俺は思う。機会を見つけて雄啓に告ろうと思った。今、豪治先輩とカフェでテーブルを挟み向かい合って座っている。豪治先輩が視線を飛ばしてきた。
「市条例違反でイケるかも知れないぜ」
豪治先輩が言う。俺達が学ぶ街。アウティングを禁止する条例が有ると言う。スマホの画面を見せてくれた。
「栄太ってどんな奴なんだ」
豪治先輩が声にする。俺は画像を見せた。豪治先輩の目。瞳の奥からが妖しい光が見えた。
「栄太の事犯ろうか。坊主にしたら結構イケるぜ。ガタイも良さそうだしな」
「うん、いっすよ」
豪治先輩の声に俺が応える。豪治先輩が親指を立てた。雄啓が学校に来なくなって一週間経つ。アポ無しだけど雄啓のアパートに向かってる。インターホンを押した。
「ハイ」
「龍真っす。いきなりで悪かったけど大事な話があるんだ」
雄啓の声に俺が応える。開かないと思ってたドアが開いた。やつれた雄啓が立っている。髭が無造作に生えていた。
「まあ上がってくれよ」
「うん」
雄啓の声に俺が応える。中に通された。俺達はテーブルを挟み、向かい合って座ってる。出された珈琲を啜った。
「学校来いよ。お前の事は俺が守る。実は俺もゲイなんだ」
「えっ……」
俺の声に雄啓が応える。驚愕の表情を浮かべてた。他愛無い会話をする。幾分雄啓は落ち着いてきた。ピザをとる。食いながら3人への制裁の事を話した。
「お前も来てくれるよな」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。微かだが表情が明るくなっていた。
「じゃあ帰るな」
「分かった」
俺の言葉に雄啓が応える。俺達は立ち上がった。
「何で親切にしてくれるんだ」
雄啓が声にする。一瞬戸惑った。
「好きだからさ」
俺が言う。軽くキスをした。ドアを開ける。バタンと締まった。俺は思惟する。雄啓はキスを拒まなかった。もしかして脈が有るかも知れない。ちょびっと心が浮いた。迎えた決戦の日。場所はレンタルオフィスで行う。4日前雄啓が3人に送ったメール。”俺は秘密をバラされ傷付いた。お前らは市条例違反の可能性がある。話し合いしようぜ”
今、俺達はテーブルを囲んでいる。緊張が走った。雄啓が頭を丸めてる。髭が綺麗に整っていた。抱き付きたい衝動に駆られる。新しい好きが増えた。
「お前らは雄啓の性的指向をバラした。事実だよな」
俺が言い切る。3人は黙殺した。俺は証拠を投下する。3人は頷いた。
「OBの一戸です。この街は条例でアウティングを禁止している。即ち本人の了解無しに性的指向を言ってはいけない。お前らがやった事は市条例違反だ」
豪治先輩が声を上げる。3人の表情が青ざめた。
「志保、お前の秘密だ。風族で働いてるよな。大学とクラスメイトそれにお前の両親に伝えようと思っている。良いよな。お前も同じような事したんだからな」
雄啓が言う。栄太と由美が驚愕の表情を浮かべる。雄啓は資料を投下した。
「お願いします。許してください。何でもします」
志保が声にする。志保は涙目になっていた。
「お前らはどうすんだ。選択肢は2つだ。訴えられるか示談するかだな」
豪治先輩が言い切る。栄太と由美が目を見合わせた。
「済みませんでした。償います。ごめんなさい。示談に応じます。何でも言うことは聞きます」
栄太が声にする。テーブルに着く位頭を下げていた。
「分かった」
栄太の声に豪治先輩が応える。豪治先輩がニヤリと笑みを浮かべた。
「由美も良いんだな」
「ハイ償います。示談してください」
豪治先輩の声に由美が応える。其々の謝罪の言葉を録画した。雄啓への慰謝料。3人からは結構な金額を言ってきた。示談成立。書面に残した。
「栄太、何でも言うこと聞くって言ったよな。ちょっと付き合ってくれ」
豪治先輩が声にする。俺達はレンタルオフィスを後にした。これから行われる栄太への制裁第2弾。栄太に目隠しをする。俺達を乗せた車が動き始めた。転がすこと5分。とあるラブホに着いた。部屋に入る。栄太の目隠しを解いた。
「此処は……」
「ラブホだぜ。お前を女抱けねぇカラダしてやるからな」
栄太の声に豪治先輩が応える。暴れる栄太。抑えたのは雄啓の蹴り、突きだった。
「可愛がって貰え」
「嫌だ」
雄啓が言う。仰向けに倒れた栄太。雄啓の拳が振り上がった。栄太の股間目掛けて正拳。寸止めする。栄太は失禁した。
「脱げよ」
豪治先輩が言い切る。観念したのか栄太は着ているものを脱ぎ始めた。豪治先輩が目配せする。俺と雄啓が頷く。俺達は脱衣した。
「シャワー浴びるぞ」
豪治先輩が声を上げる。俺達は浴室に入った。
「儀式を行う。良いな。栄太よぉ」
「ハイ」
豪治先輩の言葉に栄太が応える。栄太の声は、やけに素直に感じた。栄太が風呂椅子に座る。俺は豪治先輩にバリカンを渡した。栄太のカラダが震えてる。栄太は丸刈にされた。
「思った通りだぜ。可愛いな。やべぇ勃ってきたぜ」
豪治先輩が声にする。豪治先輩のちんぽが半勃ちになっていた。
「下の毛も剃ってやるからな」
「えっ……」
豪治先輩の声に栄太が応える。逆らえないと分かったのか、栄太は素直に立ち上がった。シェービングジェルが濃い陰毛に塗られる。剃刀で陰毛が剃り落とされた。パイパンになった栄太。涙を零してた。俺達はシャワーを浴びる。浴室を出た。
「栄太、膝立になれよ」
豪治先輩が声にする。栄太が床に膝立になった。俺達は各々のちんぽを扱く。3本のちんぽは一気に勃起した。俺達は栄太ににじり寄る。栄太を囲んだ。
「雄啓のしゃぶらせて貰えよ」
俺が言い切る。雄啓が勃起魔羅を栄太の口に近づけた。拒む栄太。雄啓が栄太の顔を押さえる。強引に本竿をねじ込んだ。雄啓の腰が前後に動く。
ジュルジュル卑猥な尺八音が鳴り渡る。俺はちんぽを引き抜いた。
「今度はこっちだぜ」
豪治先輩が声にする。栄太は豪治先輩のちんぽを咥えた。
尺八 (6)
「タマも舐めろよ」
豪治先輩が怒鳴る。豪治先輩がちんぽを引き抜く。栄太は豪治先輩の金玉を舐めている。豪治先輩のちんぽを栄太は再度咥えた。豪治先輩が栄太の頭を押さえる。グイグイ手前に引いた。
「はぁ気持ちいいぜ」
豪治先輩が声にする。ジュルッジュルッジュルッ火照った尺八音が鳴り響く。豪治先輩が静かにちんぽを引き抜いた。今度は俺のを栄太は咥える。豪治先輩が栄太のオス穴を解し始めた。
「もっと舌使えよ」
俺が吠える。俺の腰がグイグイ動く。栄太の喉奥に俺の勃起魔羅が突き刺さる。ジュボッジュボッジュボッ昂揚した尺八音が鳴り響く。金玉の奥が熱くなる。俺はちんぽを引き抜いた。
「雄啓、処女奪ってやれよ」
豪治先輩が低い声で言う。雄啓が栄太の穴口に張り詰めたちんぽを充てがった。
「まんこに仕立てたるからな」
「い、嫌だ」
俺の声に栄太が応える。雄啓のちんぽが挿いっていく。栄太の顔が歪んだ。
「んがー痛ぇ」
「その内良くなるから我慢しろ」
栄太の声に雄啓が応える。雄啓のちんぽが埋没した。豪治先輩が栄太の乳首を舐めている。雄啓の腰がガシガシ動く。栄太を掘り続ける雄啓。栄太の表情が変わる。萎えてた栄太のちんぽが勃っていた。
「あぁぁあっ」
栄太の口から声が洩れる。栄太が感じ始めた。俺の腰がグイッグイッと動く。まんことちんぽが交わる。グシュッグシュッグシュッ結合部からは淫猥な交尾音が鳴り響いた。
「やべぇ。射かすぞ」
雄啓が声にする。パンパンパン…パンパンパン雄啓が栄太を叩いた。
「あぁぁんぁ射く。んぉぉあぁ射ぐ。あぁぁあぅ射くっ」
雄啓が射き声を上げる。雄啓は栄太の中で果てた。雄啓がちんぽを引き抜く。透かさず俺は栄太の穴口にちんぽを押し当てる。軽く腰を突く。ズブズブ呑み込まれた。俺の腰が突動する。ちんぽが栄太の中をしっくした。
「あぁぁあっ堪まんねぇ」
俺が声を上げる。俺のちんぽが栄太の奥深い所に突き刺さった。
「あぁぁんぁ、ん、んん」
栄太が喘ぐ。俺は栄太を犯し捲る。栄太のまんこ壁が激しく収縮。ちんぽが締め付けられた。
「あっ射ぐ。あぁぁあっ射く。うぅぅあっ射ぐっ」
俺が射き声を上げる。静かにちんぽを引き抜いた。雄啓とサシでやりたい。俺は大胆な行動に出る。雄啓ににじり寄った。
「俺んち行かねぇか」
俺が言う。雄啓の勃起魔羅を握る。雄啓が頷いた。
「先輩、俺達帰るな」
俺が言う。豪治先輩は栄太にガッツリ嵌めている。腰を力強く振っていた。
「おお、またな」
豪治先輩が声にする。俺と先輩は親指を立てた。シャワーを浴びる。着衣を整えた。栄太の激しい喘ぎが聞こえる。俺達はラブホを後にした。

大噴火

大噴火


コックスプリット アネックス

コックスプリット アネックス


放課後インモラル学園

放課後インモラル学園


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2019/06/29 18:29 ] アウティング | TB(-) | CM(0)

アウティング②

 今、俺んちのリビングでテーブルを挟み、向かい合って座っている。雄啓に視線をぶつけた。
、締めてみないか。お前ガタイ良いし似合うと思うぜ」
「うん。でも締めた事ねぇんだ」
俺の声に雄啓が応える。俺はニッと笑みを浮かべた。
「俺が締めてやるよ」
俺が言う。俺達は立ち上がる。寝室に入った。
「脱げよ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺達は着ている物をバサバサ脱ぐ。俺は自分にを締め始める。雄啓の視線が熱かった。今度は雄啓にを締めてやる。一端の野郎が完成した。俺達は半纏を羽織る。帯を締めた。
「飯にしようぜ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺はキッチンに立った。買ってきた惣菜を皿に盛る。テーブルに並べた。俺は席に着く。グラスにビールを注ぎ合った。
「お疲れ」
俺が声にする。グラスがカチンと触れ合った。料理を食う。ビールを飲んだ。
「栄太の事はもう吹っ切れたのか」
「あの事があってから冷めてた。でもありがとう。制裁のチャンスくれてさ。嬉しいよ」
俺の問いに雄啓が応える。俺は雄啓の隣に座った。
「雄啓を抱きたい」
俺が言う。雄啓が抱き付いてくる。仄かな若オスの薫りに包まれた。
「俺さ、いつの間にか龍真を好きになってた。今日誘われて嬉しかったよ」
雄啓が声にする。唇が寄ってきた。唇同士が触れ合う。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。雄啓の激しい鼓動が伝ってくる。唇が離れた。
「あっち行くか」
俺が言う。俺達は立ち上がる。寝室に入った。灯を燈すと、淫空間が浮かんでくる。俺達は半纏を脱いだ。改めて見る雄啓のガタイに俺はそそられる。太い二の腕、盛り上がった大胸筋。腹筋はしっかり割れている。雄啓が俺の足元に跪く。前袋に舌が這ってきた。
「いい匂いがする」
雄啓が声にする。前袋からちんぽと金玉を引き出された。金玉を握られる。雄啓の手を通し、男の血潮が伝ってきた。
「デケぇっす。握りがいがあるタマだぜ」
雄啓が言う。今度はちんぽを握られる。一気に硬くなった。
「凄ぇ。デカいっす」
雄啓が声にする。俺のちんぽが咥えられた。雄啓の顔が前後に動く。ちんぽが放たれた。
「美味ぇっす」
雄啓が言う。再度ちんぽが咥えられる。俺の顔が前後に動く。豪治先輩か俺な頭を押さえる。グイグイ手前に引かれた。
「気持ちいいぜ。雄啓よぉ」
俺が声を上げる。ジュルッジュルッジュルッ卑猥な尺八音が鳴り響く。雄啓の頭を押さえる。グイグイ手前に引いた。前袋から出された雄啓のちんぽと金玉。ゴシゴシ扱いてる。先端は我慢汁で濡れそぼってた。
「あっやべぇ射きそうだ」
俺が声を上げる。俺は雄啓の口からちんぽを引き抜いた。
「もっとしゃぶっていたかったのに……」
「後でしゃぶらせてやるからな」
雄啓の声に俺が応える。雄啓が立ち上がった。抱き寄せる。軽くキスをした。俺は雄啓の足元に跪く。雄啓の亀頭の括れを指腹で擦る。指を放すと糸を引いてた。雄啓のちんぽを咥える。俺の顔が前後に動く。喉壁が雄啓のちんぽで激しく擦られる。ちんぽを口から放し、見上げた。
「美味ぇぜ」
俺が声にする。雄啓のちんぽを頬張った。雄啓がグイグイ腰を突いてくる。張り詰めた雄啓の亀頭が喉奥にぶつかってきた。
「あぁぁあぅ気持ちいいよ」
雄啓が声を上げる。俺は激しく顔を動かした。ジュボッジュボッジュボッ火照った尺八音が鳴り渡る。雄啓のを解く。ゆらりと床に落ちた。雄啓のオス穴を撫でる。微動する雄啓のガタイ。俺は雄啓のちんぽを口から放した。
「挿れていいか」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。雄啓がベッドの上で仰向けになった。自ら両脚を抱える。俺はオス穴を覗いた。
「ヒクヒクしてるぜ」
俺が声にする。そっとオス穴を撫でた。雄啓の蟻の戸渡りに舌を這わせる。同時に雄啓ちんぽを軽く扱く。金玉を舐め上げる。今度は金玉袋を吸い込んだ。雄啓の勃起魔羅を手前に引く。指を放すと腹を叩いてた。放す穴口に舌を這わせる。ジュルジュル舐め上げた。
「あぁぁあっ」
雄啓の口から声が洩れる。俺は執拗に穴口を舐め上げた。両親指で穴を広げる。尖らせた舌を挿れていく。唾液で中を湿らせる。今度はローションを塗り込めた。指を挿れる。内壁を掻き撫でた。
「あぁぁんぁ、あっ」
「まんこ、感じるのか」
雄啓の喘ぎに俺が問う。雄啓が頷く。俺は思う。雄啓を感じさせてやりたい俺の本竿で……雄啓のちんぽを咥える。舌を絡めた。他の内壁とは違う硬い所に遭遇する。俺はそこを激しく掻き撫でた。
「あぁぁあぁ、あっあぅ」
雄啓が声を上げる。静かに指を引き抜いた。
「挿れるぞ。股開けよ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺は穴口にちんぽを宛てがった。腰をクイッと突く。ちんぽが呑み込まれ始めた。
「あぁぁあぁデケぇのが挿いってくる」
雄啓が声にする。俺のちんぽが埋没した。俺の腰がグイッグイッと動く。ちんぽか雄啓の内壁を擦り捲った。
「あぁぁあっ気持ちいい」
雄啓が声上げる。我慢汁が溢れてる雄啓のちんぽ。指腹で擦ると汁が垂れてきた。俺の腰が突動する。ちんぽが雄啓の中をまい進した。
「あっあぁぁ、いい凄ぇ」
雄啓が声を上げる。俺の腰がガシガシ動く。ちんぽが雄啓を突き捲る。雄啓の乳首に舌を這わせた。
乳首 (4)
ジュルジュル舐め上げる。雄啓のカラダが震えた。
「あぁぁんぁ龍真、いいよぉ」
雄啓が声を上げる。男臭さと可愛さを併せ持つ雄啓。俺は惹き寄せられた。唇を荒々しく奪う。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。キスしながら雄啓の乳首を摩る。唇が離れた。
「いいおまんこだぜ。俺のに纏わり付いてくるぜ」
「俺もいっす。もっと奥まで欲しいっす」
俺の声に雄啓が応える。俺の腰が激しく動く。ちんぽとまんこの粘膜同士が交差する。俺の亀頭が雄啓の奥壁を抉った。
「あぁぁあっ当る。当るよぉ」
雄啓が声を上げる。俺の右脚と雄啓の左脚を交差させた。雄啓の右脚を抱え上げる。俺の勃起魔羅が雄啓の中を疾駆した。グシュッグシュッグシュッ…ヌチャッヌチャッヌチャッ結合部からは火照った交尾音が鳴り渡る。俺の2つのデカタマが雄啓を叩いた。
「あっあぁ堪まんねぇ。あぁぁやべぇ」
雄啓が声を上げる。正常位に戻した。俺の腰が猛動する。ちんぽが雄啓の中を駛走した。雄啓が自分のちんぽを扱いてる。俺はそいつを奪う。扱き立てた。
「あっそんなぁ。射っちゃう」
「射けよ。雄啓、ぶっ放せ」
雄啓の声に俺が応える。俺の腰の動きに拍車が掛かった。ちんぽが雄啓を攻め立てる。俺は雄啓の勃起魔羅を扱き捲った。
「あぁぁあぅ射く。あぁぁんぁ射ぐ。あぁあぁあぁ射くっ」
雄啓が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ雄啓は白濁汁を吹き上げた。雄啓のまんこが急激に収縮してくる。俺のちんぽが締め付けられた。
「やべぇ。射っちまう」
俺が声を上げる。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合う。金玉の奥で潮流が蠢き出した。
「あぁぁんぉ射ぐ。んぁぁあぁ射く。うぉぉあぁ射ぐっ」
俺が吠える。俺は雄啓の奥壁目掛けてオス汁を撃ち放った。静かにちんぽを引き抜く。雄啓の胸倉に跨る。俺のちんぽは萎えていない。雄啓が俺のちんぽに喰らい付いてきた。雄啓の顔が前後に動く。俺は腰を突き込んだ。
「あぁぁん、ん気持ちいいぜ」
俺が声を上げる。雄啓のちんぽに目を遣った。自分で本竿を扱いてる。俺はカラダを反転させた。雄啓のちんぽを咥えた。俺達はちんぽをしゃぶりあっている。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ卑猥な尺八音が鳴り響く。雄啓の舌がちんぽに絡んでくる。俺も舌を駆使した。
「ん、んん、ん」
「んん、ん、んん」
2人の口からくぐもった声が洩れる。金玉の芯でオス汁が射き場を探し始めた。雄啓の金玉が競り上がっている。俺は雄啓のちんぽを口から放した。
「一緒に射かすぞ」
俺が声にする。雄啓が俺のちんぽ咥えながら頷く。俺は再度雄啓のちんぽを咥える。俺達の顔が前後に動く。俺は一気に昇り詰めた。雄啓のオス汁が俺の喉奥に打ち当る。俺も雄啓の喉壁目掛けてオス汁を撃ち放った。其々がちんぽを引き抜く。俺は起き上がる。雄啓に視線をぶつけた。2人の喉がゴクンと鳴る。濃厚な雄啓の汁が体内へと流れ落ちていった。
「はぁ美味ぇ」
2人の声が重なる。雄啓を抱き寄せた。唇を寄せていく。唇同士が触れ合う。舌を挿れた。俺達の舌が絡み合う。口の中で残り汁が融合される。唇が離れた。
「付き合ってくれるよな」
「勿論す」
俺の声に雄啓が応える。俺達はまたキスをした。豪治先輩からメッセージが届いてる。心の内側に小さな波が立った。
「豪治先輩と栄太付き合うらしいぜ」
「えぇ……」
俺の声に雄啓が応える。雄啓は驚愕の表情を浮かべてた。一緒にシャワーを浴びる。雄啓は俺んちを後にした。翌朝大学に行く。雄啓がクラスメイトと談笑している。少し安心した。
「雄啓」
俺が声にする。雄啓が頷いた。俺、雄啓そしてあの3人。教壇の上に並んでいる。俺はクラスメイト達に視線を飛ばした。
「雄啓の暴露事件あったよな。昨日こいつらを制裁した。それともう一つある。俺もゲイだ。雄啓と付き合う事にした。キモいと思ってもいい。でも雄啓に何かしたら俺が許さねぇ」
俺が言い切る。あの3人が頭を深く下げていた。由美の表情に翳りがある。栄太が目をくれた。俺は頷く。栄太が深呼吸した。
「男の人を好きになった。だから俺もゲイだ。雄啓嘲笑ったりして済まん」
栄太が声にする。由美が涙ぐんでた。始まった其々の恋。終わった恋もあるが……1週間経過する。慰謝料が振り込まれたと言う。1コインパーティを開く事にした。メールを一斉送信、参加資格はLBGTに偏見が無い事。その事が文面に記載されている。参加費は1コイン。他は雄啓が持つ。予想外の参加者に驚いた。パーティ当日。由美の表情がやけに明るい。新たな彼氏が出来たと言う。またひとつ新たな春が始まった。

絶倫の鬼

絶倫の鬼


ストリクトレザー ブルーペニスボール

ストリクトレザー ブルーペニスボール


ガキエロ丸呑み18才

ガキエロ丸呑み18才


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2019/06/29 18:19 ] アウティング | TB(-) | CM(0)

アウティング③

 季節が巡る。初夏を迎えた。水色の空が広がっている。
春の空 (1)
今日、豪治先輩達とバス旅行に行く。雄啓は拒否ってだけど俺は宥めた。場所は山間のホテル。俺達はバスに乗り込んだ。バスが動き始める。途中サービスエリアでB級グルメを堪能した。厳粛な寺院、パワースポットでもある神社。寺で厄を祓う。神社で力を授かった。夕闇に包まれる。俺達はホテルに着いた。俺達の部屋は602号室、豪治先輩達の部屋は603号室。部屋に入る。窓際迄行った。民家の灯りが優しく光っている。スマホにメールが着信した。
「貸切露天風呂に行こうってさ」
「うん、分かった」
俺の声に雄啓が応える。俺達は貸切露天風呂に向かった。背中をポンと叩かれる。振り向くと豪治先輩だった。
「おっ其処だな」
「そうっすね」
豪治先輩の声に俺が応える。俺達は中に入った。着ている物を脱ぎ始める。栄太もを締めていた。
「お前もなんだ。良く似合ってるぜ」
「ありがとう」
雄啓の声に栄太が応える。俺達は裸体を晒した。掛け湯をする。湯舟に浸かった。栄太が豪治先輩に寄り添っている。甘えるように頭を豪治先輩の肩に乗せていた。
「栄太、幸せか」
「うん、凄ぇ幸せっす」
俺の声に栄太が応える。湯のせいかも知れないが耳朶迄赤くなっていた。
「俺も幸せっすよ」
雄啓が耳元で囁く。キスしたい衝動に駆られた。
「飯行こうぜ」
「そっすね」
豪治先輩の声に俺が応える。俺達は立ち上がった。
「雄啓、半勃ちになってるぜ」
「お前もだろ」
栄太の声に雄啓が応える。俺は思う。こいつらには蟠りはないだろうと……其々カラダを洗う。浴室を出る。を締め込んだ。浴衣を羽織る。一旦部屋に戻った。今俺達は階上和食処でテーブルを囲んでいる。窓から山間の街の夜景が望めた。テーブルには豪華な料理が並んでいる。グラスにビールを注ぎあった。
「夜景に乾杯」
豪治先輩が声にする。グラスがカチンカチンと触れ合った。豪治先輩達は週に4日は逢ってると言う。俺達と変わらない。俺は栄太に目をやった。
「栄太、逢う度に挿れられてんだろ」
俺が言う。栄太がはにかんでる。だが言葉にはならなかった。
「こいつ嵌められるといい声で哭くし、ドンドン感度良くなってくんだ」
「あ、兄貴」
豪治先輩の声に栄太が応える。何となく微笑ましく思えた。
「兄貴って呼ぶんだ?」
「う、うん」
俺の問いに栄太が応える。頬が紅潮していた。男談義に花が咲く。俺達は和食処を後にした。今、俺達はベッドに横たわっている。雄啓の浴衣の襟元から手を忍ばせた。乳首に指を這わせる。指腹でコリコリ擦ってやった。
「あぁぁあっ」
雄啓の口から声が洩れる。俺の浴衣が剥ぎ取られた。乳首に雄啓の舌が這ってくる。ジュルジュル舐め上げられた。雄啓のカラダが下にズレる。俺の前袋に手が触れてきた。
今度は鼻先を当ててくる。前袋の上から軽くちんぽを噛まれた。
「はぁ凄ぇ良い匂いする」
雄啓が言う。俺の前に手が掛る。俺は腰を浮かした。俺のが説かれる。俺のちんぽが外気に晒された。雄啓が俺のちんぽに軽く触れる。瞬く間に勃起した。俺の金玉が掴まれる。雄啓は視線を飛ばしてきた。
「この中の汁全部搾り取ってやるからな」
雄啓が言う。甘えん坊だった雄啓。そんな男がこんな事も言うようになった。それはそれで嬉しい。逢う度に俺は新しい好きを見付ける。俺の本竿に雄啓の舌が這ってきた。ジュルジュル舐め上げられる。今度は亀頭の括れに舌先が転がってきた。俺のちんぽが咥えられる。雄啓の顔が上下に動く。雄啓は俺のちんぽを口から放した。
「美味ぇよ。龍真のちんぽ」
「俺にもしゃぶらせろよ」
雄啓の声に俺が応える。雄啓が立ち上がった。を解いてる。現れた雄啓のちんぽ。勃ち上がり、尖端は我慢汁で濡れそぼっている。雄啓が俺の隣に横になった。眼前に現れた逸物。俺達は咥える。顔が前後に動く。舌を絡めた。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ昂ぶった尺八音が鳴り渡る。俺は雄啓の手を取った。俺のオス穴に誘導する。雄啓に目を遣った。
「久しぶりに挿れてこいよ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺は両脚を抱え上げた。意識しておまんこをヒク付かせる。雄啓の勃起魔羅。反り返り、血管が浮き出てる。俺の穴口が幾度となく舐め上げられた。
「あぁあっあっ」
俺の口から声が洩れる。内壁と穴の回りにローションを塗り込められた。指が挿いってくる。中を掻き回された。
「あっあぁぁ、んぁ」
俺が声を上げる。俺は手を伸ばした。雄啓の本竿を握る。勃起の熱が伝ってきた。
「今、挿れてやるからな」
雄啓が言う。俺は股を開く。穴口に雄啓の勃起魔羅が充てがわれた。雄啓の腰がクイっと動く。俺は雄啓を呑み込み始めた。
「あぁぁあぅ硬ぇのが挿いってくる。堪らんぜ」
俺が声を上げる。雄啓のちんぽが埋没した。雄啓の腰がグイッグイッと動く。俺の内壁を雄啓の亀頭が擦る。唇を奪われた。舌が挿いってくる。俺達は舌を絡め合う。内壁で雄啓のちんぽを感じる。静かに唇が離れた。雄啓の腰が突動する。ちんぽが俺の中をまい進してきた。
「あぁぁあっ気持ちいい」
俺が声を上げる。雄啓の腰がガシガシ動く。張り詰めた亀頭がぶっ刺さってくる。突き込みながら雄啓は俺の乳首を舐めてきた。
「あぁぁあぅ堪まんねぇ」
俺が声を上げる。猛動する雄啓の腰。想定外の所を擦られた。
「あぁぁんぁ凄ぇ」
俺が喘ぐ。雄啓の腰が烈動する。ちんぽが俺の中を疾駆してきた。ジュグッジュグッジュグッ…グショッグショッグショッ結合部からは淫猥な交尾音が鳴り渡る。そそり勃つ俺の本竿。我慢汁が垂れてきた。
「あっあぁぁ、ん」
俺が声を上げる。雄啓の腰の動きに拍車が掛かった。奥壁に亀頭がぶつかってくる。俺のガタイが左右に捩れた。
「あっ、いい。きもぢいい」
俺が声にする。その音色は恍惚色に染まってた。俺は自分のちんぽを握りしめてる。そいつを雄啓に奪われた。雄啓が俺のちんぽを扱き捲る。奥壁を雄啓の亀頭で抉られた。
「あぁぁやべぇ。射っちまう」
俺が声を上げる。雄啓の腰がガシガシ動く。繋がるちんぽとまんこ。摩擦熱で火照る。俺のちんぽが激しく扱かれた。
「あぁぁんぁ射く。あぁあぁあぅ射ぐ。あぁあぁぁ射くっ」
俺が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺は白濁汁を吹き上げた。雄啓が俺が放った汁を指で掬っている。その指を舐めると満面の笑みを浮かべてた。
「へへ美味ぇぜ」
雄啓が言う。雄啓の突き込みが深くなった。
「龍真のまんこ堪まんねぇ。汁絞り取られそうだぜ」
雄啓が声にする。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。
「あぁあぁあっ射ぐ。んぁぁあぁ射く。あぁぁんぉ射ぐっ」
雄啓が射き声を上げる。奥壁に生暖かい汁が打ち当たってきた。
「はぁ凄ぇ良かった」
「俺もだぜ」
雄啓の声に俺が応える。ちんぽが引き抜かれた。雄啓が俺の隣に横たわる。軽くキスをした。
「俺、挿れられる方がいいな」
雄啓がポツリと声にする。俺の萎えない勃起魔羅が握られた。
「分かったぜ」
俺が言う。結局この晩雄啓に2発種付した。カーテンの隙間から白い光が差している。俺は目覚めた。雄啓の朝勃ちを握る。雄啓が目覚めた。豪治先輩からメールが着信している。8時に2階のビュッフェに行くと書いてあった。
「何してんだよ。俺にも触らせろ」
雄啓が声にする。俺の朝勃ちが握られた。雄啓に唇を寄せていく。軽くキスをした。
「シャワー浴びるぞ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺達は一緒にシャワーを浴びた。着衣を整える。俺達はビュッフェに向かった。トレイに料理を乗せる。席に着いた。時刻は7時58分。豪治先輩達が見えた。
「栄太、清々しい顔してるぜ。何発お前の兄貴に仕込んで貰ったんだ」
俺が言う。栄太が押し黙る。俺は栄太に目を遣った。デザートを食う。食後の珈琲を飲んでる。窓から見える雲。蒼い空にポッカリと浮かんでた。
「バス出るの10時だよな。それまで散歩しようぜ」
豪治先輩が声にする。俺達は荷物をホテルに預け、出掛けた。
傍らにある渓流。俺達は遊歩道を歩く。数々の滝に遭遇する。空気が旨い。さり気なく手を繋ぐ。30分程の散歩が終わった。今俺達はバスに乗っている。転がること30分。さくらんぼ農場に着いた。制限時間40分。俺達はルビー色のさくらんぼを摘み始める。食べると仄かな甘味みが広がった。直売所、売店でお土産を購入する。時刻は昼近くになっていた。ランチはバーベキュー。肉汁が口の中にに広がる。和牛を堪能した。巡った景勝地。俺達を乗せたバスは帰路に就いた。俺んちで入浴、夕飯を済ませる。一戦を交じ終えた。今、ベランダに並んで立っている。雄啓の肩を抱いた。
「あいつらのことを本心からは許せて無かったんだろ?」
「うん、でも今回の旅で栄太との蟠りは無くなった気がする。アリガト龍真」
俺の問いに雄啓が答える。雄啓が抱き付いてきた。唇を寄せていく。唇同士が静かに触れ合う。舌を挿れた。俺達の舌が絡み続ける。唇が離れた。日に日に深くなる雄啓への愛。俺は思惟する。こいつをいつまでも守っていこうと……
季節が巡る。秋を迎えた。大学の銀杏の木が黄金色に輝いている。俺達は念願の会社から内定を貰った。今、俺達は同棲している。俺達の新居は一棟に4世帯が住む小洒落マンション。同じ棟の住人さんには挨拶を済ませた。間取り2LDK+S。サービスルームは2人の書斎にした。主寝室には新たに購入したダブルベッドを置いている。マルチジム等を置いたもうひとつの居室。トレーニングルームとして使っている。大型冷蔵庫はクラスメイトから貰った。同棲し始めて4箇月経過する。時々遊びに来るクラスメイト。勿論あの3人もくる。栄太は豪治先と一緒なことが多い。窓を開ける。昨日降った雪が銀色の世界を演じてた。


MOZ

MOZ


ペペSP バックドァ 360ml

ペペSP バックドァ 360ml


KO Legend 29 ビーバップ

KO Legend 29 ビーバップ


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2019/06/29 18:05 ] アウティング | TB(-) | CM(0)

アウティング④

 今日、デザインコンクールの賞金が振り込まれた。晩飯は雄啓の好きな、すき焼きにしようと思ってる。豪治先輩達も招待した。夕闇に包まれる。スーパーで松坂牛等を購入した。何か視線を感じる。俺は岐路に就く。マンションの前にいる。肩をトントンと叩かれた。30歳位のピザデブな女が4歳位の男の子を連れている。やけにニコニコしているが瞳の奥から卑しい光が見えた。
「あの高いお肉いっぱい買ってたよね。うちの子お肉好きだから貰って上げようか」
女が猫撫で声を上げる。俺は女に視線を飛ばした。
「断る」
俺は言い切る。女がレジ袋に手を伸ばしてきた。
「子供の前で物乞いして恥ずかしくないのか」
俺が声を上げる。女は黙殺した。元応援団長の俺。自然に声は大きくなった。
「返事しろ」
俺が怒鳴る。女が喚く。何言ってるか分からない。その時ドアが開いた。
「どうした」
「肉欲しいんだってさ」
豪治先輩の問いに俺が応える。豪治先輩が蔑んだ笑みを浮かべてた。
「知り合いなのか」
「赤の他人っす」
豪治先輩が声にする。豪治先輩が今度は呆れ顔に変わった。
「普通に無理だろ」
豪治先輩が言う。女の主張。子供が可哀想、生活が厳しい、若いんだから年上を敬えだった。
「子供を管理してるのは親であるお前の仕事。生活が厳しかったらそのGucciのバッグ売れ。普通に年上は敬ってる。お前はそれに値しない」
俺は言い切る。俺は跪く。男の子と目線を合わせた。
「お肉好きなの」
「ううん、海老フライが好き」
俺の問いに男の子が答える。俺は女を睨んだ。
「僕、ママが悪い事してるのは分かるよな」
俺が声にする。男の子が頷く。俺は男の子に耳打ちした。
「ママは物乞い。僕、恥ずかしい」
男の子が大きな声を上げる。子供を怯む女。その隙に俺は家の中に入った。施錠する。女の罵声が飛んできた。
「肉寄越せ。非常識。傷付いた。慰謝料100万払え」
女が喚く。俺達は無視した。既に3種類の副菜は出来ている。すき焼きの準備が終えた。俺達は肉を焼き始める。グラスにビールを注ぎ合う。カチンカチンとグラスが触れ合った。肉が口の中で蕩ける。食べる喜びを感じた。冷たいビールが喉を通る。カラダに沁みた。
「凄ぇ女が居るんだな。狂ってるよな」
「それにあの体型、陳腐な香水で臭かったぜ。旦那いるのかなぁ」
豪治先輩の声に俺が応える。雄啓と栄太が目をくれた。
「見たかったな」
雄啓が声にする。栄太が頷いた。あの女を肴にビールを飲み、肉を食う。すき焼きパーティーは終わった。今、俺達はローテーブルを囲んでいる。 防犯カメラの映像を確認。鮮明に映っている。インターホンが鳴った。
「おい、あの女だぜ。旦那も一緒だ。集まれよ」
俺が大声を上げる。みんなが集まってきた。
「開けるぞ」
俺が声を上げる。みんなが頷く。俺はドアを開けた。冷静そうな男が立っている。その脇にはあの女がドヤ顔を浮かべてた。
「うちの妻が松坂牛を貰う約束してたのにくれないのはどういうことですか」
「はっ約束してませんが……」
男の声に俺が応える。俺は防犯カメラの映像を見せた。男が青ざめている。女が不貞腐れてた。
「お前またやったよな。もう離婚だ」
男が言う。女が男を睨んでた。
「済みません。智仁先輩っすよね。雄啓っす」
「見た事あるなと思ったらお前かぁ」
雄啓の声に智仁が応える。俺達は連絡先の交換をした。
「改めて謝罪に来ます」
智仁先輩が言う。愕然としている。後姿が寂しく見えた。
「誰なんだ」
「高校のテコンドー部のOBで俺の初めての人っす」
俺の問いに雄啓が応える。日が開けた。蹴られたドアを確認する。傷付いてた。俺は器物損壊、窃盗未遂、脅迫罪て被害届けを提出。受理された。夜、インターホンが鳴る。智仁さんだった。ドアを開ける。いきなり土下座した。
「済みませんでした」
智仁さんが声を上げる。額が床に擦れてた。
「顔上げてください」
俺が言う。智仁さんが静かに頭を上げた。
「被害届け取り下げないでください。あいつ執行猶予中なんで実刑食らうでしょ。それで良いんです」
智仁さんが声にする。伊川 恵、28歳で智仁さんの伴侶。結婚したら豹変したと言う。智仁は普通のリーマン。それなりの収入もある。何でこんな女になったのか……智仁さんは頭を抱えてた。季節は春。街のアチコチで春の息吹を感じる。
春の芽吹き (38)
俺達は新社会人になった。智仁さんの離婚も成立。今、息子の健君と一緒に実家に住んでる。元妻の恵さんは塀の中に行ったと言う。今、俺んちのリビングのローテーブルを囲んでいる。焼酎の水割りをゴクンと飲んだ。雄啓と視線が交差する。
雄啓が頷く。雄啓がにじり寄ってくる。智仁さんが真ん中になった。
「先輩、昔思い出しませんか」
雄啓が言う。俺達は両側から智仁さんの首筋を舐めあげる。同時に雄啓が智仁さんの股間に手を這わせた。
「雄啓……」
「先輩、硬くなってきたぜ」
智仁さんの声に雄啓が応える。雄啓が智仁さんのベルトに手を掛けた。ボクブリ毎一気に引き抜く。露呈した智仁さんのちんぽ。既に天を衝いている。先っぽは我慢汁で濡れそぼってた。
「やべぇ。興奮してきた」
「先輩立ってくださいよ」
智仁さんの声に雄啓が応える。智仁さんが立ち上がった。俺が智仁さんのシャツを脱がせる。晒された智仁さんのガタイは勇猛だった。雄啓が智仁さんの勃起魔羅を手前に引く。放すと智仁さんの腹を叩いてた。俺達は智仁さんの足元な跪く。両側から智仁さんの勃起魔羅をジュルジュル舐め上げる。雄啓が智仁のちんぽを咥えた。雄啓の顔が前後に動く。智仁さんが腰を突き込んだ。
「気持ちいいぜ。雄啓よぉ」
「俺にもしゃぶらせろ」
智仁さんの声に俺が応える。俺は智仁さんのちんぽを咥えた。俺の顔が前後に動く。喉奥に智仁さんのちんぽが打ち当たってきた。ジュルッジュルッジュルッ隠微な尺八音が鳴り渡る。智仁さんのちんぽが引き抜かれた。
「俺もしゃぶりてぇ」
智仁さんが言う。俺と雄啓は着ている物を脱ぎ去る。晒された俺達のちんぽ。いきり勃っている。智仁さんが俺達の足元に跪く。2本のちんぽを握った。俺のちんぽを咥える。智仁さんの顔が前後に動く。舌がネットリと絡んできた。
「智仁さん、気持ちいいぜ」
俺が言う。俺のちんぽが放たれる。今度は雄啓のちんぽをしゃぶってた。智仁さん2本の本竿を交互にしゃぶってる。ジュボッジュボッジュボッ火照った。尺八音が鳴り響く。智仁さんのちんぽに目を遣った。
「凄ぇ勃ちっぱなしだな。あっち行こうぜ」
俺が言う。智仁さんが立ち上がる。3人はちんぽをおっ勃てながら寝室に入った。灯りを点ける。ダブルベッドが淫猥に浮かんできた。雄啓がベッドの上に仰向けになる。オス穴を擦っていた。
「智仁さん、挿れてやれよ」
俺が声を上げる。智仁さんが頷く。雄啓が自ら両脚を抱えて上げた。智仁さんが雄啓のオス穴をジュルジュル幾度となく舐め上げる。今度はローションを塗り込めた。指を挿れる。雄啓のカラダが震えた。
「あぁぁんぉ、いっす」
「今挿れてやるからな」
雄啓の声に智仁さんが応える。凶器のように反り返る智仁の道具。男の短銃を雄啓の穴口に充がった。智仁さんの腰がクイッと動く。一気に雄啓は智仁さんの逸物を呑み込んだ。
「あぁぁあっ奥迄入ってる」
雄啓が声を上げる。俺は智仁さんの脇に立った。智仁さんが俺のちんぽに喰らい付いてくる。智仁さんの顔が前後に動く。俺は智仁さんの頭を押さえる。グイグイ手前に引いた。
「あぁぁ良いぜ」
俺が声にする。智仁のオス穴に俺の手が触れた。
「出来るんすか」
俺が言う。俺のちんぽを咥えながら頷く。俺は智仁さんの口からちんぽを引き抜いた。智仁さんのオス穴を両親指で広げる。尖らせた舌を挿れていく。唾液で中を湿らせた。ローションを塗り込める。静かに指を挿れた。中を掻き撫でる。他の内壁とは違う硬い所に遭遇。俺はそこを執拗に撫で捲くった。
「あぁぁいい。本物挿れてくれよ」
智仁さんが声にする。俺は智仁さんの穴口にちんぽを充てがう。俺は腰を軽く突く。ちんぽが呑み込まれ始めた。
「挿いってくる。んぁぁデケぇ」
智仁さんが声を上げる。俺の腰がグイッグイッと動く。張り詰めた俺の亀頭が智仁さんの内壁を擦り捲くった。
「あぁぁあっ気持ちいい」
智仁さんが声にする。智仁の首を捻った。唇を荒々しく奪う。舌を挿れた。俺達は舌を絡め合う。唇が離れた。突き込みながら俺は智仁さんの首筋を舐め上げる。今度は腕を回し、乳首を弄ってやった。三位一体になってる俺達。智仁さんのの腰が、猛動する。ちんぽが雄啓の中を疾駆した。
「あぁぁんぉ堪まんねぇ」
雄啓が声を上げる。雄啓が自分のちんぽを扱き始めた。ヌチャッヌチャッヌチャッ…ジュグッジュグッジュグッ2つの結合部からは昂ぶった交尾音が鳴り響く。智仁さんの腰が突動する。ちんぽが雄啓の中をまい進した。智仁のさんのまんこが弛緩と収縮を繰り返してくる。俺のちんぽは締め付けられた。今俺達はひとつの筋肉の塊になっている。ちんぽとまんこが繋がりながら蠢いた。
「あぁぁあっ射く。あぁぁあぅ射ぐ。あぁあぁあぁ射くっ」
雄啓が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ雄啓は白濁汁を吹き上げた。
「俺も射ぐ。あぁぁあぅ射く。あぁぁあっ射ぐっ」
智仁さんが射き声を上げる。智仁さんが雄啓の中で戦慄いた。
「あぁぁんぁ射く。あぁあぁあっ射ぐ。あぁぁあぁ射くっ」
俺が智仁さんの中で雄叫びを上げる。俺達の三つ巴が解かれた。
「俺、男の方がいいかもっす」
智仁さんがポツリと声にする。少し重たく感じた。智仁さんがシャワーを浴びる。着衣を整えると俺んちを後にした。
「お前が犯られてるの見てちょびっと妬けた」
「俺もっす」
俺の声に雄啓が応える。俺達は濃厚なキスをした。

バイラグレイト

バイラグレイト


インフラタブル プライマル

インフラタブル プライマル


男子学園 07

男子学園 07


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2019/06/29 17:37 ] アウティング | TB(-) | CM(0)

アウティング⑤

 季節が巡る。初夏を迎えた。今、心が喜びで波打っている。昨日マリッジリングを買ったからだ。ゴールドとシルバーをあしらったリング。刻印はKealoha(愛しい人)と刻んで貰った。大好きな人同じ指輪を嵌めている。その事が凄く嬉しい。そんなある日、仕事が終わり、帰路に就く。途中買い物も済ませた。今、俺はキッチンに立ってる。ご飯を炊く。料理の下拵えを済ませ、風呂準備も終わった。今、褌にアイロンを掛けている。雄啓が帰宅した。
「ただ今」
「お帰り」
雄啓の声に俺が応える。雄啓が洗濯物を畳み始めた。雄啓が寝室に入る。部屋着に着替えて出てきた。
「風呂入ろうぜ」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺達は脱衣した。浴室に入る。掛け湯をした。今浴槽に並んで浸かっている。後ろから抱きつかれた。首筋を舐め上げられる。ケツタブに硬い物が当たってきた。
「雄啓……」
「ゴメン、龍真の事考えながら帰ってきたら凄ぇ興奮してきたんだ」
俺の声に雄啓が応える。雄啓に俺の手が取られた。ちんぽに誘導される。そこは息遣いていた。俺のガタイが反転する。雄啓と向かい合った。毛深い脚同士が交差する。ちんぽ同士が触れ合った。俺のちんぽが硬くなる。一気にそびえ勃った。
「立てよ」
「うん」
俺の声にに雄啓が応える。俺達は立ち上がった。俺は2本のちんぽを合わせる。ゴシゴシ扱き立てた。同時に乳首を弄り合う。時折キスをした。
「堪まんねぇ。龍真のちんぽアチぃぜ」
「お前のもアチぃぜ」
雄啓の声に俺が応える。亀頭同士が触れ合う。我慢汁が溢れてきた。クチュクチュ卑猥なズリ音がする。俺は重ねた2本のちんぽを激しく扱いた。
「やべぇ射きそうだ」
「俺もやべぇ」
雄啓の声に俺が応える。4つの金玉を捏ねくった。2本のちんぽを扱き捲る。金玉の奥がジンジンしてきた。
「あぁぁあぅ射く。あぁぁんぉ射ぐ。あぁぁあぁ射くっ」
雄啓が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ雄啓が白濁汁を吹き上げた。
「あぁぁんぉ射ぐ。あぁぁあっ射く。んぁんぉんぁ射ぐっ」
俺が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ俺は乳白色の男の粘液を飛ばした。雄啓を抱き寄せる。軽くキスをした。其々カラダを洗う。俺達は浴室を後にした。褌を締める。部屋着を羽織った。
「後仕上げたけだろ」
「うん」
雄啓の声に俺が応える。俺達はキッチンに立った。今、俺達はテーブルを挟み向かい合って座っている。グラスにビールを注ぎ合う。カチンと触れ合わせた。ご飯食べながら雄啓はニコニコしている。俺は雄啓に目を遣った。
「何か嬉しいことあったのか?」
「うん、全てだよ。指輪買って貰ったし、一緒にご飯食べられるのが嬉しいんだ」
俺の問いに雄啓が応える。雄啓の柔和な笑み。この笑顔に俺は癒されてきた。
「龍真」
「ん、何だ」
雄啓の声に俺が応える。雄啓が目をくれた。
「俺達、カラダの相性も良いしさ」
「そうだな。お前のまんこ俺仕様になってきたんだ」
雄啓の言葉に俺は応える。食事を終え、箸を置いた。
「したくなった」
俺が言う。雄啓が頷く。後片付けを始めた。食器を小洗いする。食洗に入れた。寝室のドアを開ける。灯りを燈した。淫空間が広がっている。いきなり雄啓を抱き寄せた。雄啓の分厚い筋肉から男の熱が伝ってくる。俺は雄啓の唇を奪った。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。キスしながら股間を弄り合った。既に俺達のちんぽは硬くなっている。唇が離れた。俺達は部屋着を脱ぎ捨てる。六尺一丁になった。
褌 (15)
鼓動が早鐘のように高鳴る。俺は雄啓をベッドに押し倒した。雄啓の前袋に手を這わせる。雄啓も俺のを握ってきた。
「凄ぇ。ビンビンだぜ」
雄啓が言う。雄啓が俺の前袋に鼻先を当てた。
「はぁ良い匂いする」
雄啓が声にする。俺の褌が解かれた。外気に触れた俺のちんぽ。瞬く間にいきり勃った。俺の勃起魔羅を手前に引かれる。離すと俺の腹を叩く。3度繰り返された。俺の亀頭が雄啓の指腹で擦られる。我慢汁が溢れ出てきた。
「凄ぇ。いっぺぇ出てくる」
雄啓が声にする。俺の勃起魔羅が咥えられた。雄啓の顔が上下に動く。俺は雄啓の頭を押さえる。グイグイ下に押し付けた。
「あぁぁん気持ちいい」
俺が声にする。雄啓が自分の褌を解き始めた。俺のをしゃぶりながら雄啓は、露呈した本竿を扱いてる。俺のちんぽに雄啓の舌が絡んできた。
「あっ堪まんねぇ。ゆ、雄啓、俺にもしゃぶらせろ」
俺が言う。雄啓が俺のをしゃぶりながら頷く。雄啓のカラダが反転された。眼前に現れた雄啓の本竿。血管が浮き出てる。俺は咥えた。俺の顔が前後に動く。雄啓のちんぽを深く咥える。俺の顔が雄啓の濃い陰毛に埋まった。
「ん、んん、ん」
「んん、ん、んん」
2人の口から音にならない声が洩れる。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ昂揚した尺八音が鳴り響く。雄啓のちんぽをしゃぶりながらオス穴に触れた。雄啓のカラダが微動する。2本のちんぽが放たれた。雄啓が俺に抱き付いてくる。俺の勃起魔羅が握られた。
「欲しいっす」
雄啓が声にする。雄啓が仰向けになった。
「待ってろ。今、挿れてやるからな」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。野太い雄啓の声。ヤケに可愛く感じる。こいつを何時もより感じさせたい。俺のちんぽは高度を増した。雄啓の穴口に舌を這わせる。ジュルジュル幾度となく舐め上げた。
「あぁぁあっ」
雄啓が声を上げる。両親指で雄啓のオス穴を広げた。尖らせた舌を挿れていく。俺と雄啓の我慢汁を掬う。雄啓の穴に塗り込めた。指を挿れる。何度も挿れた雄啓の穴。俺は早速前立腺を探り当てる。そこを掻き撫でた。
「あぁぁあぁ」
雄啓の口から声が洩れる。穴を解しながら俺は雄啓のちんぽを咥えた。俺の顔が上下に動く。雄啓のちんぽに舌を絡めた。雄啓のカラダが震える。俺はちんぽを口から放した。
「奥の方が切ねぇんだ」
「分かった」
雄啓の声に俺が応える。ローション無しでも大丈夫かも知れない。俺は雄啓の穴口にちんぽを押し当てる。腰を軽く突く。予想通り俺のちんぽは吸い込まれる。一気に埋没した。
「あぁぁあっ、デケぇのが挿いってる」
雄啓が声を上げる。俺の腰がグイッグイッと動く。ちんぽが雄啓の内壁を激しく擦る。唇を寄せていく。唇同士が触れ合う。舌を挿れた。俺達の舌が絡み合う。キスしながら雄啓の乳首を擦る。唇が離れた。俺の腰が突動する。ちんぽが雄啓の中をまい進した。
「あっやべぇ。何時もと違う」
雄啓が声にする。俺の亀頭が雄啓のやべぇ所を擦った。
「あっ洩れる。洩れるよぉ」
雄啓が声を上げる。ドビュッドロッドロッドロ雄啓は乳白色の男の粘液を洩らした。
「凄ぇ。トコロテンしたぜ」
俺が感嘆げに言う。俺の腰が波動する。ちんぽがうねりながら雄啓をぶっ刺した。
「あっまた洩れる。洩れるよぉ」
雄啓が声を上げる。ドビュッドロッドロッドロ雄啓が白濁汁を洩らした。俺の腰が猛動する。ちんぽが雄啓の中を疾駆した。
突き込みながら俺は雄啓の乳首を舐め立てる。今度は耳の中に舌を這わせた。
「あぁぁあぅ、いい、堪まんねぇ」
雄啓が声を上げる。俺の腰がガシガシ動く。ちんぽが雄啓の中を駛走した。まんことちんぽの粘膜同士が交差する。同時に雄啓の勃起魔羅を扱いた。
「あっそんな。射っちまう。龍真の汁感じながら射きてぇっす」
「分かったぜ。おまんこ絡めてこいよ」
雄啓の声に俺が応える。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合う。ヌチャッヌチャッヌチャッ…グシュッグシュッグシュッ結合部からは卑猥な交尾音が鳴り響く。雄啓のまんこが弛緩と収縮を繰り返してくる。金玉の中でオス汁が蠢動し始めた。
「あぁぁんぉ射く。あぁぁあぁ射ぐ。んぉぉあぅ射くっ」
俺が射き声を上げる。俺は雄啓の奥壁目掛けてオス汁を撃ち放った。雄啓の表情が忙惚としている。雄啓のちんぽを扱き捲った。
「あぁあぁあぁ射ぐ。んぉぉあぁ射く。あぁあぅ射ぐっ」
雄啓が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ雄啓は白濁汁を吹き上げた。雄啓の内壁に亀頭を擦り付ける。静かにちんぽを引き抜いた。
「龍真……」
「分かった」
雄啓の声に俺が応える。逆向きに横になった。俺は雄啓のちんぽを咥える。雄啓も俺のを口に含んだ。舌を絡める。其々のちんぽを口から放した。俺のカラダが反転する。唇を合わせた。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。口の中で残り汁が融合される。唇が離れた。
「雄啓凄かったな。トコロテンするしよ」
「俺もビックリしたぜ。こいつのせいだからな」
俺の声に雄啓が応える。俺のちんぽが握られた。
「風当らねぇか」
「うん」
俺の声に雄啓が応える。俺達は褌を締め直した。部屋着を羽織る。ベランダに出た。初夏の夜風が肌を撫でてくる。満天の夜空から星が降ってくるようだ。
「再来週旅行だな」
「うん、智仁先輩彼氏連れて来るんだろ。楽しみだな」
俺の声に雄啓が応える。雄啓に目を遣った。
「お前の笑顔好きなんだ。ずっと見ていたい。嫌か」
「嫌なはずねぇだろ。嬉しいっす」
俺の声に雄啓が応える。俺は真っ直ぐに雄啓を見た。
「愛してる」
「俺も愛してる」
俺の言葉に雄啓が応える。抱き寄せた。唇を寄せていく。唇同士が触れ合う。舌を深く挿れた。俺達は舌を絡め合う。背中に回した腕に力を入れた。カラダが蕩けそうになる。唇が離れた。アウティング性的指向等を暴露する行為。雄啓はそれに遇った。だがそのお陰で今の俺がいる。大切な人が見つかった。

黒蟻王

黒蟻王


クロデンマ3

クロデンマ3


雄ネコ男子校生

雄ネコ男子校生


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2019/06/29 17:24 ] アウティング | TB(-) | CM(0)