FC2ブログ














煌く星①

 俺は海老沼 篤弘、32歳の髭坊主。
髭 (8)
身長172㌢のガチムチ体型で学生時代は空手に励んでた。住んでるのは私鉄沿線の駅。商店街からちょっと外れた所で、凱遊舎と言うデザイン事務所を営んでいる。陽春に開設した。事務所と言っても3LDKの戸建住宅。両親が残してくれた家をリフォームした。1階にある結構広いリビング。打ち合わせにも使ってるので、直接外から入れるようにドアも付いてる。4箇月突っ走ってきた。お陰様で軌道に乗っている。主な販路はネットそして前職からの常連。1人でやってるので、面談での相談は完全予約制にしている。水曜と日曜。今月から定休日を設けた。主力商材はショップカード、ポスターそしてチラシ。リビングにお気に入りの作品を展示陳列している。家の脇に有るカーポート。俺のボロ車が停まってる。リビングに隣接している作業スペース。腰高からはガラスななっている。いつでもリビングが見えるように配慮した。防犯の為、リビングのドアは施錠してるし、防犯カメラで監視している。うちの長男佐助、豆柴のオス。警戒心が強い。2階の一部屋を与えてる。近所に住む馬渕さんは、飲食店チェーンのオーナー。付き合いは長い。結構な量のショップカードを注文してくれてる。俺が前勤めてたデザイン会社の先輩の桐田 朋美さん。2年前寿退社したが今近所に住んでいる。36歳の朋美さんは姉御肌。俺は朋姉ぇと呼び、慕っている。時々連絡してるが、やはり心強い。俺の性向はゲイ。馬渕さんと朋姉ぇも知っている。俺の理解者達だ。主に扱ってる商材はショップカード、ポスター、フォトカード等だ。この前作製した商店街合同イベントのポスター。結構評判が良かった。今、凱遊舎のリビングでテーブルを囲んでいる。メンバーは馬渕さんご夫妻、俺、萌姉ぇ。馬渕さんが今度新たな店をオープンする。ポスター、ショップカードの打ち合わせが終わった。ランチをしながら新メニューのヒントを得るお食事会をしている。料理を作ったのは俺。この手のお食事会は時々している。馬渕さんが言う。俺の料理は視点が違うと……ドアが空いた。
「ごめんください」
女性の声。樫山家の奥さんの杏奈さんだ。傍らでご飯食べてた佐助が吠える。怯えてる佐助。逃げるように犬ドアを潜った。4歳になる彩乃ちゃんを連れている。あまり関わりたくない。色んな所で悪い噂を聞いた。彩乃ちゃんが幼稚園を退園になったのは奥さんの窃盗癖だと言う。俺は立ち上がった。
「いらっしゃいませ。今、打ち合わせ中なんでご案内とかできませんが……」
「打ち合わせってランチですよね。美味しそうですね」
俺の声だけに杏奈さんが応える。ニコニコしながら上がり込んできた。
「まだ昼ご飯食べてないんですよ。いいなぁ」
杏奈さんが声にする。俺は経緯を丁寧に説明した。
「じゃぁ私達も食べて上げる」
杏奈さんが声を上げる。その時朋姉ぇがキレた。
「あんた、何しにきたんだ。物乞いか。それに人数分しかねぇんだよ」
朋姉ぇが怒気が含まれた声で言い張る。今度は馬渕さんがキレた。
「子供可愛そうだろ。情けねぇ」
馬渕さんが声を上げる。俺は彩乃ちゃんの脇にしゃがんだ。
「ママはお昼ご飯作ってくれないの?」
「パパが居る時は作るけど、ママのお洋服やバック買えないからってお昼ご飯は何処かで頂くの」
俺の問いに彩乃ちゃんが応える。杏奈さんが発狂した。喚く。喚く。何を言ってるのか分からなかったが……
「この人でなし、ケチ」
杏奈さんが声を上げる。傍らに置いてたクッキーを籠ごと持って出て行った。呆れ切った俺達。顔を見合わせる。プッと吹いた。穏やかな時が流れる。食事会が終わり、朋姉ぇと馬渕さん夫妻は凱
遊舎を後にした。温和な朝を迎える。家の回りを掃除してると勇猛なオトコと視線が交差した。
「樫山 杏奈の夫ですが昨日ランチに招待されたけど、自分達の分は無かったと激怒してるんですが……」
「分かりました。ご覧頂きたいものが有りますのでお入り下さい」
旦那さんの声に俺が応える。俺はリビングに通した。テーブルを挟み、向かい合って座る。防犯カメラの映像を見せた。旦那さんの顔をが青ざめる。旦那さんが土下座した。
「やはりそんな事でしたか。済みませんでした」
旦那さんが声を上げる。額が床についていた。
「頭上げてください。旦那さんが悪い訳じゃ無いですから……」
俺って言う。旦那さんが頭を上げる。椅子に座り直した。
「やはりこんな事かと思いました。弁償させてください」
「お気になさらないでください」
大人の声に俺が応える。旦那さんの名前は樫山 崇哉。34歳の消防士だと言う。その時佐助が駆け寄ってきた。崇哉さんの足元に座っている。クーンクーンと甘い鳴き声を上げた。
「佐助って言います」
俺が声にする。驚愕した俺。佐助は初めての人には近寄らない。朋姉ぇと馬渕夫妻にも懐くのに時間が掛かった。
「佐助、おいで」
崇哉さんが声をにする。佐助が崇哉さんに抱かれた。
「えっどうしたんですか」
「こいつは、警戒心が強いらしくて初めての人には近寄らないんです。抱かれるなんて有り得なかったんですよ」
崇哉さんの声に俺は応える。崇哉さんと佐助がじゃれ合っていた。連絡先を交換する。崇哉さんは帰った。消防士の崇哉さん。背丈は俺と然程変わらない。日に焼けた肌。顔貌は男臭い。青々とした髭剃り後、頭髪は坊主。いけない事を考える。俺は濡れてきた。翌日の水曜日。スマホがメール着信を知らせる。崇哉さんからだった。
”これから行って良い?”
”良いよ。休みで閉まってるからインターホン鳴らして”
俺は返信した。時刻は2時に迫っている。インターホンが鳴った。ドアを開ける。崇哉さんが立っていた。
「どうぞ」
「お邪魔します」
俺の声に崇哉さんが応える。手には2つの紙袋を持っていた。
「珈琲でいいですか」
「あっ済みません。ハイ、いいです」
俺の声に崇哉さんが応える。珈琲を淹れた。今ソファーに並んで座っている。至福感を覚えた。
「アッこれ」
崇哉さんが声をする。2つの紙袋を渡された。袋の中身は名店のクッキーと高価そうな籠。俺は恐縮した。
「返って済みませんね」
「そんな事ないっすよ」
俺の声に崇哉さんが応える。他愛ない会話を交わした。小一時間ほど経過する。崇哉さんがポツリポツリと語り始めた。食事は冷凍食品とかレトルトだと言う。酷い時はカップ麺。手料理は食った事が無いと聞いた。出会いは友達からからの紹介。杏奈さんの猛アプローチで付き合い始めたと言う。彩乃ちゃんは杏奈さんの連れ子。結婚1年で夫婦の営みはレスだとと聞いた。俺の脳裏を不貞の二文字が過る。崇哉さんは単なるATMだと思った。
「もしかしたら浮気してますよ」
「やっぱり、そう思いますか」
俺の声に崇哉さんが応える。俺は頷いた。
「良かったら相談してみてください」
俺が声にする。俺は弁護士の連絡先を渡した。
「ありがとうございます。電話してみるっすね」
「ああ」
崇哉さんの声に俺は応える。崇哉さんは俺んちを後にした。季節が巡る。初夏を迎えた。風の匂いが変わっている。今日新車が納車になった。佐助を抱きながら、俺は新車を見ている。杏奈さんが寄ってきた。
「あっ新車買ったんですか」
杏奈さんの声。佐助が怯えてる。俺は無視した。
「私が借りて上げますよ」
「何で上からもの言えるんだ。お断りします」
杏奈さんの声に俺は言い張った。杏奈さんがギャーギャー何か喚いてる。俺達は中に入った。何時ものように時が流れる。杏奈さんから電話があった。ママ名刺の事で相談したいと……嫌な予感がしたが、会う事にした。今テーブルを挟み、杏奈さんと向かい合って座っている。サンプルを見せた。
「へー色んなのが有るんですね」
「そうですね。ただ内はお値段少し高いんでネットで探してみた方が良いですよ」
杏奈さんの声に俺が応える。出来ればあまり関わりたく無かった。俺のスマホが電話着信を知らせる。俺は立ち上がった。
「ちょっと失礼します」
俺が言う。俺は作業場に入った。
「済みません。用事思い出したんでまた来ます」
杏奈さんが声にする。俺はOKサインを出した。西の空に陽が傾き始める。杏奈さんが再度訪れた。
「一緒に食べましょう」
杏奈さんが言う。バックから包装してる小さなチョコを2つ出した。
「紅茶淹れますね」
俺が声にする。俺はキッチンに入った。今テーブルを挟み、向かい合って座っている。杏奈さんが視線を打つけてきた。
「あっ済みません。ネットで調べたら結構安いんでそっちにします」
「そうですか。分かりました」
杏奈さんの声に俺は応える。杏奈さんは凱遊舎を後にした。翌日は水曜日。凱遊舎の休日を迎える。午後から佐助を連れて、近くに有るドックランに行った。走り回る佐助。キュンキュンキュンと
可愛い鳴き声を上げている。結局夕刻まで遊ばせた。帰路に就く俺と佐助。家が近づいてくる。俺は唖然とした。まだ一度も乗ってない新車が傷付いている。直ぐ様警察に通報した。防犯カメラの映像。パソコンとUSBメモリーに取り込んだ。犯人は樫山 杏奈。こっそり鍵を持ち出し、また返しに着ている。合鍵でも作ったのか……俺は思う。崇哉さんからこの部屋に防犯カメラが有るの聞いていなかったのかと……10分程経過。パトカーが停まった。野次馬達が集まってくる。警察官が中に入ってきた。
「防犯カメラの映像です」
俺が言う。現場検証、事情聴取。物々しい空気に包まれた。
「被害届出されますか?」
「ハイ、勿論です」
警察官の問いに俺は応える。パトカーが動き始めた。被害届を提出する。帰りはパトカーで送って貰った。樫山 杏奈、妙齢の女性で母でもある。クッキーにランチそして車。怒りよりも悲壮感を覚える。窓を開けると、初夏の風がやけに冷たく感じた。

MOZ

MOZ


涙の雫 (S)

涙の雫 (S)


発情ちょい悪OB×敏感ボディじらし狂い ガテンマッチョVSちょ…

発情ちょい悪OB×敏感ボディじらし狂い ガテンマッチョVSちょい悪リーマン


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/11/29 20:08 ] 煌く星 | TB(-) | CM(0)

煌く星②

 10時頃、杏奈さんの御両親と謝罪く来ると言う インターホンが鳴った。俺はドアを開ける。菓子折を持った崇哉さんと杏奈さんの御両親が立っていた。視線がぶつかる。いきなり土下座された。
「済みませんでした」
3人の声が重なった。
「お顔を上げてください」
俺が声にする。顔を上げた3人。悲哀感が漂っていた。
「どうぞ良かったらお入りください」
俺が言う。3人が中に入った。今、テーブルを囲んでいる。崇哉さんが視線を打つけてきた。
「本当に申し訳ございません。ただ警察沙汰だけは勘弁して頂けませんか」
「分かりました。即答は出来ませんが善処致します」
杏奈さんの父親の声に俺は応える。その震えた声にに心が痛んだ。崇哉は公務員、警察沙汰は避けたいのは分かっている。だが俺は杏奈さんは許せなかった。季節は梅雨。曇天の空から微かな光が見える。
曇天 (3)
全てが解消した。立証出来た浮気。崇哉と杏奈さんは離婚した。彩乃ちゃんを杏奈さんには任せられないと言う。彩乃ちゃんはご両親が引き取られたが、杏奈さんは勘当された。俺の車は買取、カーポートの撤去新設+慰謝料。此れは杏奈さん自身が払う事で、俺は被害届を取り消した。崇哉さんとかご両親には頼ってはいけないと……自分で責任取れと俺が言い張った。一方崇哉さんは杏奈さんと相手の男から多額の慰謝料を貰ったと言う。そして杏奈さんなは相手の奥様からも慰謝料を請求されている。不倫は誰一人幸せに出来ない。俺は思惟した。多額の借金を背負った杏奈さん。風俗に堕ちたと言う。崇哉さんは加害者の元配偶者。だが俺とは前以上に仲良くなっている。一緒に居るだけで心がときめく。仕事が終わると必ずと言って良いほど経過凱遊舎に寄ってくれる。この前初めて夕飯を食べて貰った。
「こんな暖ったけぇ飯久しぶりだよ」
崇哉さんが言った言葉が印象に残っている。目には涙を浮かべていた。今リビングのソファーに並んで座っている。焼酎の水割りが入ったグラスを傾けた。
「何で結婚したんだ?」
「子供も懐いてたし、あいつ優しかった。笑顔に癒されたよ」
俺の問いに崇哉さんが応える。高鳴る俺の鼓動。俺は崇哉さんを真っ直ぐに見た。
「その笑顔、俺じゃ駄目か」
「えっ……」
俺の声に崇哉さんが応える。その表情はやけに穏和だった。
「前、聞かれただろ。何で親切にしてくれたんだってさ」
俺が言う。崇哉さんが頷いた。
「好きだから……でもキモいよな。男同士でさ」
俺が淡々と語る。いきなり抱き寄せられた。荒々しく唇が奪われる。舌が挿いってきた。俺達の舌が絡み合う。ちんぽに血液が集まってくる。崇哉さんの股間に手を這わせた。其処は少し硬くなっている。静かに唇が離れた。
「俺の答えだ。俺、経験少ねぇけど男もイケるんだ。もしかしてお前のこと好きかもってさ」
崇哉さんが言う。喜びが心の奥から湧き上がってきた。
「篤弘、俺の事も呼び捨てろ。なっ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺は崇哉の手を握った。
「上行こうか」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。俺達は立ち上がった。階段を登る。寝室のドアを開け、灯りを燈した。オフホワイトのダウンライトが淫猥に照らしている。俺達は着ているものを脱ぐ。俺が六尺一丁になった。
なのか」
「うん」
崇哉の声に俺は応える。初めて見る訓練で鍛えられた崇哉さんのガタイ。太い首、肩の筋肉は盛り上がっている。筋肉の塊を2つ乗せた大胸筋。ローライズに包まれた男の道具は息衝いている。毛深い下半身。腹の辺りから下肢に向けて剛毛が連なっている。俺の前袋が握られた。
「硬くなってるぜ」
崇哉が言う。崇哉が俺の足元に跪いた。
「濡れてるぜ」
崇哉が声にする。俺の前袋に舌が這ってきた。
「はぁ男臭ぇ匂いがする」
崇哉が声を上げる。前袋から金玉とちんぽが引き出された。外気に触れた俺のちんぽ。既に勃ち上がっている。金玉が握られた。ちんぽに舌が這ってくる。ジュルジュル舐め上げられた。
「はぁ美味ぇぜ」
崇哉さんが声にする。今度は勃起魔羅を咥えられた。崇哉の顔が前後に動く。俺は腰を突き込んだ。
「あぁぁあっ気持ちいい」
俺が声を上げる。執拗に舌が絡んできた。
「俺もしゃぶりてぇ」
俺が言う。俺のちんぽが放たれた。崇哉が立ち上がる。俺は跪いた。崇哉のローライズを舐める。良い薫りがしてきた。
「直接しゃぶってくれよ」
「うん」
崇哉の声に俺は応える。ローライズからちんぽと金玉を引っ張り出した。其処は天を衝いている。崇哉の勃起魔羅を手前に引く。手を離すと其奴は崇哉の腹を叩いていた。
「凄ぇデカいっす」
俺が声にする。俺は崇哉のちんぽを咥えた。俺の頭が押さえられる。グイグイ手前に引かれた。俺の顔が律動する。喉奥に崇哉の亀頭がぶつかってきた。
「あぁぁんぁ堪まんねぇ」
崇哉が声を上げる。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ昂った尺八音が鳴り響く。その時だった。
「やべぇ射っちまう。あぁぁあぅ射く。んぁぁんぉ射ぐっ」
崇哉が声を張り上げる。喉奥に崇哉のオス汁が打ち当たってきた。崇哉の勃起魔羅が口から離れる。俺の喉がゴクンと鳴った。濃厚な汁が喉を通る。胃の中へと流れ落ちていった。
「美味ぇっす」
「呑んだのか」
俺の声に崇哉が応える。俺は立ち上がった。
「済まん。溜まってたんだ」
「まだまだだよな」
崇哉の声に俺が応える。崇哉のちんぽを握った。其処は衰える事なく、ビンビンになっている。優しくベッドに押し倒された。崇哉が重なってくる。勃起魔羅を俺の本竿に擦り付けてきた。
「あぁぁあぅ堪まんねぇ崇哉のちんぽ擦れて気持ちいい」
「俺もいい篤弘のちんぽ熱いぜ」
乳首が舐め立てられる。もう片方の乳首に崇哉の指が這う。指腹で摩られる。今度は指の甲で掻き上げられた。「乳首感じるのか。勃ってきたぜ」
「凄ぇ感じる」
崇哉の声に俺は応える。崇哉にオス穴を摩られた。
「使えるのか」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。崇哉のカラダが下にずれた。俺の両脚が抱え上げられる。俺は自ら膝裏を押さえた。オス穴をジュルジュル幾度と無く舐め上げられる。ケツタブをグイッと広げられた。尖らせた舌が挿いってくる。静かに舌が引き抜かれた。ローションを内壁に塗り込められる。指が挿いってきた。内壁を掻き撫でられる。俺のカラダが微かに震えた。
「あぁぁあっ」
俺の口から声が洩れる。崇哉の指が前後に動く。俺のオス穴がまんこへと変貌し始めた。
「欲しいっす」
「何が欲しいんだ」
俺の声に崇哉が応える。内壁を激しく擦られた。
「ま、まんこに崇哉のちんぽ挿れて欲しいっす」
「分かったぜ」
俺の声に崇哉が応える。穴口に勃起魔羅を押し当てられた。
「挿れるぞ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。崇哉の腰がクイッと動く。ちんぽがズボズボ挿いってきた。
「あぁぁあぁ挿いてくる。堪まんねぇ」
俺が声を上げる。奥壁に崇哉の亀頭が触れてきた。
「全部挿いったぜ」
崇哉が言う。崇哉の腰が動き始める。内壁が激しく擦られた。
「あぁぁんぁ、いい。気持ちいい」
俺が喘ぐ。崇哉の腰が突動する。ちんぽが俺の中をまい進してきた。
「んくぅ堪まんねぇ。まんこ俺のに纏わり付いてくる」
崇哉が声にする。崇哉の腰がガシガシ動く。ちんぽが俺の中を疾駆してきた。突き込みながら崇哉は俺の乳首を擦ってくる。もう片方の乳首を舐め上げられた。
「あぁぁあっ凄ぇ」
俺が声を上げる。執拗な崇哉の愛撫。耳裏、耳の中、首筋に舌が這ってきた。
「んぁんぉあぁ、あっあぁ」
攻められる毎に俺は声を洩らした。崇哉の腰が猛動する。ちんぽが俺の中を爆進してきた。荒々しく唇が奪われる。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。まんことちんぽは結ばれている。押し寄せてくる快感の波。ゆっくりと唇が離れた。
「トロンとした顔してるぜ。感じてるのか」
「あぁあぁあっ凄ぇ感じてる」
崇哉の声に俺が応える。崇哉がオス臭ぇ笑みを浮かべた。
「凄ぇ可愛いぜ。俺に突かれて善がり捲ってよぉ」
崇哉が声にする。鍛えられた強靭な腰で突き込む崇哉。同時に俺のちんぽを扱いてきた。
「あっいい。あぁぁ当たる。其処やべぇ」
俺が声を上げる。ヌチャッヌチャッヌチャッ…グショッグショッグショッ結合部から淫猥な音が鳴り響く。金玉の奥で潮流が蠢動し始めた。
「やべぇ。射っちまう」
「俺もやべぇ。射かすぞ」
俺の声に崇哉が応える。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。奥壁が張り詰めた崇哉の亀頭で抉られる。快感の波が襲ってきた。
「あっ締まる。あぁぁあぁ射く。んぉあぁぁ射ぐ。あぁぁうぅ射くっ」
崇哉が声を上げる。崇哉の汁が奥壁に打ち当たってきた。射きながら崇哉は俺のちんぽを扱き捲る。一気に俺は昇り詰めた。
「あぁぁあぅ射ぐ。あぁあぁあぁ射く。んぉあぁぁ射ぐっ」
俺が声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺が白濁汁を飛ばした。内壁を崇哉のちんぽで摩られる。静かにちんぽを引き抜かれた。崇哉が俺のちんぽを咥える。舌が絡んできた。眼前に差し出された崇哉のちんぽ。俺は口に含むと舌を絡めた。2本のちんぽが放たれる。崇哉が俺の隣に横になった。抱き寄せられる。唇が寄ってきた
。唇が触れ合う。舌が挿いってきた。舌を絡め続ける。残り汁が口の中で混ざり合う。静かに唇が離れた。
「凄ぇ良かったぜ」
「俺も良かった」
崇哉の声に俺が応える。またキスをした。俺達はちんぽを握り合う。其処はまだ萎えて無い。しっかりと勃起している。崇哉が視線をぶつけてきた。
「俺に挿れてくれよ」
「出来るのか」
崇哉の声に俺が応える。崇哉が感情を翻訳出来ないような頷き方をした。
「1回犯られたけど痛くてやめた。でもお前には挿れて欲しい」
「分かった。優しくしてやるからな」
崇哉の声に俺が応える。崇哉が頷いた。崇哉を俺の竿で感じさせる。俺は思惟した。

絶倫の鬼

絶倫の鬼


レザーアンドスチールコックリング

レザーアンドスチールコックリング


肉便器アフター 制服アナル中毒

肉便器アフター 制服アナル中毒


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2018/11/29 19:52 ] 煌く星 | TB(-) | CM(0)

煌く星③

 俺は崇哉の上に重なる。ちんぽ同士を擦り付けた。俺が起き上がる。2本のちんぽを合わせた。ゴシゴシ扱く。崇哉の熱が伝ってきた。
「あぁぁあぅ気持ちいい」
「俺もいいぜ」
崇哉の声に俺が応える。唇を寄せていく。静かに触れ合う。舌を挿れる。俺達の舌が絡み合う。俺の股間が熱くなる。静かに唇が離れた。
「俺無しではいれないカラダにしてやる。いいな」
「うん、いい」
俺の声に崇哉が応える。崇哉の乳首に指を這わせた。
乳首 (6)
指腹で擦り続ける。真ん中の突起を指の甲で掻き上げた。
「あぁあっあぅ」
「感じるみてぇだな」
崇哉の喘ぎに俺が応える。崇哉の乳首に舌を置く。ジュルジュル舐め上げた。
「あっあぁあっ」
崇哉が声を上げる。耳の中を舐め立てた。今度は首筋を舐め上げる。崇哉のカラダが微動した。
「あっあぁあぁぁんぁ」
崇哉が喘ぐ。崇哉の腕を上げる。剛毛が密生した脇に舌を這わせた。
「あぁぁんぉあっ」
声を洩らし続ける崇哉。俺のカラダがズレる。脇腹から下腹部へと舌が這う。崇哉の亀頭の割れ目に指腹で摩る。我慢汁が溢れてきた。
「凄ぇ。汁いっぺぇ出ているきたぜ」
俺が言う。崇哉の金玉に舌が這わせる。片方ずつ口で包み込むように咥え込んだ。今度は付け根辺りに舌を這わせる。雁首目掛けて舐め上げた。今度はちんぽを咥える。俺の顔が上下に動く。崇哉が腰を突き上げてきた。「あぁぁあぅ気持ちいい」
崇哉が声を上げる。俺はちんぽを口から放した。
「はぁ美味ぇぜ」
俺が声にする。再度崇哉のちんぽを咥えた。崇哉が俺の頭を押さえる。グイグイ手前に引かれた。崇哉の亀頭が喉奥にぶつかってくる。喉壁で崇哉の勃起魔羅を締め付けた。
「はぁいい。堪まんねぇ」
崇哉 が声を上げる。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ火照った尺八音が鳴り響いた。
「俺にもしゃぶらせろ」
崇哉が言う。俺は崇哉の脇に膝立ちになった。崇哉が俺の勃起魔羅に喰らい付いてくる。崇哉の顔が前後に動く。舌が俺の竿にネットリと絡んできた。
「美味ぇか」
俺が声にする。俺のちんぽを咥えながら崇哉が頷く。ジュルジュル湿った音が鳴り渡る。俺は崇哉の喉奥目掛けて腰を突いた。
「はぁ気持ちいいぜ」
俺が声を上げる。俺は手を伸ばした。崇哉のオス穴に指を這わせる。微かに震える崇哉のガタイ。俺のちんぽが放たれた。
「ホントにいいんだな」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。俺は崇哉の毛深い両脚を抱え上げた。崇哉の穴口にキスをする。ジュルジュル幾度となく舐め上げた。両親指で崇哉のオス穴を広げる。尖らせた舌を挿れていく。中をたっぷりとした唾液をまぶした。内壁に丹念にローションを塗り込める。指をゆっくりと挿れた。俺の指が前後に動く。穴を広げながら崇哉のちんぽを握る。軽く扱いた。指が増える。1本が2本になり3本になった。2本の指で左右に広げる。残りの1本で内壁を擦った。
「あぁあっ、あぁぁ」
崇哉の口から声が洩れる。遭遇した前立腺。俺は執拗に其処を掻き撫でた。
「あっあぁぁんぉ」
崇哉が声を上げる。崇哉のカラダが左右に捩れた。
「ここ気持ちいいのか」
「うん、いい」
俺の問いに崇哉が応える。確実に崇哉のオス穴がまんこへと変革するための階段を登っていった。指を引き抜く。崇哉の内壁にローションを塗り足した。俺の勃起魔羅にもローションを塗り込める。崇哉の瞼にキス。唇にチュッとした。張り詰めた俺の情欲の糸。断ち切れんばかりに緊張した。
「俺の挿れるぞ」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。崇哉の穴口に俺の本竿を宛てがった。先っちょを挿入する。少し挿れてはもそっと引く。確実に奥深い所に俺のオス竿は侵入しようとしている。僅かに抗う崇哉の内壁。半分位呑み込まれた。
「大丈夫か?」
「うん」
俺の問いに崇哉が応える。クイッと腰を突く。崇哉の顔が微かに歪んだ。
「痛ぇのか」
「ちょびっと」
俺の声に崇哉が応える。目が潤んでた。細かく抜き差しを繰り返す。萎えかけてた崇哉のちんぽを軽く握る。其処は息を吹き返し始めた。
「奥迄挿れていいか?」
「うん、来てくれ」
俺の問いに崇哉が応える。腰に力を籠めた。崇哉のカラダが脱力する。俺のちんぽは埋没した。
「挿いったぜ」
俺が言う。崇哉の手を取る。結合部に誘導した。
「凄ぇ。ズッポリ挿いってる」
崇哉が感嘆げに声にする。表情からは強張りが消えていた。
「動かすぞ」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。俺の腰が動き始めた。崇哉の内壁が俺のちんぽに絡んでくる。俺の亀頭が崇哉の内壁を静かに擦った。
「あっあぁぁ何かいい」
崇哉が言う。気付くと崇哉のちんぽは完勃ちになっている。尖端は我慢汁で濡れそぼっていた。俺の腰がガシガシ動く。ちんぽが崇哉の中をまい進した。
「あぁぁんぁ、いい。気持ちいい」
崇哉が声を上げる。突き込みながら俺は崇哉の乳首を舐め立てた。
「あぁあぁあぁ、あっあぅ」
崇哉 が喘ぐ。感じ始めた崇哉。もどかしげにカラダを捩った。
「良いのか」
「うん、凄ぇいい」
俺の声に崇哉が応える。崇哉の雁首を摩った。トクトク先走りが溢れてくる。荒々しく唇を奪う。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。静かに唇が離れた。
「あっやべぇ。当たる。当たるよぉ」
崇哉が声を上げる。突動する俺の腰。ちんぽが崇哉の中を疾駆した。
「もっと激しく突いてくれ」
「分かったぜ」
崇哉の声に俺が応える。俺の腰の動きに拍車が掛かった。ちんぽが崇哉の中を疾走する。崇哉が自分のちんぽを扱き始めた。
「あぁぁあぁ気持ちいい」
崇哉が喘ぐ。崇哉の内壁が弛緩と収縮を繰り返してくる。ちんぽが締め付けられた。
「あぁあっ凄ぇ締まりだ。堪まんねぇ」
俺が声を上げる。崇哉のちんぽを奪う。突き込みながら俺は崇哉のちんぽを扱き立てた。
「あぁぁんぁ射きそうっす」
「射けよ。ぶっ放せ」
崇哉の声に俺が応える。猛動する俺の腰。俺の勃起魔羅が崇哉を攻める。同時に崇哉のちんぽを激しく扱いた。
「あぁぁあぁ射く。んぁんぉんぁ射ぐ。あぁぁうぅ射くっ」
崇哉が声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ崇哉は白濁汁を吹き上げた。その途端崇哉の内壁が激しく収縮する。金玉の奥がジンジンしてきた。
「やべぇ。射かすぞ」
俺が声にする。崇哉が頷く。パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。
「あぁぁあぁ射ぐ。あぁぁあぅ射く。んぉぉあぁ射ぐっ」
俺が声を上げる。崇哉の奥壁目掛けてオス汁を打ち放った。ちんぽを崇哉から引き抜く。崇哉の隣に横になった。崇哉を抱き寄せる。唇を奪う。舌を挿れた。俺達は舌を絡め合う。勇猛なオスの薫りに包まれる。唇が離れた。
「堪まんねぇまんこだったぜ。名器だな」
「俺も凄ぇ良かったよ」
俺の言葉に崇哉が応える。俺達はちんぽを握り合う。2本のオス竿は萎えてはいなかった。
「まだビンビンだな」
「お前もな」
崇哉の声に俺が応える。俺達は起き上がった。向かい合って座る。毛深い脚同士を交差させた。勃起魔羅同士が触れ合う。崇哉が2本の本竿を合わせる。ゴシゴシ扱き始めた。
「あぁぁあぅ堪まんねぇ。篤弘のちんぽ、アチィぜ」
「俺もいい。崇哉のちんぽ凄ぇ」
クチュクチュ卑猥な音がする。俺は4つの金玉を合わせ、捏ねくった。乳首を弄り合う。時折キスをした。
「やべぇ、射きそうだ」
「出せよ」
崇哉の声に俺が応える。崇哉が激しくちんぽを扱く。男の熱源が伝ってくる。濡れた亀頭が俺のちんぽに擦れてきた。
「あぁぁあぅ射く。んぁぁんぉ射ぐ。うぉぉあぁ射くっ」
崇哉が吠える。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ崇哉が男の乳白色の粘液を吹き上げた。その汁が俺のカラダに降り掛かる。液が垂れてきた。
「やべぇ俺も射かすぞ」
俺が声を上げる。崇哉が俺の脚許に跪く。俺のちんぽが咥えられた。
「お前の口の中に出しちまうぞ」
俺が声にする。俺のちんぽを咥えながら崇哉が頷く。俺は崇哉の頭を押さえる。グイグイ手前に引く。金玉の奥が熱くなった。
「あぁぁあぁ射ぐ。んぉんぁんぉ射く。あぁぁあぅ射ぐっ」
俺が声を上げる。俺は崇哉の喉奥目掛けてオス汁を打ち放った。崇哉が俺の金玉を摩る。静かに崇哉の口からちんぽを引き抜いた。崇哉の喉がゴクンと鳴る。満面の笑みを浮かべてた。
「美味ぇ」
崇哉が声にする。俺達は横になった。崇哉に抱き寄せられる。自然に唇を合わせた。激しかった男同士の行為。今俺達は抱き合っている。残響を感じながら……
季節が巡る。盛夏を迎えた。一戦を交じ終え、ベッドで抱き合っている。崇哉を真っ直ぐに見た。
「崇哉、お前殆ど毎日来てるだろ。越して来いよ」
俺が言う。崇哉に目を遣った。
「えっ……」
崇哉が声にする。愉悦と困惑が混ざった表情を浮かべていた。結婚に失敗した崇哉。一緒に暮らすことに躊躇いがあるのかもしれないと思った。
「考えといてくれよ」
「分かった」
俺の言葉に崇哉が応える。4日過ぎ、夜勤明けの崇哉が見えた。
「おはよう」
「ああおはよう。飯出来てるから風呂入って来いよ」
崇哉の声に俺が応える。崇哉が頷いた。今テーブルを挟み向かい合って座っている。テーブルに並んでるのは焼き鮭、青菜の辛子和え、卵焼き。ベタな朝ご飯だ。崇哉が白飯を食い、味噌汁を飲んでいる。満面の笑顔を浮かべていた。
「あのさ、俺越してくる。悩む必要無かったよな。お前の飯旨いしさ。それにお前俺の心の奥に棲み付いているんだ」
「そうか。分かった。俺の気持ちも一緒だぜ」
崇哉の声に俺が応える。静かな喜びが水のように沸いてきた。
傍らではご飯を食べている佐助。キュンキュンキュン可愛い鳴き声を上げながら俺達の回りを駆けている。佐助も嬉しいに違いない。何時ものように1日が始まった。

大噴火

大噴火


メテオール4

メテオール4


GORILLA

GORILLA


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村


[ 2018/11/29 19:41 ] 煌く星 | TB(-) | CM(0)

煌く星④

 眩い夏の光線が差している。崇哉が越してきた。少しずつ荷物は運んでいたのだが……主寝室の大容量の収納に衣類等を収めた。今カーポートには崇哉の黄色いアウディが停まっている。俺はまだ車を買い替えてなかった。俺と崇哉と佐助。3人で撮った写真ををベースにポスターを作った。フレームに入れて寝室に飾っている。3頭のオス達の新たな暮らしが始まった。とある水曜日、凱遊舎は休業日。だが俺は急な仕事の作業をしていた。朋姉ぇからの依頼だったから無下に断れない。地域のバザーのポスターだった。何でも担当者が発注してなかったと言う。午後の穏和な光が窓から差している。どうにか作業が終わり、朋姉ぇにメールした。お礼に何かご馳走したいと……俺達の同棲祝いも兼ねたいと言う。先日開店した馬渕さんの寿司BAR豪家。其処の料理をテイクアウトしてくると言う。今日非番の崇哉が作業場に入ってきた。
「終わったか」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。椅子に座ってる俺。後ろから抱き付かれた。
「崇哉……」
「我慢出来ねぇんだ」
首筋を舐め上げられる。耳の中に舌が這ってきた。Tシャツの中に手が忍んでくる。乳首が撫でられた。
「あっあぁぁあぅ」
俺の口から声が洩れる。腕を後ろに回した。崇哉の股間に手を這わせる。其処は息衝いていた。
「凄ぇ硬くなってるぜ」
俺が言う。崇哉が椅子を回転させた。俺の足元に跪く。綿パンのチャックを下された。からちんぽと金玉を引き出される。ちんぽを咥えられた。崇哉の口中で俺のちんぽが変貌する。一気に勃起した。崇哉の顔が前後に動く。崇哉の頭を押さえる。
グイグイ手前に引いた。
「あぁぁあぅ気持ちいいぜ」
俺が声にする。ネットリ俺のちんぽに絡む崇哉の舌。しゃぶり込みながら崇哉は俺の金玉を摩ってきた。俺のちんぽが放たれる。崇哉が見上げてきた。
「はぁ美味ぇぜ。お前のちんぽ」
「今度は俺がしゃぶってやるよ」
崇哉の声に俺が応える。崇哉が頷いた。俺が立ち上がる。俺達は着ているものを脱いだ。晒された2本のちんぽ。ビンビンに勃ち上がっている。俺は崇哉の足元に跪いた。金玉を握る。真ん中の縫い目を指でなぞった。
崇哉のちんぽに舌を這わせる。ジュルジュル舐め上げた。
「はぁいい。気持ちいい」
崇哉が声を上げる。俺が崇哉の勃起魔羅を口に含んだ。俺の顔が前後に動く。崇哉のちんぽに舌を絡める。俺は崇哉のちんぽを口から放した。
「美味ぇぜ。もっと奥迄ぶっ差してこいよ」
俺が言う。崇哉の亀頭の括れを舌先で擽る。崇哉のちんぽを再度咥えた。崇哉が俺の頭を押さえる。グイグイ手前に引かれた。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ隠微な尺八音が鳴り渡る。喉奥に崇哉の亀頭が打ち当たってきた。
「あぁぁんぉ堪まんねぇ」
崇哉が声を上げる。喉壁で崇哉のちんぽを締め付けた。崇哉のオス竿をしゃぶりながら俺は自分のちんぽを扱く。俺の顔が激しく抽動した。
「やべぇ射っちまう」
崇哉が声にする。ちんぽを引き抜かれた。
「挿れたくなってきた」
「おお」
崇哉の声に俺が応える。俺は作業台の上に腹這いになった。俺のオス穴が広げられる。尖らせた崇哉の舌が挿いってきた。舌が抜かれる。内壁にローションを塗り込められた。指が挿いってくる。中を掻き撫でられた。
「あぁぁあっあぁ」
俺が喘ぐ。執拗にまんこの中を掻き回された。
「俺の挿れるぜ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。穴口に崇哉の本竿を宛てがわれた。崇哉の腰に力が籠る。ちんぽが挿いってきた。
「ズッポリ挿いったぞ」
崇哉が声にする。崇哉の腰がガシガシ動く。ちんぽが俺の中をまい進してきた。
「あぁぁんぁ気持ちいい」
俺が声を上げる。突き込みながら崇哉は俺の首筋を舐めてきた。
「あぁあぁあぅ堪まんねぇ」
俺が声にする。崇哉がちんぽを引き抜く。俺が作業台の上に仰向けにされた。穴口に崇哉の勃起魔羅を押し当てられる。正常位になった。崇哉の腰がクイッと動く。ちんぽかズボズボ挿いってきた。
「あぁぁんぉ奥迄挿いってる」
俺が喘ぐ。崇哉の腰が突動する。ちんぽが俺の中を疾駆してきた。荒々しく唇を奪われる。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。静かに唇が離れた。抱き起こされる。俺の両脚の下に崇哉の腕が入った。
「しっかり掴まってろよ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺は崇哉の首に腕を回した。
「うりゃ~」
崇哉が吠える。俺は持ち上げられた。駅弁の体位になる。俺のカラダが宙に浮く。落ちてくる所を突き上げられる。奥壁に亀頭が突き刺さってきた。
「あぁぁあぁ凄ぇ。んぁんぉんぁ」
俺が喘ぐ。俺のカラダが揺さ振られる。奥壁にぶつかってくる崇哉の亀頭。作業場の中を崇哉は歩き回った。
「あぁぁあっ良すぎる」
俺が声を上げる。作業台の上に下された。突き込みながら崇哉は俺の乳輪に舌を這わせる。真ん中の突起を甘く噛まれた。
「んぁあぁぁあっ当たるぅ」
俺が喘ぐ。俺の中を崇哉のちんぽが疾走してくる。俺は自分の勃起魔羅を扱き始めた。
「やべぇ射っちまう」
「いいぞ。射けよ」
俺の声に崇哉が応える。俺の手からちんぽが奪われた。崇哉が俺の本竿を扱き捲る。ヌチャッヌチャッヌチャッ…ジュグッジュグッジュグッ結合部からは昂った交尾音が鳴り響く。金玉の中で猛々しい溶岩流が蠢いた。「あぁあぁあぁ射く。んぁぁあっ射ぐ。あぁぁあぅ射くっ」
俺が声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺は乳白色の男の粘液を飛ばした。
「あっ駄目だ。おまんこ締まる」
崇哉の声が轟く。パンパンパン…パンパンパン俺のガタイが叩かれた。
「あぁぁんぁ射ぐ。あぅぅんぉ射く。あぁぁうぅ射ぐっ」
崇哉が声を上げる。俺の奥壁に崇哉の汁が打ち当たってきた。俺の内壁に崇哉の亀頭が擦り付けられる。静かにちんぽを引き抜かれた。抱き起こされる。唇が寄ってきた。唇同士が軽く触れ合う。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。背中に回された崇哉の腕に力が籠る。静かに唇が離れた。
「シャワー浴びるか」
「うん」
崇哉の声に俺は応える。風呂場に行く。中に入った。俺達はカラダを洗い合う。崇哉がボディスポンジにソープを泡立てる。俺のカラダを洗い始めた。
「勃ってきたぜ」
崇哉が声にする。今度は俺が崇哉のカラダを洗う。崇哉のちんぽは既に勃起している。泡ぶくだらけのカラダで抱き合った。張り詰めた本竿同士が触れ合う。亀頭と亀頭が擦れ合った。俺達のカラダが離れる。崇哉が自分のちんぽを扱き始めた。
「お前も扱けよ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺も、ちんぽを扱く。同時に乳首を弄り合う。唇が奪われる。舌が挿いってきた。俺達は舌を絡め合う。唇が離れた。クチュクチュ卑猥なセンズリ音がする。俺達は各々の勃起魔羅を激しく扱いた。
「はぁ気持ちいい」
「俺もいいぜ」
俺の声に崇哉が応える。金玉の奥が熱くなってきた。
「やべぇ射きそうだ」
「俺もやべぇ。一緒に射かすぞ」
俺の声に崇哉が応える。俺達はちんぽを扱き捲った。
「あっあぁぁ射く。あぁぁあぁ射ぐ。んぁぁんぉ射くっ」
「あぁぁあぅ射ぐ。んぁんぉあぁ射く。あぁあぁあっ射ぐっ」
俺達は同時に射き声を上げる。
ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ
ドビュッドビュッドビュッ…ビュッビュッビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ2本のちんぽから白濁汁が吹き上がった。その汁が宙を舞い、空中で絡んでいる。陽動しながら落ちてきた。抱き寄せられる。軽くキスをした。
「お前の射き顔可愛かったぜ」
崇哉が言う。俺は言葉が出なかった。でも俺は思う。俺に犯られてる時の崇哉の顔が可愛いと……
俺達は泡を洗い流した。
「上がるぞ」
「うん」
崇哉の声に俺は応える。俺達は風呂場を出た。を締める。着衣を纏った。茜色の空が夕闇に覆われる。朋姉ぇと旦那さんの修さんが訪れた。2人は大きな荷物を抱えてる。豪家の料理を並べた。今テーブルを囲んでいる。グラスにビールを注ぎ合った。
「崇哉に篤弘同棲おめでとう」
修さんが声を上げる。グラスがカチンカチンと触れ合った。ビールを飲み、料理を食べる。俺達は談笑した。
「馬渕さんから預かってるものが有るんだ」
朋姉ぇが声にする。紙包みを渡された。包みを開ける。ブランド物の腕時計。俺達は目を見張った。
「ありがたく貰っとけ。馬渕さん感謝してたよ。豪家のメニュー、篤弘が考えたものもあるんだろ」
朋姉ぇが声にする。柔和な笑顔を浮かべてた。
「裏に刻印されてるだろ。真実の愛って意味らしいぜ」
修さんが言う。裏面を見る。Amor veritatisと刻まれてた。傍らでご飯食べてた佐助。駆け寄ってくる。崇哉の膝の上に乗った。
「佐助は崇哉が好きなんだな」
「うん、崇哉が構ってると凄ぇ喜ぶんだ」
朋姉ぇの言葉に俺が応える。崇哉が穏和な笑みを浮かべてた。佐助の頭を崇哉が撫でる。クーンクーンと佐助が甘い鳴き声を上げていた。和やかな中宴が終わる。朋姉ぇ達が帰路に就いた。お幸せにと言う言葉を残して……季節が巡る。初冬を迎えた。街の樹木にはイルミネーションで彩られてる。
イルミ (2)
崇哉と暮らし始めて4箇月が経過した。家事、仕事そして佐助の世話。今迄ひとりでやっていた。今は違う。料理は俺が作っている。洗濯、掃除、料理の下準備。崇哉が積極的にやってくれる。俺達の夜の営み。挿れたり犯られたりしている。3頭のオスの暮らし。休みが合えば色んな所に出掛けてる。この前ドッグラン付きの、ペットと泊まれるホテルに行ってきた。崇哉のアウディに乗って……今日は聖夜。昼過ぎから俺達はキッチンに立った。一緒にクリスマス料理を作っている。佐助用のケーキも作った。佐助にプレゼントしたおもちゃ。今リビングで佐助はそれで遊んでいる。はしゃぐ佐助はやはり可愛い。時刻は6時に迫っている。パーティの準備が整った。もう直ぐ始まる俺達の性夜。胸が高鳴る。股間が濡れてきた。

猛牛

猛牛


プレミアシリコンバイブコックリング

プレミアシリコンバイブコックリング


淫乱鳶職人

淫乱鳶職人


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2018/11/29 19:27 ] 煌く星 | TB(-) | CM(0)

煌く星⑤

 黒い空のキャンバスに金銀の砂子で絵画が描かれている。崇哉が後ろから抱き付いてきた。
「風呂入っちまおうぜ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺達は浴室に向かった。脱衣所で着ているものを脱ぎ去る。中に入った。掛け湯をする。浴槽に向かって浸かった。俺達はにじり寄る。毛深い脚同士が交わった。崇哉を抱き寄せる。唇を寄せていく。唇同士が触れ合った。舌を挿れる。俺達は舌を絡め合う。同時にちんぽを握り合った。2本のちんぽは既に息衝いている。唇が離れた。
「其処に座れよ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺は風呂縁に掛けた。俺の勃起魔羅が反り返っている。金玉袋を吸われた。もう片方の玉に舌が這ってくる。今度はちんぽを咥えられた。崇哉の顔が前後に動く。俺が崇哉の頭を押さえる。グイグイ手前に引いた。
「あぁぁあぅ気持ちいい」
俺は声を上げる。ちんぽに舌が絡んできた。
「あぁぁあぅ堪まんねぇ」
俺が声にする。ジュルッジュルッジュルッ…ジュボッジュボッジュボッ火照った尺八音が鳴り響く。俺のちんぽをしゃぶりながら崇哉は自分のオス竿を扱いてる。金玉の奥がジンジンしてきた。
「やべぇ。射っちゃいそうっす」
俺が声を上げる。崇哉の喉壁が俺のちんぽを締め付けてきた。
「あぁぁんぁ射く。んぁぁうぅ射ぐ。あぁぁあぅ射くっ」
俺が射き声を上げる。俺は崇哉の喉奥目掛けてオス汁を打ち放った。ちんぽを崇哉の口から引き抜く。崇哉の喉がゴクンと鳴った。
「はぁ美味ぇ」
崇哉が言う。崇哉が自分のちんぽを扱き捲る。俺に視線をぶつけてきた。
「やべぇ。射っちまう」
崇哉が声にする。俺が湯船に沈んだ。崇哉が立ち上がる。俺の口の中に勃起魔羅を打ち込んできた。俺の顔が前後に動く。崇哉の亀頭が喉奥に打ち当たってきた。
「あぁあぁあっ射ぐ。んぁぁあぅ射く。んぁぁあぁ射ぐっ」
崇哉が射き声を上げる。喉奥に崇哉の濃厚なオス汁がぶつかってきた。ちんぽが引き抜かれる。俺の喉がゴクンと鳴った。崇哉の汁が喉を通る。体内へ流れ落ちていった。
「美味ぇぜ。崇哉の汁」
俺が言う。俺は立ち上がる。抱き寄せられた。唇を合わせる。舌を挿れた。俺達の舌が絡み合う。残り汁が融合される。静かに唇が離れた。
「上がるぞ」
「うん」
崇哉の声に俺が応える。俺達はカラダを洗う。浴室を出る。褌を締め込んだ。色違いのナイトウェアを羽織る。リビングへと向かった。料理の仕上げをする。テーブルに並べた。
「佐助、おいで」
崇哉が声にする。佐助が駆け寄ってきた。崇哉が佐助用のケーキを置く。佐助がそれを食べ始めた。今俺達はテーブルを挟み向かい合って座っている。グラスにビールを注ぎ合った。
「メリークリスマス」
崇哉が声を上げる。グラスカチンと触れ合う。ちっちゃなケーキの蝋燭に火を灯した。語り合いながら料理を食べる。ビールを飲んだ。崇哉が蝋燭に息を吹きかける。蝋燭の火が静かに消えた。俺がケーキを切り分ける。崇哉がひと口食べた。
「美味ぇ」
崇哉が声にする。顔が綻んでいた。喜んでくれてる。心が擽られた。俺からカシミアのセーター、崇哉から財布。プレゼント交換した。ケーキを食べ終わった佐助。駆け寄ってくる。崇哉の腿にチョコンと座った。崇哉が佐助にチキンを食べさせてる。クーンクーンと佐助が甘い鳴き声を上げた。パーティが終わる。佐助が崇哉に抱かれながら眠っていた。
「寝せてこいよ。お前も休んでろ。後片付けは俺がやっとくからさ」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。佐助を抱いた崇哉がリビングを出て行った。食器をこ洗いする。食洗に入れた。スイッチを点ける。俺は階段を上った。寝室に入る。素っ裸でちんぽを扱く崇哉。同時に自分のオス穴に指を突っ込んでいた。
「た、崇哉……」
「奥の方が切ねぇんだ」
俺の声に崇哉が応える。俺は着ているものを脱いだ。六尺一丁になる。
褌 (15)
褌を解くと崇哉の脇に立った。
「デカくしてくれよ」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。崇哉が俺のちんぽを咥えた。崇哉の顔が前後に動く。舌がネットリと俺のちんぽに絡んできた。俺のちんぽが勃ち上がる。静かにちんぽを引き抜いた。
「今、挿れてやるからな」
「うん」
俺の声に崇哉が応える。崇哉が自ら両脚を抱え上げた。既にローションが塗り込められた崇哉のオス穴。俺は勃起魔羅を押し当てた。腰をクイッと突く。ズボズボ俺の本竿が呑み込まれた。俺の腰
が突動する。ちんぽが崇哉の中をまい進した。
「あぁぁあぅ気持ちいい」
崇哉が声を上げる。崇哉の勃起魔羅。我慢汁で濡れそぼっている。突き込みながら俺は崇哉の亀頭の括れを摩ってやった。
「あぁぁあっ凄ぇ」
崇哉が声にする。弛緩と収縮を繰り返す崇哉のまんこ。俺のちんぽが締め付けられた。
「あぁぁ堪まんねぇ。凄ぇ締まる」
俺が声を上げる。俺の腰がガシガシ動く。ちんぽが崇哉の中を疾駆した。突き込みながら俺は崇哉の乳首を舐め立てる。崇哉のガタイが左右に捩れた。
「あぁぁあぅやべぇ。当たる。当たる」
崇哉が喘ぎ声を上げる。ヌチャッヌチャッヌチャッ…グシュッグシュッグシュッ結合部からは昂った音が鳴り響く。崇哉のちんぽを激しく扱いた。
「あぁぁんぉ射っちまう」
崇哉が声にする。グイグイ崇哉を突く。俺ちんぽが崇哉の奥壁を抉る。自分のちんぽを扱く崇哉。俺は其奴を奪う。崇哉のちんぽを扱く捲った。
「あぁぁんぁ射く。あぁあぁあぁ射ぐ。あぁぁうぉ射くっ」
崇哉が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ崇哉は白濁汁を飛ばした。
「んぁぁあぁ締まる。やべぇ射きそうだ」
俺が声を上げる。パンパンパン…パンパンパン俺のガタイが崇哉を叩いた。
「あぁぁんぁ射ぐ。んぉぉあぁ射く。あぁぁあぅ射ぐっ」
俺が射き声を上げる。俺は崇哉の奥壁目掛けてオス汁を打ち放った。
「まだまだだぜ」
「分かってる」
崇哉の声に俺が応える。ちんぽを崇哉から引き抜く。ローションを俺の内壁に塗り込めた。崇哉の上に跨る。後手で崇哉の勃起魔羅を掴んだ。俺の穴口に押し当てる。腰をゆっくりと沈めた。
「あぁぁんぉ挿いってくる。堪まんねぇ」
俺が声を上げる。崇哉の本竿が埋没した。俺のカラダが上下に動く。崇哉が腰を突き上げる。同時に俺の乳首が擦られた。
「あぁぁうぅ」
俺の口から声が洩れる。俺は崇哉のカラダを抱き起した。対面座位になる。唇を奪われる。舌が這ってきた。俺達の舌が絡み合う。キスしながらお互いの乳首弄り合った。唇が離れる。俺は押し倒された。正常位になる。崇哉の腰がガシガシ動く。ちんぽが俺の中を疾走してきた。俺の未知の部分が擦られる。カラダの奥から熱いものが湧き立ってきた。
「あぁぁ駄目、洩れる」
俺が声を上げる。ドビュッドロッドロッドロ俺は男の乳白色の粘液を洩らした。その汁が俺の褐色の肌を白く染めている。奥壁に崇哉の本竿がぶつかってきた。
「凄ぇ。トコロテンしたぜ」
崇哉が声にする。波動する崇哉の腰。オス竿がうねりながら突き込んでくる。その波が伝った。
「あぁぁあぁ出る。あぁぁんぁまた洩れる」
俺が声を上げる。ドビュッ…ドロッドロッドロッ俺はまた白濁汁を洩らした。崇哉の腰が猛動する。ちんぽが俺の中を爆進してきた。
「あぁぁんぉ、あぁあぁあぁ」
俺が喘ぐ。カラダが震えた。
「可愛いぜ。哭いたお前の顔も声もよぉ」
崇哉が声にする。突き込みながら崇哉は俺の乳首を舐め立てる。俺のカラダが仰け反った。
「あぁぁあぅ、んぁんぉんぁ」
俺が哭き捲る。崇哉の突き込みが深く重たくなった。俺のちんぽが扱かれる。快感の波が押し寄せてきた。
「あぁぁんぁ、当る。当るよぉ」
俺が声を上げる。崇哉を見上げた。額には大粒の汗を掻いている。一滴落ちてきた。俺を感じさせようと突き込む崇哉。まんことちんぽの粘膜同士が交差する。ジュグッジュグッジュグッ…グショッグショッグショッ結合部からは湿った交尾音が鳴り響く。崇哉の表情が恍惚となっていた。
「やべぇ。おまんこ締まる。射かすぞ。俺のガキ孕めよ」
崇哉が声にする。パンパンパン…パンパンパン…パンパンパン筋肉同士がぶつかり合った。
「あぁぁんぁ射く。あぁぁあぁ射ぐ。うぉぉあぁ射くっ」
崇哉が射き声を上げる。崇哉の種汁が雄膣にぶち当たってきた。射きながら崇哉は俺のちんぽを扱き捲る。金玉の中でドロドロしたものが蠢く。俺は瞬く間に昇り詰めた。
「あぁぁんぁ射ぐ。んくっんくっんくっ射く。んぁぁあぅ射ぐっ」
俺が射き声を上げる。ドビュッドビュッドビュッ…ビュビュッビュビュッビュビュッ…ビュッビュッビュッ俺は白濁汁を吹き上げた。ちんぽが引き抜かれる。崇哉が俺の胸倉に跨ってきた。眼前に差し出された崇哉の勃起魔羅を咥える。ちんぽに舌を絡めた。崇哉が俺の口からちんぽを引き抜く。崇哉のカラダが下にずれる。俺のちんぽを口に含んだ。ちんぽに舌が絡んでくる。静かに本竿が放たれた。崇哉が俺の上に覆い被さってくる。唇を奪われた。舌が入ってくる。俺達は舌を絡め合う。残り汁が融合される。静かに唇が離れた。
「凄ぇエロかったぜ。2発もトコロテンするしよ」
「うん、こいつのせいだろ」
崇哉の声に俺は応える。崇哉のちんぽを握った。今俺達は抱き合っている。絶頂の余韻に包まれているのが手に取るように判った。崇哉がベッドを出る。窓際迄行くとカーテンを開けた。
「来てみろ。綺麗だぜ」
崇哉が声にする。俺は窓際迄歩んだ。空一面に星達が煌めいている。恋人つなぎに手を繋いだ。
「俺達もずっと煌いていような。愛してる」
「うん、俺も愛してる」
崇哉の声に俺が応える。抱き寄せられた。唇が寄ってくる。唇同士が触れ合う。舌が入ってきた。俺達は舌を絡め合う。カラダが蕩けそうになる。静かに唇が離れた。修羅場を越えた俺達。また来るかも知れない俺達は乗り越えるだろう。夜光が2頭のオスのガタイを照らしている。俺達を見守るように……

絶倫大魔王

絶倫大魔王


スクイーズボールポーチ (ノーマル)

スクイーズボールポーチ (ノーマル)


マラ喰い肉体労働者 5

マラ喰い肉体労働者 5


Gweblog - ゲイウェブログ -
エログ-(エログランキング)にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
[ 2018/11/29 19:14 ] 煌く星 | TB(-) | CM(0)